プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社IVRy
会社概要

電話DXのIVRy、言語処理学会第29回(NLP2023)のゴールドスポンサーとして協賛決定

「大規模言語モデル×独自データの組み合わせ」による顧客体験向上の実現に向け、国内の言語処理分野の発展の一助となるべく協賛を決定

IVRy

月額3,000円から使える電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」を提供する株式会社IVRy(本社:東京都台東区、代表取締役CEO:奥西 亮賀、以下「当社」)は、言語処理学会第29回年次大会(https://www.anlp.jp/nlp2023/)においてゴールドスポンサーとして協賛することが決定しましたので、お知らせいたします。

 
  • 言語処理学会第29回への協賛決定の背景
近年、ChatGPTに代表される「大規模言語モデル」による進歩がめざましいです。これにより、これまでは一部の企業・研究機関でしか実現できなかったようなモデル開発が、当社のようなスタートアップでも実現できることが次々と示されています。

そのような状況において、真に価値があるのは独自のデータの活用です。当社は「大規模言語モデル×独自データの組み合わせ」で、これまで実現できなかったような顧客体験を実現することをテーマとしております。その中で「自然言語処理」は特に重要な技術であると位置づけております。

そこでこの度、自然言語処理技術の研究・開発を推進する団体であり、その技術の進歩に大きな貢献をしている言語処理学会への協賛を決定。IVRyの技術開発力を高めるだけではなく、国内の言語処理分野の発展の一助となるべく、ゴールドスポンサーとして協賛させていただく運びとなりました。
 
  • 言語処理学会について
言語処理学会(The Association for Natural Language Processing)は、わが国の言語処理の研究成果発表の場として、また国際的な研究交流の場として、1994年4月1日に設立されました。2015年4月1日より一般社団法人となりました。言語処理学会は、日本学術会議から協力学術研究団体としての指定を受けております。

原則年4回の会誌「自然言語処理」の発行、年1回の言語処学会年次大会の開催を通じて、この分野の学問の発展、応用技術の発展と普及、国際的なレベルでの研究者・技術者・ユーザ相互間のコミュニケーションと人材の育成をはかる機関とすべく活動しています。
 
  • 大会概要
大会名:言語処理学会第 29 回年次大会(NLP2023)
主催 :一般社団法人 言語処理学会
日時 :2023年3月13日(月)〜 3月17日(金)
会場 :沖縄コンベンションセンター
 
  • 電話自動応答サービス「IVRy(アイブリー)」について

IVRy(読み:アイブリー、URL:https://ivry.jp)は月額3,000円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)です。PC/スマートフォンから即時登録・設定でき、最短5分で利用開始可能です。自動応答の分岐を自由に設定、電話履歴の確認、録音再生確認、電話帳管理などの豊富な機能が利用できるため、営業電話・顧客からの問い合わせ・注文・予約等の様々なシーンへの対応が可能です。

2020年11月のサービス提供開始からこれまでで、病院・クリニック、企業の代表電話・部署電話、飲食店、美容院、ECをはじめ、25以上の業界にわたって利用をいただいており、営業電話への対応効率化による80%の工数削減や、1日数万件を超えるワクチン予約の電話を自動応答の実現、IVRyを利用した簡易コールセンターの社内構築などの事例もございます。

↓導入事例はこちら↓
https://ivry.jp/case

<採用強化中:IVRy採用概要>

現在、IVRyでは採用を強化しております。本プレスリリースを通してIVRyに少しでも興味を持っていただけた方は、是非下記、採用概要をご覧いただき、カジュアル面談等お申し込みいただけますと幸いです。
URL:https://ivry-jp.notion.site/IVRy-e1d47e4a79ba4f9d8a891fc938e02271 
 
  • IVRy初のCM「忙しすぎるあなたに」篇

より多くの皆様にIVRyを知っていただきたいと考え、当社初となるCMの取り組みを行なっております。「忙しすぎるあなたに」篇では、飲食店、病院・クリニック、ホテル・宿泊施設における問い合わせ電話に対する現場対応の様子を描写。そこで、人手不足への対応や業務効率化に寄与するのがIVRyであるというメッセージを表現しています。また、「電話DXはIVRy(アイブリー)」という名称も是非覚えていただきたい、という想いを込めて制作を行っています。

 
  • IVRyの機能について
人の対応が必要な内容と、自動化できる内容に振り分けることで、電話対応の負担軽減ができます。読み上げテキストの登録、道案内、予約など様々な使い方をしていただくことができ、ローコストかつ簡単に導入することができます。

 
  • 株式会社IVRyについて
会社名        :株式会社IVRy(アイブリー)
代表者        :代表取締役 奥西 亮賀
設立年月     :2019年3月
所在地        :〒111-0041 東京都台東区元浅草3-7-1 住友不動産上野御徒町ビル4F
電話番号     :050-3204-4610
会社HP       :https://ivry.work 

株式会社IVRy(読み:アイブリー)は、月額3,000円から利用できる電話自動応答サービス(IVRシステム)IVRyを開発・提供しています。
 

すべての画像


種類
商品サービス
位置情報
東京都台東区本社・支社沖縄県宜野湾市イベント会場
関連リンク
https://ivry.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社IVRy

21フォロワー

RSS
URL
https://ivry.jp/company/
業種
サービス業
本社所在地
東京都港区三田三丁目5-19 住友不動産東京三田ガーデンタワー29F
電話番号
050-3204-4610
代表者名
奥西亮賀
上場
未上場
資本金
15億5000万円
設立
2019年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード