日本初!スナックのママをAI化したお悩み相談チャットボット 「よしこ」 青山商事へ提供開始

株式会社空色(東京都品川区 代表取締役:中嶋洋巳)が開発するチャットサービス「WhatYa」は、青山商事株式会社(本社:広島県福山市、代表取締役社長:青山 理)に、新型コロナウィルスでストレスや悩みを抱えるビジネスパーソンをサポートする新たな取り組みとして、スナックのママたちの聞き上手さやアドバイスをビックデータ化し、いつでもどこでも悩みを聞いてくれる日本初のAIチャットボット「スナック よしこ」をサービス開発し提供しました。

【背景】
青山商事では、お客様の声に向き合い、得られたインサイトから新しい商品やサービスの開発を進めており、お客様の悩みを開放する場をつくりたいという思いで、社会進出後の働く若者をサポートするサービスを開始しました。

【スナックのママの温もりを感じるチャットボット】
空色では、2020年11月から洋服の青山オンラインストアでチャットサービスの提供を開始しており、今回は“働く若者のストレスや悩みを解放する場”として「スナックよしこ」を新たに開発提供しました。

 

人には、家族にも、友人にも言えない悩みが存在します。
AIチャットボット「スナック よしこ」は、身近な関係だからこそ言えない悩みをAIチャットボットに相談できるサービスです。
スナックのママという日々多くの人の話しを聞き、時にはアドバイスをくれる今の時代に求められる温かみのあるコミュニケーションをチャットボットで実現しました。

青山商事では、総インタビュー時間50時間を費やし、ママたちの聞き上手さや悩みに対するアドバイスを収録いたしました。それら情報を空色で解析・ビックデータ化し、いつでも、どこでも、ママたちの優しさや温かさを感じることができるAIチャットボット「スナックよしこ」を開発しました。

【AIチャットボット「スナックよしこ」】
AIチャットボット「スナックよしこ」は、ユーザーが相談した悩みに対して、よしこママが自動回答してくれるチャットボットです。相談内容は例えば、「仕事を辞めようかな」「上司が任せてくれない」「ビジネス用語がわからない」など、まさにスナックのワンシーンのように気軽になんでも相談いただけます。

サイトURL:https://www.y-aoyama.jp/campaign/chat_bot/

 【“オンライン接客の差が売上の差になる”チャットサービス「WhatYa」】
「WhatYa」 のコンセプトは、 Useful(役に立つ)と Delightful(楽しい)です。
顧客一人ひとりとの結びつきを強め、LTV(顧客生涯価値)をあげるためのチャットサービスです。顧客の課題解決を果たすだけでなく、ワクワクできるサービス体験の実現を大切にしています。Useful と Delightful をかけあわせ、 顧客の「また来たい」を創出しています。

  【会社概要】
社名      :株式会社空色
本社      :東京都品川区西五反田8丁目11番21号 五反田TRビル2階
TEL      :03-6431-8631
代表者   :代表取締役 中嶋洋巳
設立      :2013年10月1日
事業内容:LTVを上げる戦略的チャットサービス「WhatYa」の開発・運営
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社空色 >
  3. 日本初!スナックのママをAI化したお悩み相談チャットボット 「よしこ」 青山商事へ提供開始