アドフレックス、テレビCM放映とリアルタイムで連動させる広告配信システム「ODASO(オダソー)」を開発

~CM開始30秒でWeb広告と連動、広告効果を最大化~

マーケティング領域を中心に企業の事業成長を支援する株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑治彦、以下アドフレックス)は、テレビCM放映後30秒でWeb広告と連動させる「ODASO(オダソー)」を開発し、提供を開始いたしました。

 

通常テレビCMは、放送する枠(番組)はわかっていても、事前にどの時間帯に放映されるのか詳細なタイムスケジュールまではわかっていません。Web広告と連動させようとした場合、放送時間帯に合わせ「長い間CPC(クリック単価)を強化」、「放送されるエリアのみ手動で調整」など、工数のわりに費用対効果が悪く手が付けられない領域でした。


このたび当社が開発したリアルタイムTV連動広告配信システム「ODASO」は、CM開始から平均30秒程度でWeb広告の入札を強化(2021年10月時点)し、放映から一定時間経過後、自動的に通常配信に切り替えることができます。
 

 

本システムでは、過去実績から統計的にCPCの上限値を計算し、その上限値を参考に広告グループごとに入札単価(CPC)を強化します。

CM放映内容に合わせたキャンペーンをオンオフすることも可能で、CMのターゲットに合わせたWeb広告の配信をリアルタイムに強化し、媒体を連動させた広告効果の最大化を実現します。また、通常配信に切り替える時間も設定することができるため無駄な配信を抑えます。
今回のサービス開始にあたってはディスプレイ広告(Google広告・Yahoo!広告)からとなりますが、現在SNS系媒体やリスティング広告への対応も開発中です。
 
アドフレックスでは、媒体にとらわれず、まだ世の中にないサービスを提供していくことで、パートナー企業の課題解決や事業拡大をビジネスパートナーとして支援していきます。


■アドフレックス 開発担当者より
TVCMとWeb広告で連携する機能を提供するサービスは多くありますが、「ODASO」はCM放映時刻の特定と連携のリアルタイム性に特長があります。
今後も機能のアップデートを予定しておりますので、ぜひご期待ください。


■アドフレックスについて https://www.ad-flex.com/
AI×コンサルティングを強みとし、デジタルマーケティング領域において様々な用途に合わせたサービス・プロダクトを用い、クライアント企業の課題解決や事業拡大を支援しています。日本初上陸のAIパーソナライゼーションプラットフォームやCDPを織り交ぜ、ビジネスパートナーとして企業の事業拡大に貢献しています。
 
商号:株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ
代表者:代表取締役 桑畑 治彦
所在地:〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング21F
設立:2008年3月25日
資本金: 25,000,000円
URL:https://www.ad-flex.com/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドフレックス・コミュニケーションズ >
  3. アドフレックス、テレビCM放映とリアルタイムで連動させる広告配信システム「ODASO(オダソー)」を開発