リノベーション住宅推進協議会が名称変更|2018年9月1日より「リノベーション協議会」へ

このたび「一般社団法人リノベーション住宅推進協議会」(東京都渋谷区、理事長:山本 卓也)は、昨今のリノベーションを巡る社会的背景の変化を鑑み、平成30年9月1日をもちまして団体名称を「一般社団法人リノベーション協議会」へ変更しました。従来通り住宅・建築・不動産分野での既存住宅の流通活性化、リノベーションの普及・啓蒙はもちろんのこと、空き家活用や地方創生など様々な分野で、リノベーションを通じて社会に寄与していきたいと考えております。
■新名称

旧名称)一般社団法人リノベーション住宅推進協議会

新名称)一般社団法人リノベーション協議会

■新ロゴ



■変更の経緯

2009年に設立した当協議会は10期目を迎え、設立当初とは市場環境、消費者の意識も大きく変わり、設立当初は認知度の低かった「リノベーション」という言葉は、認知度の高まりを受け一般化してきたといっても過言ではありません。市場に目を向けても、2017年度は首都圏の中古マンションの成約件数(3万7,329戸)が過去最高記録を更新し、新築マンションの供給件数(3万5,898戸)を2年連続で上回りました。事業環境という観点でも、各加盟企業が日頃の事業活動によって積み重ねてきた「適合リノベーション住宅」の累計件数は3万5,000件を超え、住宅ローンなどの金融商品やかし保険商品の優遇商品の計画も進んでおります。

そのような状況の中で、リノベーション事業は住宅事業だけに留まらず、空き家問題、まちづくり、地方創生など幅広い分野へと拡大を進めており、当協議会においても幅広い分野での活躍を期待されており、その実態に合わせて名称変更に至りました。


■リノベーションEXPOについて

当協議会では、「リノベーションの普及・啓蒙」を目的に、「リノベーション・エキスポ・ジャパン2018」と題して、全国で国内最大級のリノベーションイベントを開催しています。第9回目となる今年は、9月2日(日)より、北海道から九州まで全国の8エリア18都市において、セミナー・展示・見学会・ワークショップ・トークショーなどリノベーションや暮らしに関する多彩なイベントをリレー開催します。

「リノベーションって何?」という方から、「日々の暮らしを充実させたい」と考えている方まで、幅広い方々に、気軽にリノベーションの魅力に触れて、知っていただくことができるイベントです。当協議会では今度も、リノベーションの普及・啓蒙に努めてまいります。


■一般社団法人リノベーション協議会について

一般社団法人リノベーション協議会は、消費者が安⼼して既存住宅を選べる市場をつくり、既存住宅の流通を活性化させることを目的に、2009 年7 月に発足したリノベーション業界団体です。現在、業界・業種の枠を超えた932 社(正会員690社、賛助会員226社、特別会員4名・9法人・3自治体)が参画し、優良なリノベーションの統⼀規格「適合リノベーション住宅」を定め、建物タイプ別に品質基準を設定、普及浸透を推進しています。区分所有マンション専有部に関する品質基準を満たす「R1住宅(アールワンジュウタク)」、区分所有マンション共用部も含む品質基準「R3住宅(アールスリージュウタク)」、⼾建住宅の品質基準「R5住宅(アールファイブジュウタク)」が運用されており、適合リノベーション住宅発⾏件数は、累38,402件(2018年8月31日時点)。
http://www.renovation.or.jp/

名 称:一般社団法人リノベーション協議会  
設 ⽴:平成21年5月20日
住 所:東京都渋⾕区渋⾕2-2-2青山ルカビル4階  
理事長:山本 卓也
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リノベーション協議会 >
  3. リノベーション住宅推進協議会が名称変更|2018年9月1日より「リノベーション協議会」へ