外食DX推進企業「イデア・レコード」・「LINE公式アカウント」販売パートナーに認定

飲食店向けCRMソリューションの拡充による顧客体験の向上へ

外食ビジネス向けに業務支援サービスの開発・提供を行う株式会社イデア・レコード(本社:東京都新宿区、代表取締役:柏田康雄、以下当社)は、このたびLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)の公式アカウント販売パートナーに認定されました。
これにより、LINEが提供する個人・法人向けアカウントサービス「LINE公式アカウント」の公式代理店として、コミュニケーション、広告、販促・OMOの幅広い分野での導入・運用サポートを開始し、飲食業界におけるユーザーとのタッチポイントの改善に着手し、新たな顧客体験の創出を目指します。

 


◆飲食店の顧客データ活用における潜在課題
Go To Eatキャンペーンをはじめとした各種Go Toキャンペーンにより、飲食店の利用は回復傾向にあるものの、新型コロナウィルスの流行による集客減少、売上の低迷はまだまだ続いています。
感染症対策を講じつつ、広告やキャンペーンなどの集客施策を打ち出しても、エリアによっては人々の往来が極端に減り、これまでの広告戦略が通用しなくなった飲食店が非常に多いです。
そんななか、既存顧客へのアプローチや、新規顧客開拓を目的とした確度の高い情報発信により、コロナ禍でありながら昨対と大差なく利益を確保している飲食店も存在します。
特にLINE公式アカウントでの顧客とのコミュニケーション、LINE広告による届けたいユーザーへの情報掲載など、ユーザーとのタッチポイントを身近にすることで、新規顧客獲得はもちろんのこと、コロナで足が遠のいている既存顧客へのアプローチを成功させた例は数多く存在します。

当社はこれまでに飲食店のブランディング、広告制作・運用、顧客とのコミュニケーションなど、CRMの観点で飲食店が情報を届けたい人に届ける施策を幅広くサポートしてまいりました。
このたびの販売LINE公式パートナー認定によって、飲食店のLINE公式アカウント導入、顧客とのコミュニケーション、広告制作と運用、さらに店頭での集客やキャンペーン周知、それらのデータ分析を含めた購買行動などの販促支援も実現可能になりました。

コロナ禍においてCRMの必要性、ニーズが高まるなか、月間8,600万人(2020年9月末時点)もの方が身近に利用されているLINEのプラットフォーム活用に大きな期待と可能性を感じるとともに、今後は当社が提供する業務支援ソリューションとの連携を視野に入れております。

当社は外食DX企業として、店舗のバックグラウンド業務の課題をワンストップで巻き取り、ストレスのないCRMソリューションの提供により顧客体験と利益向上へと導いてまいります。今後のサービス拡大にご期待ください。


■株式会社イデア・レコード
創業以来「飲食店」のソリューション開発にこだわり、飲食店特化型のコールセンター、クラウド型予約管理台帳、媒体編集、オウンドメディア構築・運用など様々なサービスを通じ「人×テクノロジー」によるトータルサポートを実践しています。
ビジネスモデルやプロセスの環変化がめまぐるしい外食産業を支えるべく、クライアントの成長ドライバーとして、外食DXを推進してまいります。

業務支援ソリューションGATE:https://gate-series.com/
予約管理クラウドシステム「お席トットくん」:https://sp.tottokun.jp/
飲食店特化型コールセンター「よやくるー」:https://www.yoyacrew.com/
各種グルメ媒体プランニング・運用「popeye」:https://popeye.tokyo/

商号    株式会社イデア・レコード
本社    東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル6階
設立    2012年4月
代表者   柏田 康雄
URL    https://www.idearecord.co.jp
事業内容  ICTソリューション事業/WEBソリューション事業/クラウドソリューション事業

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イデア・レコード >
  3. 外食DX推進企業「イデア・レコード」・「LINE公式アカウント」販売パートナーに認定