もりおかSDGsファンド第1号(2社同時) 投資実行のお知らせ 未来をつくる書店 株式会社盛岡書房、古き良きものを現代に 株式会社工藤

FVC Tohoku株式会社が盛岡信用金庫等と2021年1月に組成した「もりおかSDGs投資事業有限責任組合」は、株式会社盛岡書房および株式会社工藤の2社へ投資を実行したことをお知らせします。
<株式会社盛岡書房について>
代表者:代表取締役 高舘 美保子

本 社:岩手県盛岡市本宮一丁目9番12号
事業内容:「盛岡書房」(書店)の運営 ※実店舗4月オープン予定
      新刊本の販売や古本のリユース及びセミナーの実施
ECサイト: https://www.amazon.co.jp/s?i=merchant-items&me=A1GK330JH0GA5F
Facebook:右記QRコードよりアクセスください。

■同社の特長
盛岡書房は本を中心とした街づくりを通して、雇用を創出する書店です。新刊本の販売や古本のリユース、本に関連したイベントを積極的に手掛けることで、本の好循環を生み出します。古本は寄付によって募るため、読書家が多い盛岡市だからこそ、未来をつくる人の育成や、本の文化が根付いた街づくりが可能となります。

 

 

 



▼書房が販売する約6,000冊の書籍             ▼書籍販売の業務風景












<株式会社工藤について>
代表者:代表取締役 工藤 雄太

本 社:岩手県盛岡市鉈屋町2番19号
事業内容:「NORA~atelier&shop~」(アパレル)の運営
      襤褸(古布)を使ったリメイク品及びフランス古着の販売
ECサイト:https://nora-atelier-shop.myshopify.com/
Instagram:右記QRコードよりアクセスください。

■同社の特長
「NORA~atelier&shop~」として盛岡市鉈屋町に店を構える同社は、リメイク品の原材料として襤褸(ボロ)を使用しています。襤褸とは江戸時代以前の東北・北陸地方に起源をもつ、防寒の為にツギハギされた古い衣服・生地のことです。縫製工場などを経て培った、同社代表の高い技術と襤褸が混ざり合うことで、古いながらも美しい、独自の風合いに仕上がります。同社で手直しした上で販売しているフランス古着との相性も抜群です。

▼NORA~atelier&shop~ 店舗                  ▼リメイクに使用する襤褸(岩手県産)













<ファンドの概要>
名 称:もりおかSDGs投資事業有限責任組合
設立日:2021年1月15日
出資者:盛岡信用金庫、盛岡市、滝沢市、矢巾町、FVC Tohoku株式会社
投資実績:本件投資実行により合計2社

■投資対象
・SDGs(持続可能な開発目標)の17のゴールの達成及び社会課題解決に寄与する株式会社
・盛岡広域、岩手県北地域本社または拠点を置く企業
・業種、業歴、規模は問いません。
・資金使途の制約もありませんので、人件費や開発費等幅広い活用が可能です。
・株式上場は前提としておりませんが、株式上場を想定している場合は、ご相談ください。

<FVC Tohoku株式会社(FVCT)について>
盛岡市に所在する独立系ベンチャーキャピタルです。地域金融機関と連携した東北各地での「地方創生ファンド」の運営(2020年12月末現在運用中ファンド7本)とインキュベーション施設(盛岡市産業支援センター)の受託運営を行っています。投資実行後についても、長期継続的な経営支援を行っています。

・商号:FVC Tohoku株式会社
・代表取締役社長:小川 淳
・本社所在地:岩手県盛岡市大通3丁目6番12号 開運橋センタービル3階
・その他:フューチャーベンチャーキャピタル株式会社100%子会社
・URL:https://fvctohoku.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フューチャーベンチャーキャピタル株式会社 >
  3. もりおかSDGsファンド第1号(2社同時) 投資実行のお知らせ 未来をつくる書店 株式会社盛岡書房、古き良きものを現代に 株式会社工藤