名古屋グランパスと共同で、自宅学習をサポートする『グランパスくんの学習ドリル』の無料配信を開始

〜スポーツの力を通じたリサイクル運動の一環として、在宅の子供達へ提供〜

 リネットジャパングループ株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:黒田 武志)の子会社であるリネットジャパンリサイクル株式会社(本社:愛知県大府市、代表取締役:中村 俊夫、以下「リネットジャパン」)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟の株式会社名古屋グランパスエイト(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:小西 工己、以下 名古屋グランパス)と共同して、新型コロナウイルスの影響で自宅学習を余儀なくされているお子様を対象に『グランパスくんの学習ドリル』の無料配信を5月1日(金)より開始しました。

  • 今回の取り組みについて

今回開始する『グランパスくんの学習ドリル』は、本年2月にリネットジャパンと名古屋グランパスが締結したパートナー契約のもと、グランパスが進める「ファミリーの皆さんを元気に!PJ」に賛同し、スポーツの力を通じた地域密着型のリサイクルの一環として行われます(https://www.renet.jp/grampus)。提供される学習ドリルは、新型コロナウイルスの影響で学習の遅れを心配する小学校低学年のお子様たちを少しでもサポートすべく、至学館大学の監修のもと、リネットジャパンが作成して提供をおこないます。配信する内容は算数と漢字ドリル(対象:小学校1~3年生)で、5月1日(金)より専用ページから無料でダウンロードが可能です。

 

  • グランパスくんの学習ドリル詳細

内容:
算数・漢字ドリル(対象:小学校1~3年生)

配信開始:
2020年5月1日(金)

ダウンロードURL:
小学1年生算数:https://nagoya-grampus.jp/shougaku1_sansu.pdf
小学1年生漢字:https://nagoya-grampus.jp/shougaku1_kanji.pdf
小学2年生算数:https://nagoya-grampus.jp/shougaku2_sansu.pdf
小学2年生漢字:https://nagoya-grampus.jp/shougaku2_kanji.pdf
小学3年生算数:https://nagoya-grampus.jp/shougaku3_sansu.pdf
小学3年生漢字:https://nagoya-grampus.jp/shougaku3_kanji.pdf

 

  • 会社概要

【会社名】
リネットジャパングループ株式会社 (東証マザーズ 証券コード:3556)
【所在地】
名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート26階
【設立】
2000年7月27日
【代表者名】
代表取締役社長 黒田武志
【資本金】
13億1,597万円(2019年12月31日現在)
【従業員数】
488名(パート・アルバイト含む/2019年12月31日現在)
【事業内容】
<小型家電リサイクル事業>
「環境省・経済産業省の認定事業者」としてパソコン・小型家電回収、知的障がい者の雇用創出
<リユース事業>
トヨタ生産方式を活用した、日本最大級インターネット中古書店、「本、ゲームソフト、ホビー・フィギュア、ブランド品」の買取・販売
<カンボジアを中心とした海外事業>
マイクロファイナンス、マイクロ保険、自動車販売・リース、技能実習生の育成(カンボジア・インドネシア・ミャンマー)と日本への送出し
【URL】
https://corp.renet.jp/

※本取り組みは子会社のリネットジャパンリサイクル株式会社が実施します。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リネットジャパングループ株式会社 >
  3. 名古屋グランパスと共同で、自宅学習をサポートする『グランパスくんの学習ドリル』の無料配信を開始