人事評価の面倒な作業をなくして「人を育てる評価」に注力へ。パフォーマンス・マネジメントサービス「Co:TEAM(コチーム)」に新たに評価業務の工数を削減する2つの機能を実装

人事評価シートの作成・配布・回収をすべてCo:TEAM内で行えることに加え、シート未提出者へのリマインドやレーティングに用いる評価情報のCSVエクスポートが可能になり担当者の評価業務の負担を軽減。

1on1・目標管理・評価を連動させるパフォーマンス・マネジメントサービス「Co:TEAM(コチーム)」を運営する株式会社O:(本社:東京都目黒区、代表取締役:谷本潤哉、以下弊社)は、顧客からのニーズの増加を受け、Co:TEAMの人事評価機能において、評価進捗の一覧管理および未対応者へのリマインド機能・評価結果一覧のCSVエクスポート機能を実装しました。これにより、評価時の事務作業が削減され、納得感の向上や育成観点での評価など本来の評価業務に注力することが可能になります。
  • パフォーマンス・マネジメントとは
パフォーマンスマネジメントとは、フォーチュン500ランクイン企業の20%が採用している新しい人事評価システムです。1年もしくは半年に1回、かつ、上司から部下への一方向的に評価をする従来の制度は、変化の激しく、人材の専門性が高度化している現代のビジネス環境において、適切に機能させるのが難しくなりつつあります。
パフォーマンスマネジメントは、リアルタイムフィードバックや1on1を積極的に取り入れる事によって、従業員が同僚や上司と常に期待されているパフォーマンスをすり合わせる事が出来るようになります。また、目標やコンディション等の情報が可視化される事によって、組織の透明性を高め、納得感のある評価制度の運用を実現します。
 
  • パフォーマンス・マネジメントサービス「Co:TEAM(コチーム)」について
Co:TEAM(コチーム)は、MBOやOKR等の目標管理、1on1を通じたフィードバック、人事評価を一元管理できる国内初のパフォーマンス・マネジメント支援サービスです。

Co:TEAM(コチーム)を利用する事で、組織や個人に目標に紐付けた1on1で組織内のコミュニケーションの質と量を高め、従業員のエンゲージメント向上、組織のパフォーマンス最大化が可能です。

また、1on1やフィードバックの蓄積したログを人事評価に活用する事で、1年または半期に一度見直すだけでは見落としがちだった、部下の成果や貢献を可視化し、正確かつ納得感の高い人事評価を実現します。

さらに、導入に伴って1on1の質を高める研修・伴走支援、正しい目標設定を行うための伴走支援、1on1・目標管理より収集した情報を最大限活用するための人事評価制度の構築支援などの人的サービスも並行して利用可能です。(サービスサイトURL:https://coteam.jp/
 
  • 今回の機能実装の内容について
被評価者による評価シートの記入をリマインドする機能を追加
「誰が評価シートを出しているのかチェックする工数を削減したい」「評価シート提出のリマインドを出す工数を削減したい」というニーズを受け、評価シートの回収に際し、任意のタイミングで未提出者に対してリマインドを送る機能を追加いたしました。
当機能により、従来の
「各評価対象者に対し作成したフォルダに記入済み評価シートが格納されているか各フォルダをチェック」
「提出されていなければ各個人に連絡」
というフローに対し、提出期限が近くなったタイミングで「リマインドを送信」ボタンを押すのみと、手続きが非常に簡略化されました。

評価シート未提出者に対してリマインドが可能に評価シート未提出者に対してリマインドが可能に



レーティングのためのCSVエクスポート機能を追加
「評価の最終決定(レーティング)を行うにあたり、各社員の評価を一覧化して比較したい」というニーズが増加したことを背景に、レーティングまでの評価情報をCSVファイルにてエクスポートし、一覧化する機能を追加いたしました。
これにより、評価会議などで行われるレーティングに用いられる資料作成の手間が省けるとともに、一覧となり比較がしやすくなることで、評価の妥当性の検討や甘辛調整がしやすくなります。
 

1on1のログと目標達成状況をCSVでエクスポート、一覧化して評価の妥当性をチェック1on1のログと目標達成状況をCSVでエクスポート、一覧化して評価の妥当性をチェック

 
  • Co:TEAM(コチーム)における人事評価の流れ
1. 目標の設定
まず、目標を設定します。
目標は評価時に評価項目としてCo:TEAM(コチーム)での評価シートに自動で反映されるため、別途エクセル等で評価シートを作成する必要はなく、従業員への説明やシートの回収等の手間がなくなります。


2. 目標にコミット
メンバーが目標達成に近づくよう、1on1や目標管理でマネージャーが伴走します。
メンバーが結果を出せるようマネージャーがコミットする体制を作ることで、結果的に評価材料も収集されていきます。


3. 評価シートの作成
管理者が評価シートを作成し、被評価者及び評価者に配布します。
この際、作成・配布・提出はすべてCo:TEAM(コチーム)上で行えるため、個別のシート作成および配布など、大量のファイルのやりとりがなくなります。


4 評価記入
上司・部下それぞれ評価シートに評価を書き込みます。
自己評価・上司による評価ともに、目標の達成状況や1on1の履歴を評価記入時に同画面上で確認しながら評価を記入することができるため、上司と部下の間での認識の齟齬が防げます。
また、管理者は進捗確認画面から、記入の終わっていないメンバー/マネージャーにリマインドメールをCo:TEAM(コチーム)上で送ることができます。


5. 最終評価(レイティング)の決定
記入された評価を元に最終評価を決定します。
評価調整会議を行う場合は、上記4が終了後にCSVエクスポートで評価調整会議用の資料をダウンロードすることができます。
会議を行わない場合は4に続けて最終評価を記入できます。レイティングを行わない設定も可能です。

 

 
  • 株式会社O: 会社概要
社 名:株式会社オー (https://o-inc.jp/
所在地:〒153-0063 東京都目黒区目黒3-9-1目黒須田ビル1階
代表者:代表取締役 Founder / CEO 谷本潤哉
設 立:2016年12月
事業内容:パフォーマンス・マネジメントサービス「Co:TEAM(コチーム)」の開発・販売
 
  • 担当者連絡先
担当者:橋本
メールアドレス:front@o-inc.jp
電話番号:03-5708-5630
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社O: >
  3. 人事評価の面倒な作業をなくして「人を育てる評価」に注力へ。パフォーマンス・マネジメントサービス「Co:TEAM(コチーム)」に新たに評価業務の工数を削減する2つの機能を実装