「着用回数」「コスパ」「色の好み」手持ち服の傾向がグラフで分かる【クローゼット診断機能】の利用者が10万人を突破! Z世代は「ブランド」への関心が低めという傾向が顕著に

株式会社STANDING OVATION(所在地:東京都渋谷区・代表取締役:荻田 芳宏)が運営する、オンライン・クローゼットアプリ「XZ(クローゼット)」内にあるクローゼット診断機能の利用ユーザー数が累計10万人を突破し、利用データからクローゼット診断の関心項目を分析しましたのでお知らせします。
 
  • 手持ち服の傾向がグラフで分かる!クローゼット診断機能の利用ユーザー数が累計10万人を突破

「XZ(クローゼット)」は、手持ちのファッションアイテムをアプリに登録することで、クローゼットの中身をデジタル化できるオンライン・クローゼットアプリです。AIスタイリストによる手持ち服を使ったコーディネート提案機能や、着用予定・着用したコーディネートを管理できるカレンダー機能を搭載し、毎日のコーディネートを考える際にご活用いただいております。

2020年12月に新たにクローゼット診断機能をリリースし、利用ユーザー数が累計10万人を突破しました。クローゼット診断機能では、手持ち服の総価値・着用回数・コスパ・色・ブランドをグラフやランキングで表示し、クローゼットの中身や手持ち服の傾向を可視化します。着ていないアイテムに対してはAIスタイリストがその他の手持ち服と組み合わせたコーデを提案することで有効活用を促し、それでも活用することができず不要になったアイテムは、買取リユースへ誘導しクローゼットを整理・最適化するためのお手伝いをします。
 
  • 年齢ごとに洋服に対する意識や関心は変化する
クローゼット診断機能の利用データから、年齢ごとに洋服に対する意識や関心がどのように変化するのか分析を行いました。

【18〜24歳の女性(Z世代)】ブランドへの関心は低め

18歳〜24歳の女性(Z世代)は、自分がどのブランドでよく購入し、その内実際にどのブランドをよく着ているかが分かる「ブランド」への関心が低いことが分かりました。ファストファッションやインターネット上で気軽にトレンドの洋服を購入できるようになった背景もあり、「ブランド」に対するこだわりがそこまで高くないことが伺えます。

【25〜34歳の女性】コスパへの関心が高くなる

25歳〜34歳の女性は、18歳〜24歳の女性と比較して「ブランド」への関心が増加していることが分かりました。ブランドへの関心が増加したことに伴い、1着あたりのコスパを良い順・悪い順でランキング表示する「コスパ」への関心も高まっています。年齢を重ねてブランドへのこだわりも出てくるからこそ、良い買い物だったのかを判断するために、1着あたりのコスパへの関心も高まるのではないかと考えられます。

【35〜44歳の女性】色の好みへの関心が高くなる

35歳〜44歳へと年齢を重ねるにつれて、何色のアイテムを多く所持しているのか「色の好み」を客観的に見ることができる「色」への関心が最も多い割合を占めました。色の偏りをグラフから確認することで、改めて自身の色の好みが分かることはもちろん、似たような服を買ってしまう方にとっては新たな色に挑戦するきっかけにもなっているのかもしれません。
 
  • クローゼット診断機能について
①クローゼット総価値
今現在のクローゼット内にあるアイテムの合計購入金額をグラフで表示し、手持ちアイテムの総価値が丸わかりになります。


②着用回数
クローゼットの中にある手持ちアイテムの中で、着用回数が多い服・着用回数が少ない服をランキングで表示します。直近3ヶ月・1年・全期間で絞り込むことができるので、今シーズンまだ着ていない服や1年間着ていない服に気づくことができます。


③コスパ
クローゼットの中にある手持ちアイテムを、コスパが良い順・悪い順にランキングで表示します。コスパは、(登録された手持ちアイテムの購入金額)÷(着用回数)から1着あたりのコスパを算出しています。


④色
何色の服をたくさん持っているのかグラフで把握することができます。ご自身の色の好みが分かることはもちろん、似たような服を買ってしまう方にとっては手持ちアイテムの色の偏りを確認することができます。


⑤ブランド
持っているアイテムの中で、どのブランドの服が多いのか、実際によく着ているのはどのブランドなのかをランキング形式で表示します。ご自身と相性の良いブランドが把握できたり、よく購入するブランドとよく着るブランドに違いがないか確認することができます。


⑥着ていないアイテムを使ったコーデ提案
クローゼット診断で着ていない服と分析された服は、他の手持ち服と組み合わせた新しいコーデを提案し有効活用を促します。よく着ている服に対しては、着回しのバリエーションを広げるためにさらに新しいコーデを提案します。


⑦不要になったアイテムを宅配買取
着用頻度が低く不要になってしまったアイテムは、買取リユースへ誘導しクローゼット内を整理するお手伝いをします。買取リユース先として、資本業務提携先の株式会社トレジャー・ファクトリーが運営する「トレファクスタイル」の宅配買取と連携しています。XZ経由での場合は、査定金額20%UPで買取いたします。いつでも必要なタイミングで着用頻度の低いアイテムを売却することができるため、着る服だけで構成された最適な状態のクローゼットへと導くことができます。

 
  • 「XZ(クローゼット)」について

「XZ(クローゼット)」は、手持ちのファッションアイテムをアプリに登録することで、クローゼットの中身をデジタル化できるオンライン・クローゼットアプリです。AIスタイリストが手持ち服から着回しコーデを提案してくれるので、今日明日の服装を決める際やお買い物時に、いつでもどこでも持ち歩けるクローゼットとして支持され、アプリのダウンロード数は175万DLを突破。アプリ内の手持ちアイテム登録数は累計3,700万点にのぼり、世界最大級のオンライン・クローゼットとして成長し続けております。

◆サービス概要
「XZ(クローゼット)」
iPhone:https://apps.apple.com/jp/app/id909369654
Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=fashion.style.coordinate.app.xz&hl=ja
利用料金:無料
対応機種:iOS 11.4以上搭載の機種、Android 4.4.4以上搭載の機種
 
  • 会社概要
・社名:株式会社STANDING OVATION
・代表取締役CEO:荻田 芳宏
・「クローゼットを持ち歩くファッション体験を創る」ビジョンの元、「手持ち服を活かすサステナブルな買い物体験をOMOで提供する」ミッションを達成します。
・経営陣:博報堂⇒ネットベンチャーCOOを経て起業した代表をはじめとしたメンバーが、日本発世界を代表するスタンダードサービスの実現を目指します。
・所在地:東京都渋谷区神南1-9-10 番匠ビル4F
・設立:2014年1月10日
・事業内容:インターネットサービスの企画・開発・運営
・URL:https://www.s-ovation.jp/

◆本件に関するお問い合わせ先
・TEL:03-6447-1723
・MAIL:press@s-ovation.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社STANDING OVATION >
  3. 「着用回数」「コスパ」「色の好み」手持ち服の傾向がグラフで分かる【クローゼット診断機能】の利用者が10万人を突破! Z世代は「ブランド」への関心が低めという傾向が顕著に