顧客のブランド理解を可視化して促進する新サービス「Synergy!BCS」、シナジーマーケティングと中川政七商店らで共同開発

シナジーマーケティング株式会社(所在地:大阪市北区、代表:田代 正雄、以下シナジーマーケティング)は、株式会社中川政七商店(所在地:奈良県奈良市、代表取締役会長 中川 政七、代表取締役社長:千石 あや、以下中川政七商店)、VeBuIn株式会社(所在地:茨城県つくば市、代表:シャー バビック、以下VeBuIn)と共同で、顧客のブランド理解・支持を解析・可視化して促進するクラウド型ブランドコミュニケーションシステム「Synergy!BCS(シナジービーシーエス)」を新開発しました。本サービスは、株式会社MONJU(所在地:大阪市北区、代表:田代 正雄、以下MONJU社 ※1 )から2021年7月初旬の提供開始を目指し、現在中川政七商店をユーザーとしてテスト運用を開始しています。

※1 MONJU社は、当社の完全親会社である株式会社ペイフォワードとVeBuInと中川政七商店の共同出資で2021年3月31日に設立され、本日5月19日より事業を開始しています。

  • 「Synergy!BCS」開発の経緯
近年より当社では、コミュニケーションの効率化を重視した一方的な企業主導のデジタルマーケティングや、機能性を追求したベンダー主導のSaaS(ツール)が、生活者の支持を失いつつあると感じていました。このような中、当社は企業やブランドと生活者(顧客)が互いに共感し合う価値を創造する真のブランディングが必要であると考え「人と企業が、惹かれ合う世の中へ。」を新たなビジョンに掲げました。
中川政七商店においても、「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもと、旧来のマーケティングではなく、ブランディングを大切にしたコミュニケーションを行ってきました。
ここにおいて両社の想いが一致し、この想いをカタチにすべく、卓越したエンジニアリング能力を持つVeBuInを加え、次世代のブランドコミュニケーションを可能にするシステム開発に至りました。
 
  • 「Synergy!BCS」について

顧客のブランド理解・支持を解析・可視化して促進する「Synergy!BCS」の概念図顧客のブランド理解・支持を解析・可視化して促進する「Synergy!BCS」の概念図

「Synergy!BCS(※2)」はブランド理解を基点として、顧客ごとに最適なコミュニケーションの実現を目指すクラウド型ブランドコミュニケーションシステムです。
具体的には、オンライン・オフラインの垣根なく顧客を統合し、「プロダクトが好き」「ライフスタイルに合っている」「ブランドビジョンに共感している」の3つの軸でブランド理解度を解析・可視化して把握することにより、あらゆるタッチポイントで整合性の取れたコミュニケーションを展開し、顧客からの理解・支持向上を目指します。これらの手法は、中川政七商店で長年培われたブランディングの知見を取り入れたものです。
主な導入先は、実店舗を中心にEC運営も行っているブランドなど、自社ECサイトを保有しているメーカー(ブランド)を想定しています。
テスト運用では、全国約60ある中川政七商店の直営店ならびにECで培った顧客理解力や体験価値提供といった知見を活用しながら、本サービスのさらなる精度向上を図ります。
※2 BCSは、Brand Communication Systemの略称からなる名称です。

◆各社の役割
MONJU社 : 経営・運営母体、全体統括(サービス企画・開発・販売)
中川政七商店 : 「Synergy!BCS」コンセプト開発・サービス開発・事例開発・販売
VeBuIn : 「Synergy!BCS」の開発、プラットフォーム「MONJU」の開発
シナジーマーケティング : 「Synergy!BCS」のコンセプト開発・販売、「Synergy!」の提供
 
  • 今後の展開
今後、MONJU社、VeBuIn、中川政七商店、当社の4社は、テスト運用で検証を行い、2021年7月初旬の提供開始を目指します。また、次世代のデジタルブランドコミュニケーションを加速させるために、今後もさまざまなシステム開発を行う予定です。

当社は、ビジョンである「人と企業が、惹かれ合う世の中へ。」に共感するパートナー企業と力を合わせて、企業と生活者の双方に寄り添ったサービスを提供することで、日本の優れた企業やブランドを新たなデジタルマーケティングで支えていきます。


