AI面接サービスSHaiN「オープン面接」機能を追加

~受検者の負担を軽減。より受検しやすい面接サービスに~

株式会社タレントアンドアセスメント(本社:東京都港区、代表取締役:山崎俊明、以下タレントアンドアセスメント)は、対話型AI面接サービスSHaiNの追加機能として、受検者が一度受けた面接データを他企業への選考エントリーにも活用できる「オープン面接 ※1」機能の提供を開始いたします。
 
  • 「オープン面接 ※1」機能とは
対話型AI面接サービスSHaiNは、独自の構造化面接手法「戦略採用メソッド」の理論をベースに構築したもので、計画的行動質問を通して受検者の職務遂行能力を科学的に評価しています。
今回リリースする「オープン面接 ※1」機能は、受検者が対話型AI面接サービスSHaiNの導入企業を複数社受検する際、一度受検した面接データを再活用できる機能です。これにより、受検者は都度AI面接を受けることなく選考エントリーが可能となり、受検者の負担が大幅に削減されます。


 [主な機能] 
受検者本人が、受検済み面接データを活用するか否かを選択することが可能。
・企業別の「フリー質問」が設定されている場合、受検済み面接データの活用を選択しても、フリー質問のみ回答が必要になります。
・スタンダードプラン(7資質受検者)が対象です。

 [活用効果]
受検者側:2回目以降に実施するAI面接受検時の負担を大幅削減。
企業側:面接レポートの納品期間短縮に (通常5営業日以内 → 面接完了後に即納品*)。
*受検済み面接データを活用した場合のみ。

 [提供開始日] 
2020年1月27日 (月)。
 [費用]
追加費用等は発生いたしません。


■対話型AI面接サービス SHaiNとはhttps://shain-ai.jp/

タレントアンドアセスメントが開発した戦略採用メソッドをもとに、人間の代わりにAIが採用面接を実施することで、人間が行う面接で課題視されてきた評価のばらつきが改善され、採用基準の統一、先入観のない公平公正な選考を実現します。
受検者はスマートフォンを利用し、24時間365日、いつでも世界中※2どの場所でもAIと対話しながら面接をすることができ、日程による受検辞退などの機会損失を減らせるようになります。また企業側は評価レポートの結果などを参考に、対面の面接時には候補者ごとに適した質問を投げかけたり、候補者の特徴に合わせた動機付けをしたりすることで、内定辞退防止に活用することができます。さらに入社後の人材配置や育成など、戦略的にピープルアナリティクスとして活用することができます。
大手中小企業をはじめ地方自治体など、125社以上に導入されています(2020年1月15日時点)。

※1 「オープン面接」は、商標登録出願中です
※2 一部ご利用いただけない国・地域がございます


■株式会社タレントアンドアセスメントhttps://www.taleasse.co.jp/
「採りたい気持ちをカタチにしたい」というコーポレートスローガンのもと、求人応募しやすい環境を整えることで採用の拡大を図るなど、今後も人材採用に関わる様々なサービスを提供し、経営者の方々とともに「組織の未来像」を追い求めてまいります。
所在地   東京都港区浜松町1-22-5 KDX浜松町センタービル5F
代表者   代表取締役 山崎俊明
設立    2014年10月
資本金   3億9,380万円(資本準備金を含む)
事業内容  AI面接サービスSHaiNを主軸とした採用コンサルティング事業の展開
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社タレントアンドアセスメント >
  3. AI面接サービスSHaiN「オープン面接」機能を追加