「マッハバイト」、リニューアル後1年で「マッハボーナス」総額2.5億円をユーザーへ贈呈

株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)は、本日、アルバイト求人サイト「マッハバイト」(URL:https://j-sen.jp/)がリニューアルから1周年を迎え、採用決定時に贈呈する「マッハボーナス」が累計(※1)2.5億円、贈呈人数がのべ3万人を突破したことをお知らせします。
【POINT】
  • 「マッハバイト」は、採用が決まると最大1万円の現金(マッハボーナス)を受け取れるアルバイト求人サイト
  • ブランドリニューアルから1年で「マッハボーナス」累計贈呈額は2.5億円と前年より大幅増加
  • 「マッハボーナス」は、ユーザーの即金ニーズに応え、最短で申請翌日に受け取り可能
 

(「マッハバイト」サイトイメージ)(「マッハバイト」サイトイメージ)

 

昨今、給与前払いサービスや中古品の自動査定・買い取りサービスなど、若年層の即金ニーズを背景とした新サービスが登場しています。マッハバイトでは、こうしたユーザーの「今すぐほしい」に応え、2017年9月に「マッハ(すぐ・速い)」をコンセプトとした全面的なブランドリニューアルを実施し、ジョブセンスから「マッハバイト」へとサービス名を変更しました。リニューアル後、ユーザーが採用決定後にもらえるマッハボーナスは、申請後の最短翌日に届けることが可能になりました。リニューアルから1周年を迎え、マッハボーナスの贈呈人数はのべ3万人と前年から大幅に増加し、ユーザーからの好評を得ています。

■「マッハボーナス」の使い道を調査
マッハボーナス贈呈者へ「マッハボーナスの使い道」について聞いたところ、約半数が「生活費」として利用したと回答しました。次いで「娯楽費」が続きました。また、新しいバイト先への「準備費」も1割を占めています。制服などが自費負担の勤務先もあり、バイトの決定に伴い発生する費用にもマッハボーナスが役立っていることが分かりました。

 

ユーザーアンケート結果(※2)ユーザーアンケート結果(※2)

 

■アルバイト事業部長・高橋宏平のコメント
「マッハボーナスは、申請後、最短翌日に銀行口座へ振り込まれる素早さと、ポイントではなく現金が贈呈される利便性が特長です。マッハボーナスが、ささやかながらユーザーの生活の一部を支えていることを嬉しく思います。また、2018年7月に開始したユニークなアルバイトでマッハボーナス1万円がもらえる企画『神マッハバイト』(URL:https://kamimach.j-sen.jp/)はSNSでも注目され、これまでに45,000件を超える応募が寄せられています。本企画は今年12月まで継続予定で、これからもクスッと笑える面白いバイトでユーザーの皆さんを楽しませていきます」

※1 2017年9月28日の「マッハバイト」リニューアル以降のマッハボーナス累計贈呈額
※2 「マッハバイト」ユーザー91名を対象にアンケート実施(2018年9月)
 
株式会社リブセンスについて (URL : http://www.livesense.co.jp/
株式会社リブセンスは、「あたりまえを、発明しよう。」をコーポレートビジョンに掲げ、求人領域、不動産領域など多様なサービスを展開。新しい“あたりまえ”の発明を通じて、より多くの方に、そして広く社会に必要とされる企業を目指しています。

(訂正 2018/9/28 11:10:本文中の「累計2.5億円」を誤って「累計12.5億円」と記載しておりました。訂正してお詫び申し上げます)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リブセンス >
  3. 「マッハバイト」、リニューアル後1年で「マッハボーナス」総額2.5億円をユーザーへ贈呈