普段見えない労働観を可視化・分析する「ワークバリューサーベイ」をリリース

エンゲージメントプラットフォームを運営するTake Action

エンゲージメントプラットフォーム「THANKS GIFT-サンクスギフト」を運営する株式会社TakeAction(本社:東京都品川区、代表取締役社長:成田靖也)は普段見えづらい仕事に対する価値観の可視化・分析を可能にする「ワークバリューサーベイ」をリリースしました。

  • 背景
弊社、株式会社Take Actionはこれまで従業員エンゲージメントを定量的に測る「エンゲージメントサーベイ」「コンディションサーベイ(従業員満足度調査)」を提供してまいりました。お客様からいただいた声や、さらに組織改善を多面的に把握するため、青山学院大学の山本 寛教授と共同開発した労働観を可視化・分析できる「ワークバリューサーベイ」のリリースに至りました。

 

  • ワークバリューとは
ワークバリューとは、仕事に対する価値観(労働観)と言い換えることができ、労働観とは人々の働くことに対する価値観を意味します。
職業適合性(職業適性)における「能力以外のパーソナリティ(人格)」の中に、「価値観」と明確に位置づけられています。

 

 

  • ワークバリューサーベイ
ワークバリューサーベイは職務遂行に必要な知識、技能、態度、協調性、成果に影響する普段は見えづらい価値観(労働観)を可視化するサーベイです。
ワークバリューの中には3つの「クラス」と18の「カテゴリー」があり、そこから個人にとって働くうえで重要な価値観とは何かを分析することができます。
自社にどんな価値観を持った人がいるのか、どんな人が『会社の雰囲気』に合っているのかを数値的に見ていくことが可能になり、目の前にいる人がどんな価値観を持っているのかを把握することで効果的なコミュニケーションに繋げることもできます。※提供開始日:2022年7月28日

  • 活用例
固定値(ワークバリューサーベイ)・変動値(エンゲージメントサーベイ)
~2軸を活用・分析することで離職兆候をキャッチアップし離職防止へ~|

ワークバリューサーベイ
1、組織分析:組織全体の価値観を計測
組織全体・各部署・役職においての価値観を計測し自社内の社風を把握しておく。

2、ハイパフォーマー分析:活躍人材分析
社内で見本となるような『活躍人材(ハイパフォーマー)』の特徴を分析し自社が求める人材を数値的に理解する。

3、入社前適性検査:採用への活用
求職者の価値観を事前に知ることでより自社の社風に合った人材かどうかを見極める。
また自社の中でどんな役割が向いているのか、どのように活躍する人材なのかを見極める。

4、1on1:マネジメントへの活用
本人のワークバリューを確認・理解した上でミーティングを実施。価値観にあったフィードバックを行い、信頼関係を構築する。

エンゲージメントサーベイ
5、エンゲージメントサーベイ:定点観測によりアラートをキャッチ
変動性の高い要素(態度など)を把握する「エンゲージメントサーベイ」を3か月~半年に1回実施し、離職兆候をキャッチアップ。

自社内の価値観を分析、社風に合った人材の採用、定期的な計測・フィードバックのサイクルを回すことで、より精度の高い施策を打つことが可能になります。

本件に関するお問い合わせ
https://thanks-gift.net/trial/
 
  • 企業情報:株式会社Take Actionについて
「働く人に熱を。組織にエネルギーを。」をミッションに掲げ、組織のエンゲージメントを向上、企業の経営課題を解決するソリューションを展開しています。

▷企業成長を促進する採用支援サービス: jinji+(ジンジプラス)
▷従業員がイキイキ働く仕組みに: THANKS GIFT(サンクスギフト)
▷人的資本経営をサポートする: タレントファイル

株式会社Take Action
URL:https://www.take-action.co.jp/ 
代表者 : 成田靖也(なりたせいや)
住所 : 〒141-0031 東京都品川区西五反田 7-9-5 SGテラス2F
設立 : 2010年10月1日

報道関係者からの連絡先
株式会社Take Action 広報担当
marketing@take-action.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Take Action >
  3. 普段見えない労働観を可視化・分析する「ワークバリューサーベイ」をリリース