湘南モノレール、駅の混雑情報の特設サイトを公開

~「15分ずらし」で混雑回避を・観光情報やお得なチケットのオンライン購入もワンストップサイトで~

12/1より、駅の混雑情報を発信する特設サイトを公開。大船駅などの混雑状況を15分単位で掲載。
湘南モノレールはほぼ7分30秒間隔で運行しており、1・2本=「15分ずらし」によって混雑を回避し、快適で安全なご利用が可能にも。
地域の観光情報の提供や、お得なチケットのオンライン購入など便利で総合的なワンストップサイト。
湘南モノレール株式会社(代表取締役社長:尾渡英生、本社:神奈川県鎌倉市、以下「湘南モノレール」)と株式会社みちのりホールディングス(代表取締役グループCEO:松本 順、本社:東京都千代田区、以下「みちのりHD」)は、本日、駅の混雑情報を発信する実証事業の特設サイトを公開しました。

ほぼ終日に亘り7分30秒間隔の定時刻運行を行っております湘南モノレールでは、曜日別の各駅の混雑傾向を15分単位で細やかにWeb掲載します。また、当日のリアルタイム混雑情報も掲載しますので、お客様には、1・2本=「15分ずらし」によって混雑を回避していただくことも可能となります。

このWebサイトでは、地域の観光情報の提供や、お得なチケットのオンライン購入など、湘南モノレールを便利にご利用いただくためのワンストップサイトとなっています。

本日の時点で特設サイトに混雑情報を掲出しているのは、JR各線が乗り入れるJR大船駅との乗り換えにも便利な湘南の玄関口、ターミナル駅である大船駅のみですが、12月中旬を目途に対象を全8駅に拡大し、より個々のお客様のニーズに沿った情報を提供していきます。

また、観光情報やお得なチケットの情報も順次更新予定です。これら更新情報は湘南モノレールのウェブサイトやSNS(TwitterおよびInstagram)などを通しお知らせしていきます。

■特設サイト
https://travel.navitime.com/ja/area/jp/feature/shonan-monorail/

 


◆混雑情報の提供
湘南モノレールでは、これまでも毎週、過去1週間の混雑情報を取りまとめ、30分単位の混雑情報データをグラフ化して発信してきました。他の主要な公共交通機関でも1時間や30分単位での混雑情報を専用アプリなどで発信する取り組みはありますが、より細やかな混雑情報を、誰でも、スマホやPCから簡単にアクセスできるウェブサイトで掲出する点において、今回の取り組みはユニークなものとなります。
通勤、通学や通院でご利用いただいている多くのお客様にとって、混雑を避けるために30分や1時間といった大きな時間調整をすることは難しいかもしれません。特設サイトでは細やかな混雑情報を提供していますので、「15分ずらし」で混雑を回避した快適な移動をご提案します。
また、観光のお客様にも、混雑している時間帯を避け、空いている時間帯に安心して湘南モノレールをご利用いただけるようになります。
混雑情報の取得には、Locarise株式会社が提供する3Dカメラセンサを用いています。同製品は、欧州の公共施設などでも導入実績が多く、EUにおける個人データ保護に関する法律GDPRにも適合しています。

◆ワンストップサイトとしての充実した情報
特設サイト内では地域の観光情報を掲載し、1日フリーきっぷや他施設・イベントとのセット券などお得なチケットもオンライン販売しており、湘南モノレールを利用した快適でお得な移動をワンストップでサポートいたします。さらには地域の混雑回避のための周遊や分散を企図し、自家用車でのご来訪を計画されているお客様向けにパーク&ライドの情報等も提供いたします。

◆事業背景
この特設サイトでの取り組みは、国土交通省事業の一環である「令和3年度人流データ地域課題解決モデル事業」により実施しているものです。特設サイトは2022年2月末まで公開しており、閲覧いただいた皆様のご意見やご感想をもとにその後の運用を検討いたします。
 〇国土交通省 報道・広報ページ:人流データを活用したモデル事業の実施対象を決定しました
  https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo17_hh_000001_00012.html

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. みちのりホールディングス >
  3. 湘南モノレール、駅の混雑情報の特設サイトを公開