オンライン接客の空色、「ZOZOTOWN」の実証実験に採用

各ショップスタッフがオンライン接客を実施、働き方のDX化を拡大

株式会社空色(東京都品川区 代表取締役社長:中嶋洋巳)は、株式会社ZOZO(千葉県千葉市 代表取締役社長兼CEO:澤田 宏太郎)が運営する日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」が実施するオンライン接客実証実験に、WEB接客ソリューション「WhatYa」(ワチャ)を提供します。

【背景】
新型コロナウィルスの影響により、アパレル業界では2020年だけでも退店数が3,100店舗以上に及ぶ※と言われています。アパレル企業にとって店舗は、様々な体験を通じてブランド価値や商品へのこだわりをお客様にもっとも伝えられる顧客接点の場と言えます。

お客様にとって身近な場所から店舗が退店することは、お客様とアパレル企業との重要な接点の減少を意味します。このような懸念がある中、アパレル企業では店舗スタッフが活躍する場をデジタルに拡大する必要性が高まっています。また店舗の売上減少を補う新たな売上獲得方法を検討する必要に迫られています。

※ WWDジャパン「アパレル大手5社で閉店3100以上 コロナが迫る大転換」
   https://www.wwdjapan.com/articles/1133914 (参照2020-10-13)


【概要】
これまで株式会社空色は、WEB接客ソリューション「WhatYa」(ワチャ)の販売を通じて、ブランドのスタッフがオンライン接客を担当することによる顧客体験の向上と働き方のDX化を支援してまいりました。
この度、アパレル業界での豊富な導入実績とチャットセンター運用・支援ノウハウ、デジタル上の顧客体験構築の強みを評価いただき、株式会社空色が提供する「WhatYa」を「ZOZOTOWN」が実施するオンライン接客実証実験にトライアルツールとして採用いただきました。

 

 




















▼以下のURLよりWEB接客ソリューション「WhatYa」を体験ください。
トライアル参画ショップ例:ナノ・ユニバース
利用時間:午前10時〜午後7時
https://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/52866195/?did=87070023

 

 


【支援の概要】
利用対象:「ZOZOTOWN」内のトライアル参画ショップ 商品詳細ページ
支援期間:2020/12/10~2021/3/31
支援範囲:「WhatYa」提供に加え、オンライン接客運用面での支援をいたします。

【株式会社空色について】
WEB接客ソリューション「WhatYa」の開発・運営を中心に、チャットセンターの運営受託、コンサルティングを統合的に提供。AI技術と人の持つ感性を掛け合わせることでコミュニケーションの可能性を最大化し、今までない新しい購買体験の実現を支援する。

 【会社概要】
社名      :株式会社空色
本社      :東京都品川区西五反田8丁目11番21号 五反田TRビル2階
TEL      :03-6431-8631
代表者   :代表取締役社長 中嶋洋巳
設立      :2013年10月1日
事業内容:WEB接客ソリューション「WhatYa」の開発・運営

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社空色 >
  3. オンライン接客の空色、「ZOZOTOWN」の実証実験に採用