日本初開催の「コトラーアワードジャパン 2018」で SmartHRがStartup Award 最優秀賞を受賞

株式会社SmartHR(東京都千代田区・代表取締役 宮田昇始)は、日本で初開催となるNewsPicks主催の「コトラーアワードジャパン 2018」で、スタートアップ企業のうちもっとも優れたマーケティングを行ない、ビジネスを大きく発展させた企業・団体に授与されるStartup Award 最優秀賞を受賞いたしました。


◼ コトラーアワードジャパンとはhttps://kotleraward-japan.com/
“マーケティングの神様”と評されるフィリップ・コトラー氏が、全世界で開催する「Kotler Award」。NewsPicks主催のもと、日本初の開催となる「コトラーアワードジャパン 2018」では、経営にマーケティングの力をコンセプトに、Kotler Impact Inc. と協力し、デジタル時代における“企業のエンジン”となるべきマーケティングを実行する企業や人にスポットを当て、日本の優れたマーケティングを表彰するアワードです。
NewsPicks:https://newspicks.com/


◼各賞について
Kotler Award 最優秀賞:株式会社ヤッホーブルーイング
マーケティング4.0時代にふさわしい、もっとも優れたマーケティングを行ない、Wow!を生み出した企業・団体

Startup Award 最優秀賞:株式会社SmartHR
スタートアップ企業のうち、もっとも優れたマーケティングを行ない、ビジネスを大きく発展させた企業・団体


◼ 審査員からの評価
従来の市場がなかった人事労務のSaaSカテゴリにおいて、市場形成のためにマーケティングを行い、市場を創造して高い実績をあげています。
企業のニーズを的確につかみ、日本ならではの雇用保険をカバーするソリューション設計と、データから導いたセグメント設計に積極的なアプローチを行っている活動を評価します。


◼ 受賞コメント:倉橋隆文 COO(最高執行責任者)兼 マーケティングマネージャー
今回、このような栄誉ある賞を受賞でき、光栄に思います。
SmartHRは「人事労務」という、これまでソリューションの無かった業務領域をターゲットにしているため、マーケティング手法を手探りで見つけ出す必要がありました。
そのために、マーケティング・広報チームの各人は常に新しい方法を考え、時には大きなリスクも取ってチャレンジしてきました。その活動が成果を生み、このたび評価いただきました事を大変嬉しく思います。
今回、このような栄誉ある賞を受賞でき、光栄に思います。
 

授賞式の様子授賞式の様子

  

・クラウド人事労務ソフト「SmartHR」https://smarthr.jp/

「SmartHR」は、企業が行う社会保険・雇用保険の手続きの自動化を目指すクラウド人事労務ソフトです。従業員情報を入力するだけで必要書類を自動作成し、総務省が提供するe-Gov APIと連携し、Web上から役所への申請も可能です。また、マイナンバーの収集・管理や、Web給与明細、年末調整の書類作成機能にも対応しており、煩雑で時間のかかる労務手続き・労務管理から経営者や人事担当者を解放します。
社会保険・雇用保険の電子申請対応型クラウド人事労務管理ソフト シェアNo.1 (※2017年 シード・プランニング社調べ)
・速水もこみちさん出演「ペーパーレス年末調整」テレビCM放映中(※関東圏)
 https://youtu.be/KcDS2ue4kHc


◼ SmartHR 会社概要
社   名 株式会社SmartHR
所在地 東京都千代田区麹町2-1 PMO半蔵門 9F
代表取締役 宮田昇始
設  立  2013年1月23日
資本金 20億7,613万円(資本準備金含む)
企業URL https://smarthr.co.jp/
事業内容 クラウド人事労務ソフト「SmartHR」の企画・開発・運営

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SmartHR >
  3. 日本初開催の「コトラーアワードジャパン 2018」で SmartHRがStartup Award 最優秀賞を受賞