【小麦の奴隷】北海道大樹町発!小さな町のパン屋さんが全国に店舗展開をスタート。2020カレーパングランプリ金賞受賞の「ザックザクカレーパン」が全国各地で販売開始!

株式会社こむぎの(本社:北海道広尾郡大樹町、代表: 橋本玄樹)が展開する新地方活性型ベーカリーブランド「小麦の奴隷(こむぎのどれい)」は、ロケットの町で一躍有名になった北海道大樹町、人口5,500人程度の小さな田舎町で生まれたエンタメパン屋です。開業3ヶ月間でザックザクカレーパン1万食の販売を達成し、カレーパングランプリ2020で金賞を受賞!全国各地への出店が始まりました。

 

  • 「小麦の奴隷」が北海道から沖縄まで全国へ拡大、新たに5店舗の開業を発表。メディアも注目の「ザックザクカレーパン」。カレーパングランプリ金賞の味を楽しめる街が続々と誕生します。
「株式会社こむぎの」は、運営するベーカリーブランド「小麦の奴隷」の新規5店舗の開業決定を発表しました。発表された出店地は2021年2月より、茨城県・滋賀県・香川県・福岡県・沖縄県の計5箇所。今後、同ブランドは1号店の所在地である北海道から沖縄までに及ぶ広いエリアで展開されます。「小麦の奴隷」は、HIU(堀江貴文イノベーション大学校)の、サロンコミュニティから堀江氏の声かけによって生まれた「田舎のエンタメパン屋」です。2020年9月より同サロンメンバー限定で加盟募集を開始。以降100件を超える加盟問合せが殺到しました。
出店の希望は、首都圏や大規模商業圏以外からも多く寄せられています。その背景に人口5,500人程度の小さな商業圏で評価を得て、順調に業績を伸ばしてきた大樹町本店の存在があります。人口1万人以下の小さな町の「地域活性型モデル」の成功は、全国各地の中小都市や郊外地域での開業希望に繋がっています。中小エリアへの順調な開業により、2020年に開催されたカレーパングランプリで金賞を受賞した人気商品「ザックザクカレーパン」を身近に、手軽に味わえる機会が今後、全国へ広がって行きます。

【小麦の奴隷が新規オープンするエリア】
茨城県笠間市・滋賀県大津市・香川県高松市・福岡県北九州市・沖縄県宜野湾市(順不同)

    
  • カレーパンブーム再燃! 小さな田舎町で3ヶ月で累計10,000個の販売を達成した名物「ザックザクカレーパン」は「カレーパングランプリ2020」で金賞を受賞

「いま一番美味しいカレーパンはどれだ?」を合言葉に全国のNo. 1を決める、昨年11月開催のカレーパングランプリ2020(主催 日本カレーパン協会)で小麦の奴隷の名物商品である「ザックザクカレーパン」は東日本揚げカレーパン部門で金賞を受賞しました。「高級食パンブーム」に続く新たなブーム到来として注目される「カレーパン」。高品質の品が多数集まる中での金賞受賞により「ザックザクカレーパン」は更に人気を高めています。パンの周囲全体にクルトンを貼り付けて揚げるパンは、香ばしく、品名にあるザックザクとした心地良い食感を生み出し「冷めても美味しいカレーパン」として評判です。見た目にも楽しいクルトンは創作時にそのサイズを徹底的に研究したと言います。ルーとの調和が良いパンは独自開発された生地を使用、もっちりとした仕上がりです。「地域活性型ベーカリー」として、地元食材を活かし、ルーには北海道十勝産のジャガイモがたっぷり詰められており、グランプリ受賞により、遠方から買い求めに来る方も増え、「全国の方へ美味しいカレーパンを!」その実現を目指した取り組みが進められています。 
  • フランチャイズ加盟の一般募集を遂に解禁。【2021年1月20日】より、第一期募集として、20社のパートナー法人を公募開始します。

