お持ち帰り商品をよりおいしく! 容器・おしながきを改良した『家箱REBORN(いえはこリボーン)』を9月24日(木)から販売

 株式会社小田急レストランシステム(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:立山昭憲)は、小田急線沿線を中心に運営する「箱根そば」において、お持ち帰り商品「家箱(いえはこ=ご家庭でお召し上がりいただく箱根そば)」を改良した「家箱REBORN(いえはこリボーン)」を9月24日(木)から販売いたします。
 お店でお召し上がりいただく商品と近い状態でお持ち帰りいただけるよう、そばとつゆが分かれた専用のお持ち帰り容器に変更し、おしながきもお持ち帰り専用商品4品を含む10品にラインアップを拡充しました。

 

冷し海老&ミニかき揚げ天そば・うどん(お持ち帰り限定メニュー)冷し海老&ミニかき揚げ天そば・うどん(お持ち帰り限定メニュー)


箱根そばURL:https://www.odakyu-restaurant.jp/shop/hakonesoba/hakonesoba/
 

  • 商品概要


 そばとつゆを分けてご提供できる専用の容器を採用することで、そばが伸びにくく、よりおいしくお召し上がりいただけるようになりました。また、容器のままレンジアップをすることが可能なため、再加熱の際に容器を移し替える手間なく温かいおそばをお召し上がりいただけます。
 おしながきも変更し、お持ち帰り専用商品4品を含む10品に拡充いたしました。

 

【温かいそば】 ・かき揚げ天そば 450円
・海老&かき揚げ天そば 470円
・たぬきそば 410円
・コロッケそば 440円
【冷たいそば】 ・冷しかき揚げ天そば 480円
・冷し海老&かき揚げ天そば 500円
・冷したぬきそば 470円
【ご飯もの】 ・かつ丼 610円
・かき揚げ丼 500円
・海老天丼 600円

太字の商品はお持ち帰り専用商品です。

※うどんも承れます。

 

  • ご家庭でもおいしくお召し上がりいただくポイント


 そば・うどんは時間とともに変わりやすい性質がありますが、少し手間をかけることで食感や風味も良くなります。
※商品はできるだけお早めにお召し上がりください。
 

◆冷たいそば・うどんの場合

 ◇そば・うどんが固まってしまっている時は、水で軽くほぐしてからお召し上がりください。
 ◇お召し上がり前に冷水でさっと表面を洗っていただくと、弾力とツルツル感が増し、喉越しが
良くなります。

◆温かいそば・うどんの場合
 ◇当店の2段重ね容器は「レンジ対応」のため、電子レンジで再加熱ができます。(フタはレンジ非対応)
 ◇つゆを鍋に移し、沸騰させすぎない程度にあたためます。そこにそば・うどんを入れて10~15秒
あたためると、つゆと麺のなじみが良くなります。

 

  • 店舗概要

箱根そば新宿西口店箱根そば新宿西口店


 小田急線沿線を中心に地域のお客さまに愛され続ける箱根そば。1965年8月に新宿駅地下ホームに1号店を開業し、2020年7月現在で46店舗を展開しています。[箱根そば45店舗(うちFC6店舗)、本陣店1店舗]
 そばは生麺を茹で上げ、だしの効いた優しい味わいのつゆを使用し、自慢のかき揚げはひとつひとつ店内で揚げています。季節ごとのおすすめメニューには他店では味わえない変り種もございます。

 

  • 会社概要


会社名 :株式会社小田急レストランシステム
所在地 :東京都渋谷区代々木2-28-12小田急南新宿ビル3階
電話番号:03-3379-6131
URL  :https://www.odakyu-restaurant.jp/
代表者 :代表取締役社長 立山 昭憲
設立  :2003年7月1日
資本金 :5,000万円
事業内容:スタンドそば・コーヒーショップ等のファストフード、パスタダイニング・カフェ等の洋食、とんかつ・日本そば・酒肴処等の和食、給食事業、ロマンスカーの車内サービス。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 小田急レストランシステム >
  3. お持ち帰り商品をよりおいしく! 容器・おしながきを改良した『家箱REBORN(いえはこリボーン)』を9月24日(木)から販売