Repro、デジタルガレージと協業しLINEのセグメント配信が可能に

世界59か国5,000以上のアプリへの導入実績を持つモバイルアプリマーケティングツール「Repro(リプロ)」を中心に展開するRepro株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田祐介、以下当社)は、このたび株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁、以下:DG)が提供するコミュニケーションプラットフォーム「CONNECT BAY®︎」と提携し、アプリユーザーに対しLINE上でメッセージ配信することが可能となりました。例えばアプリのプッシュ通知の受信をOFFにしているユーザーにLINE上で個別にセグメントされたメッセージを配信できるなど、新たなアプローチ手段の獲得を実現します。
 


当社はアプリの分析とマーケティング施策を一気通貫して行うことができるツール「Repro」を提供し、世界59ヶ国5,000以上のアプリに導入されています。当ツールを使うことで、アプリユーザーの属性や行動情報を圧倒的な分かりやすさで分析し、かつセグメントされた層に対してプッシュ通知やアプリ内メッセージを配信することができます。

一方CONNECT BAY® はDGと株式会社クリエイティブホープ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 兼 CEO:香取 宜伸)が共同開発した、エンドユーザーを対象にソーシャルメディア上でセグメント別または個別配信を行うコミュニケーションプラットフォームです。LINE株式会社の「LINE ビジネスコネクト」*¹を利用することで、LINE上でエンドユーザーとのコミュニケーション施策をより効果的に行うことができるツールです。

今回の協業により、「Repro」でセグメントされたユーザーの属性・行動情報がCONNECT BAY®を経由してクライアントのLINEアカウントと連携され、One-to-Oneのコミュニケーションが実現できることになります。

具体的な例としては、ゲームアプリの課金率が伸び悩んだ場合、アクティブユーザーでかつプッシュ通知OFFに設定しているユーザーに対してLINEメンバー限定のアイテムを配布したり、ECアプリにおいてセール・キャンペーン告知を行いたいが、プッシュ通知の許諾率が低いためリーチがしにくい、といったケースの時にLINE上でクーポンを配布してアプリへ誘導するなど、効果的で幅広いコミュニケーションが可能になります。

当社は今後もより多くのクライアントに「Repro」のソリューションを提供し、新規アプリの開発支援やアプリ内マーケティングの運用支援なども行い、アプリの成長を支援する企業としてクライアントに貢献してまいります。



*¹「LINE ビジネスコネクト」について
LINE株式会社がアカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービスです。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の企業公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになります。さらに、ユーザーの同意のもと、企業の持つ既存のデータベースや、自社システムとLINEアカウントを連携させることで、メッセージ配信ツールとしての域を超え、顧客管理(CRM)ツールや、業務ソリューションツールとしての利用も可能(※)になります。
※LINEでは、LINEアカウントに紐付いた各企業の顧客データを保持することはありません。

LINE ビジネスコネクト HP: http://lbc.line.me/


■デジタルガレージについて
デジタルガレージは、インターネットサービスにおける投資・育成支援事業、マーケティング事業、グローバルオンライン決済事業の3つの事業を軸に展開する東証一部上場企業です。マーケティングテクノロジーカンパニーは、マーケティング事業を担当するマーケティングテクノロジーセグメントの中でWEBプロモーション、WEBストラテジー、CRMソリューションなどのデジタルマーケティング施策を提供します。最先端のテクノロジーを活用し、フルファネルマーケティングや広告手法の多角化へ対応するとともに新サービスの開発に取り組み、クライアントの事業を成長へと導く「事業戦略パートナー」としてマーケティング活動を支援します。

社名      :株式会社デジタルガレージ
所在地     :東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 デジタルゲートビル
代表者     :林 郁
設立      :1995年8月
URL   :https://www.garage.co.jp/
マーケティング事業サイト: http://dgmt.garage.co.jp/


■Reproについて
Reproはアプリの成長支援ツールを2015年4月にリリース、現在では世界59か国、5,000以上(2018年5月時点)のアプリに導入されています。 リテンション分析・ファネル分析をはじめとした定量分析機能、動画による定性分析機能を用いてアプリのUI・UXの改善が可能です。さらには分析結果をもとにプッシュ通知やアプリ内メッセージ表示などアプリ内マーケティングを行うことができます。2016年3月にはアプリ成長コンサルティング事業を開始し、アプリの成長支援ツール提供にとどまらず、アプリに関連する戦略立案・企画、開発から運用までを一貫して支援しています。

社名      :Repro株式会社
所在地     :東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル6F
代表者     :平田 祐介
設立      :2014年4月
事業内容  :モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro」の開発・提供
Twitter    :https://twitter.com/reproio
Facebook:https://www.facebook.com/reproio
アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」:https://growthhackjournal.com/
Twitter    :https://twitter.com/GrowthHackJnl
Facebook:https://www.facebook.com/growthhackjournal/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Repro >
  3. Repro、デジタルガレージと協業しLINEのセグメント配信が可能に