2020年9月より全国に「小麦の奴隷」の美味しいパンとエンターテイメント体験をお届けするプロジェクトがスタートしました。2021年1月より同ブランドFC加盟パートナーを第一期公募致します。店舗に直送される徹底的にこだわり作り上げたパン生地。豊かな地元食材の使用も加え、地域のオリジナリティも打ち出せる、地域活性型のフランチャイズモデルが確立しました。研究を重ね開発された自社ブランドの冷凍生地がスマートな製造工程を構築します。製造に関わる時間、労力、パン作りの求められてきた熟練度の高い職人の必要性を軽減させ、パン職人経験がなくても、フランチャイズ経験がなくても、一から始められるサポート体制が整いました。深夜や早朝からの仕込みで長時間に及ぶ業務は、ベーカリーフランチャイズへの加盟を懸念する要素となる事があります。冷凍生地は、パンの製造工程において、多くの時間と労力を要する、粉運びから計量、調合、温度湿度管理、最もハードワークである捏ねまでをカットすることにより、業務の負担軽減と従来パン製造に必要とされている機械購入の一部が不要となり、初期投資の削減を実現します。その事により新製品の開発や販促活動に注力できることを特徴としています。

<フランチャイズのお問い合わせ>
https://www.komuginodorei-fc.com
2020年9月5日小麦の奴隷フランチャイズ説明会がYouTubeライブ配信されました。
▶️https://youtu.be/SlovrMbX4hw 

 
  • 人口1万人以下の小さな町に美味しいパン屋さんを。北海道大樹町からはじまった「エンタメ・パン屋」とは?
人口5,500人程度の小さな商業圏での評価を得て、順調に業績伸ばしてきた大樹町本店。そこには「お客様もスタッフも友人も。皆で作り上げる店舗」というコンセプトがありました。
クラウドファンディングによって、開業前から参加していただく国王制度(店内の一部に似顔絵を掲示する権利をクラファンで募集)や、購入額ランキング、毎日の製造業務の全てをSNSでライブ配信などなど、参加型でエンターテイメントを意識したブランドである小麦の奴隷は他のベーカリーとは一線を画す業態になりました。
「小麦の奴隷」はパン屋の既成概念にとらわれない多彩な企画も行っています。大阪の北新地にある住所、電話番号非公開の知る人ぞ知る完全紹介制のレストラン「Comptoir Feu(コントワール フー)」のシェフとのコラボレーションを実現させ、製造した1個5,000円、限定50個のカレーパンは即完売になりました。創作には地元食材の使用もテーマとされ、カレーパンのルーには小麦の奴隷の地元十勝の、A5ランク十勝和牛を使用しました。又、ファッションや音楽と融合する「小麦の奴隷&MITSUME Arts and Bake」という新たな取り組みを実施、コミニュティ基地としてコロナ禍のギャラリービジネスや新生活様式を提案しています。ギャラリーとのコラボレーションベーカリーという新しい形は、コロナ禍でイベントに制約のかかるスペースの利用方法として注目を集めています。楽曲に合わせてアート作品を販売するミュージック×アートECプラットフォーム「01MUSIC.jp」や、小麦の奴隷から生まれた新ブランド「Wheat > Human」のTシャツやキャップ等のファッションアイテムの展示もパンの販売と合わせて行われています。

 
  • 株式会社こむぎのが運営するベーカーリーショップ「小麦の奴隷」
地域活性型のベーカリーショップ「小麦の奴隷」の美味しいパンとエンターテイメント体験をお届けする株式会社こむぎのはSDUMSmediaJapan株式会社の関連会社です。
 


■会社概要
会社名:株式会社こむぎの
本 社:北海道広尾郡大樹町西本通26番地
設 立:2020年9月
代 表:代表取締役 橋本 玄樹
【お問い合わせ】
エスダムスメディアJAPAN株式会社 本間
Mail : info@sdums.net
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エスダムスメディア >
  3. 【小麦の奴隷】北海道大樹町発!小さな町のパン屋さんが全国に店舗展開をスタート。2020カレーパングランプリ金賞受賞の「ザックザクカレーパン」が全国各地で販売開始!