シェアサイクルサービス『チャリチャリ』、熊本での展開エリアを大幅拡大

2022年中に電動アシスト自転車200台を含む300台の自転車を増車

シェアサイクルサービス『チャリチャリ』を運営するneuet株式会社(代表取締役社長:家本賢太郎、以下「neuet」)は、熊本エリアでの好調なご利用状況とお客さまからのご要望などを受け、2022年10月1日より展開エリアを大幅に拡大いたします。また、現在の150台(うち電動アシスト自転車10台)体制に加え、2022年12月までに合計300台の自転車の供用を開始し、合計450台体制へと増車いたします。

neuetは「まちの移動の、つぎの習慣をつくる」をミッションとし、シェアサイクルという公共的な移動手段を担う存在として、地域に寄りそいながらの成長を目指しています。現在は福岡市・名古屋市・東京都・熊本市の4エリアでサービスを展開しています。
このうち熊本市では、neuetが『熊本市シェアサイクル実証実験事業』(以下「本実証実験事業」)の共同事業者として採択され、2022年4月28日よりサービス展開を開始後、約150台の自転車と63ポートで展開し、サービス開始以来2万回以上のご利用をいただくなど順調に推移しています(2022年8月29日時点)。

■エリア拡大の背景及び内容
熊本でのサービス開始以降、チャリチャリをご利用いただいた市民の皆さまから「チャリチャリで移動できる範囲を拡げてほしい」との具体的な要望を多くいただいたほか、既にポート設置にご協力いただいている企業の皆さまからも拡大時の協力のご意向をいただけたことから、現時点でチャリチャリが移動利便性向上に寄与できるエリア・ご利用を見込むことが出来るエリアに拡大するものです。

具体的には、現在のエリアの南側においては、公共交通利用者の多い、JR豊肥本線の沿線や水前寺地区、大江地区などを含む区域、北側は、熊本都市バスの上熊本営業所を含む範囲とし、利用エリアは、約630haから約1,950haへと約3倍に拡大します。


■増車の背景及び予定
当初110台から開始した熊本での展開は、想定を超えるご利用が続いていることから増車を行った結果、現在は約150台の体制で運営しています。そのうえで、ご利用いただく皆さまにとっての利便性をさらなる向上するためには自転車の台数増加を行うべきであると考えたこと、及び電動アシスト自転車のご利用も順調に推移していることも踏まえ、エリア拡大にあわせて、次のとおり自転車を増車いたします。

  • 2022年9月中にベーシック(シティサイクル)100台を増車
  • 2022年12月までに電動アシスト自転車200台を増車


■ チャリチャリについて

チャリチャリは、スマートフォンアプリで専用の赤い自転車の鍵をあけ、かんたんにご利用いただけるシェアサイクルサービスです。ベーシックは1分6円、電動アシスト自転車は1分15円でご利用いただけ、いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ利用できる体験の提供を目指しています。 福岡では2018年2月にサービスを開始し、現在までに約2,500台の自転車と550ヵ所以上の駐輪ポートを展開し、累計1,000万回以上のご利用をいただくまでに成長いたしました。また、2020年からは名古屋市及び東京浅草エリアでのサービスを展開し、2022年4月28日より全国4都市目の展開となる熊本市での展開を開始いたしました。 1分単位の料金設定や、手軽に使えるアプリ仕様から各エリアにて「ちょっとそこまで」の日常的な移動を中心にご利用頂いております。

■neuet株式会社について
代表者 : 代表取締役社長 家本 賢太郎
本店 : 東京都千代田区神田和泉町1番地3の13(2022年10月に福岡市へ本店移転予定)
事業内容 : シェアサイクル『Charichari(チャリチャリ)』の運営

■チャリチャリのWeb・SNS情報
【Charichari (チャリチャリ)】
https://charichari.bike

【公式アカウント】
Twitter :https://twitter.com/charichari_bike
Instagram :https://instagram.com/charichari_bike

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. neuet >
  3. シェアサイクルサービス『チャリチャリ』、熊本での展開エリアを大幅拡大