【各社の概要】

・株式会社MONJUについて
人と企業が相互に理解し、共感し、信頼し合う。それをシステムを通じて支え、それぞれの価値をデジタルを通じて広げていく。
その結果、人や企業が互いにエンパワーメントされ、向上した価値により、様々な新しい機会が生まれる。
このようなプラットフォームの構築を目指して、3社が立ち上がりました。
企業と顧客のよりよい関係性を支えるCRMのクラウドサービスを約3,000社の企業に提供してきたシナジーマーケティング、300年余にわたり商いを続け、工芸業界初のSPA(製造小売)業態を築きあげた中川政七商店、世界有数のITエンジニア輩出国インドの若きエンジニア集団VeBuIn、この3社のノウハウを持ち合わせて、ユーザー(企業)にとってほしかったシステムを作り、提供していきます。

名称 : 株式会社MONJU(モンジュ)
代表 : 代表取締役 田代 正雄
役員 : シャー バビック、中川 淳
所在地 : 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F
設立 : 2021年3月31日
資本金 : 3,000万円 
事業内容 : ブランドコミュニケーションシステム「SynergyBCS」の開発・提供および提供企業へのシステム設定コンサルティング
株主構成 : ペイフォワード52%、VeBuIn33%、中川政七商店15%
URL : https://synergy-bcs.jp

・株式会社ペイフォワードについて
シナジーマーケティングの創業者であり、現在も同社の会長を務めている谷井等が立ち上げた、社会をより良くするための事業を生み出し、社会のために真摯に取り組む起業家を支援するビジネスプロデュースグループ。

名称 : 株式会社ペイフォワード
代表 : 代表取締役 谷井 等 
所在地 : 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F
設立 : 2015年7月
資本金 : 100万円 
事業内容 :ビジネスデベロップメント事業、プリンシパルインベストメント事業
URL :https://pf-inc.jp

・VeBuIn株式会社について
日本とインドに拠点を持ち、“日本品質”のシステム開発とインド国内の開発ネットワークで最新技術を駆使したシステム開発により、企業のDX支援を行うグローバル企業。

名称 : VeBuIn株式会社(ヴィビュイン)
代表 : 代表取締役社長 シャー バビック
所在地 : 茨城県つくば市梅園2-1-13 筑波コウケンビル3F
設立 : 2015年4月
資本金 : 515万円
事業内容 : システムの受託開発事業、自社ソフトウェアの提供
URL :https://vebuin.com

・株式会社中川政七商店について
1716年(享保元年)に創業し、2016年で300周年を迎えた奈良の老舗。“日本の工芸を元気にする!”をビジョンに掲げ、中川政七商店・遊 中川・日本市などのブランドで全国に約60の直営店を展開。

名称 : 株式会社中川政七商店(なかがわまさしちしょうてん)
代表 : 代表取締役会長 中川 政七、代表取締役社長 千石 あや
所在地 : 奈良県奈良市東九条町1112-1
設立 : 1716年(享保元年)
資本金 : 1,000万円 
事業内容 : 生活雑貨の企画・製造・卸・小売、業界特化型経営コンサルティング、産地支援事業     など
URL : https://nakagawa-masashichi.jp/

・シナジーマーケティング株式会社について
「人と企業が、惹かれ合う世の中へ。」をビジョンに、「Create Synergy with FAN」をミッションに掲げ、お客様企業のデジタルマーケティング活動を分析から企画・設計、運用、効果検証まで、クラウドサービスと人的サービスで、総合的に支援する企業です。

名称 : シナジーマーケティング株式会社
代表 : 代表取締役社長 田代 正雄
創業 : 2000年9月
資本金 : 9,000万円
大阪本社: 大阪府大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ21F
東京本社: 東京都千代田区九段北4-1-28 九段ファーストプレイス7F
事業内容: CRM領域におけるクラウドサービス事業およびエージェント事業
URL : https://www.synergy-marketing.co.jp/

【お客様からのお問い合わせ】
株式会社MONJU お問い合わせフォーム
https://iijb.f.msgs.jp/webapp/form/23876_iijb_1/index.do
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シナジーマーケティング株式会社 >
  3. 顧客のブランド理解を可視化して促進する新サービス「Synergy!BCS」、シナジーマーケティングと中川政七商店らで共同開発