ZENKIGEN、WEB面接サービス「harutaka」を国際教養大学へ導入

全在学就活生約150名の自己PR動画と提携企業約150社の採用メッセージ動画を双方向で視聴できる学内のキャリア支援プラットフォームとして活用

HR Techスタートアップ 株式会社ZENKIGEN(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:野澤 比日樹、以下 ZENKIGEN)は、WEB面接サービス「harutaka(ハルタカ:https://harutaka.jp/)」を公立大学法人 国際教養大学(所在地:秋田県秋田市、理事長・学長:鈴木 典比古、以下 国際教養大学)に導入することをお知らせいたします。国際教養大学では、就職活動をする在学生と同学提携企業をつなぐキャリア支援プラットフォームとして「harutaka」の活用を進めており、在学就活生約150名と提携先企業約150社が本取り組みへ参画しています。


導入背景
2020年度の新卒採用・就職活動は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、企業側は学校への訪問を伴う企業説明会を行うことができず、学生側も都道府県をまたぐ移動を控えるなど、企業と学生双方の選択肢に大きな影響を与えました。2021年度の新卒採用においても、対面でのコミュニケーションをなるべく控えることを前提とした採用・就職活動が継続すると予想されます。
国際教養大学キャリア開発センターではこれまで、提携先の企業説明会を学内で開催するなど、在学生のキャリア選択肢を広げるための支援を積極的に実施していましたが、新型コロナウイルス感染拡大による影響を考え、2022年新卒採用における就職活動を進めるうえで、新たな取り組みを検討する必要がありました。学生の安全を確保し、かつキャリアの選択肢を狭めるようなことがないよう、オンライン上で学生と提携企業をつなぐプラットフォームとして、企業と学生双方の動画閲覧による相互理解が促進されることで、より良いマッチングのきっかけを生み出すことが可能なWEB面接サービス「harutaka」の導入に至りました。


WEB面接サービス「harutaka」を活用した、国際教養大学におけるキャリア支援の取り組み
2021年度に就職活動を行う全在学就活生約150名が「harutaka」に自己PR動画の投稿。同時に、提携企業約150社にも会社紹介や採用に関する情報、学生へのメッセージ動画を「harutaka」に投稿していただきます。
その後、学生・企業双方へ「harutaka」のアカウントを付与し、学生は、提携企業の情報やメッセージ動画を「harutaka」で自由に視聴することができ、各企業の採用情報や選考フローを確認できます。一方の企業も、学生の自己PR動画やプロフィールを視聴することができ、学生へ自由にコンタクトすることが可能です。非対面での就職活動を維持しながらも、キャリア選択の機会を減らすことのない環境を提供することで、在学生のキャリア支援を行います。

公立大学法人 国際教養大学 キャリア開発センター長 三栗谷 俊明様
《地方を感じさせないキャリアサポート》を掲げる本学として、全国初の導入となりました。
学生から寄せられたコメントを見ても、「この時代に合った、革新的なアイディアだと思います。企業のカラーが見え、自身とのマッチングを判断するための材料となりました。また、授業の合間など、ちょっとした時間を使って閲覧できるのも嬉しいです。(3年Kさん)」や、「全く興味のなかった企業からDMが届き、『こういう仕事もあるんだ』『こういう会社も自分に向いているのかもしれない』と新たな発見がありました。何より、自由に投稿できることが素晴らしかった。(3年T君)」と予想以上の反響でした。ZENKIGEN様へは更にバージョンアップの運用をご相談させていただきたいと思います。

本取り組みに参画される提携企業様からのコメント
伊藤忠商事株式会社 人事・総務部 採用・人材マネジメント室 岸本 莉香様
コロナ禍のなか、例年は対面開催していた国際教養大学様での学内説明会も中止となりました。当社は、就活生の皆様の安全を確保した上で、商社ビジネスや伊藤忠商事への理解を深めていただく方法を模索していましたが、「harutaka」の「動画」を活用し新たな出会いを生み出す今回の企画は、その一つの解だと考え、本企画に参加することと致しました。
就活生の皆様が自身のキャリアを考える上での良い機会となるよう、全力で取り組ませていただきます。

鹿島建設株式会社 人事部 宮島 宏斗様
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、採用活動のオンライン化は急速に進み、弊社においても「harutaka」を早期から導入し、OBOG面談や採用面接において数多くの学生とスムーズに接点を持つことができました。
国際教養大学様が主導するキャリア支援プラットフォームは、自己PR動画を通じて、個別企業を意識せず学生本人の考え方や価値観といったパーソナリティを表現でき、企業側も自社の風土に合う学生にコンタクトをとることが可能となります。学生と企業がお互いを知る機会を今まで以上に創出し、エンゲージメントの向上や入社後のミスマッチ減少などに繋がるチャレンジになると思います。弊社でもこの取り組みを積極的に活用し、優秀な学生との出会いの場になることを期待しています。

株式会社ZENKIGEN 代表取締役CEO 野澤 比日樹 
株式会社ZENKIGENは、WEB面接サービス「harutaka」の提供を通じて、就活生と採用関係者双方の負担を軽減し、安心安全な就職/採用活動が出来るように努めて参りました。
この度の新型コロナウイルス感染拡大より、就職活動における従来の対面型学内企業説明会では就活生・採用関係者双方の安全確保は困難な状況であります。
また、学生にとって学内企業説明会は自身の就労先を考える重要な機会であると考え、この選択の機会が減少することに強い危機感を持っております。
これらの状況に対し、就活生・大学関係者双方の安全を確保した形での、テキスト情報以上の相互理解、学生の選択機会を増やすことを目的とした「動画」による学生、企業相互紹介プラットフォーム運用に向けて、全力でサポートさせて頂く所存でございます。

今後もZENKIGENは、地方学生のキャリア選択の幅の最大化を目指し、テクノロジーを通じて学生と企業の最適な接点づくりを支援する取り組みを進めてまいります。


WEB面接サービス『harutaka』(ハルタカ)について https://harutaka.jp/
企業の採用力を強化するWEB面接ツール「harutaka」。ウェブ面接やライブ面接で採用コストを削減するだけでなく、harutaka独自の分析機能やコンサルタントによるサポートで採用の質向上に貢献します。

株式会社ZENKIGENについて
「テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する」というビジョンのもと、2017年10月に創業。HR TechスタートアップとしてWEB面接サービス「harutaka」を提供。2018年より、東京大学 道徳感情数理工学社会連携講座との共同研究に取り組み、コミュニケーションから多様な個性をもつ同僚との共感度を科学計測し、その人の隠れた能力や得意とする分野を伸ばせるようにする技術の研究を推進。2020年には、国内の事業会社・ベンチャーキャピタルより8.5億円の資金調達を行い、人工知能により人の感情や感性を扱うコンピューター技術であるアフェクティブ・コンピューティングの研究開発に注力し事業化を手掛ける。

【会社概要】
会社名    :株式会社ZENKIGEN(ゼンキゲン)https://zenkigen.co.jp/
代表者    :野澤比日樹
所在地    :東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6F
設立    :2017年10月
事業内容:Web面接サービス『harutaka(ハルタカ)』の企画・運営
              『NEXT HR CONFERENCE』の運営
               HRTechサービスの開発
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZENKIGEN >
  3. ZENKIGEN、WEB面接サービス「harutaka」を国際教養大学へ導入