【ヒューマノーム研究所】株式会社NTTデータ運営の、生活者のウェルビーイングを実現する「Food&Wellnessプラットフォーム」に、第一期スタートアップ連携パートナーとして参画します

当社が持つ生体データ計測ノウハウやAIに関する研究開発経験など、情報科学・生命科学に関する幅広い知見の活用を通じて、食と健康に関するパーソナライゼーションに向けたフードテックの推進を支援いたします。

AIが身近になる環境開発に取り組む株式会社ヒューマノーム研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:瀬々 潤、以下「ヒューマノーム研究所」)は、株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下「NTTデータ」)が運営する、企業の健康データ活用によるウェルネスサービス提供を促進し、生活者のウェルビーイングを実現する「Food&Wellnessプラットフォーム」に参画し、パートナー企業として食・健康領域におけるデータ利活用、生活者への価値提供を支援いたします。


ヒューマノーム研究所は、人によって異なる「最適な生活リズム」をデータから理解し、誰もが健康で幸せに過ごせる社会づくりに向け、デジタルデバイスから取得される多様な生体情報の計測および統合解析プロジェクトを実施しています。これまでに取得した、のべ1万日以上の日常生活から計測された2500万点以上の健康データに関する解析を進め、これらの研究成果については学会発表も行っています( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000042913.html )。

この度、情報技術の活用により、生活者が食を通じて心身ともに健康でより良い生活を送ることができる未来づくりを目指すNTTデータとの方向性が合致し、2022年7月1日付にてリリースされた「Food&Wellnessプラットフォーム」( https://foodwellness.nttdata.com/ )に参画いたしました。パートナー企業として、これまでの研究開発で培った日常生活データに関する知見を活かし、食と健康に関するパーソナライゼーションを通じたウェルビーイングの実現を目指します。
 


当社は「Food&Wellnessプラットフォーム」との連携により、これまでの研究開発から得た知見をもとに、プラットフォームにおけるPoC(Proof of Concept)の実行支援を行う他、PoC実施期間では計測および運用支援等、より範囲を広げた生体データ計測の実施体制を構築します。

ヒューマノーム研究所は、今後も多様なシチュエーションにおける健康データの活用を広げ、人々が健康で幸せに暮らせる社会づくりに取り組んでまいります。


【株式会社ヒューマノーム研究所 会社概要】


「人間とは何かー」 最先端人工知能(AI)技術の開発・活用と、健康のあり方を変えるデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することにより、人間とそれを取り巻く環境を理解し、個々が自分らしく楽しく暮らせる健康社会を実現する研究所です。

  
  • 会社名: ヒューマノーム研究所
  • 所在地: 東京都中央区築地2-4-10 SAテンハウス2階
  • 代表者: 代表取締役社長 瀬々 潤
  • URL:https://humanome.jp/
  • 事業内容: ヒトやヒトの理解に向けたAI・データ解析技術の研究開発、生体・環境計測によるDX推進に関するAI技術支援・共同開発、AI開発普及に向けたノーコード環境開発 等。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒューマノーム研究所 >
  3. 【ヒューマノーム研究所】株式会社NTTデータ運営の、生活者のウェルビーイングを実現する「Food&Wellnessプラットフォーム」に、第一期スタートアップ連携パートナーとして参画します