横浜スタジアム「収容人数8割へ上限緩和」の技術実証にLINEを活用 ソーシャルデータバンクがシステム構築支援 今後の大規模イベント実施への試金石として、世界のメディアが注目

SDB
ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 俊輝)は、LINE株式会社が受諾した横浜スタジアムでの上限80%を目安としたプロ野球公式戦での技術実証において、一部取組みへのシステム構築支援を行いました。LINE株式会社は十分な感染症対策を講じた上で行われるこの試みについて「今回の技術実証を通し、コロナ禍における大規模イベントの開催ガイドライン策定に寄与するとともに、感染拡大防止を推進し皆様に安心して各種楽しんでいただけるよう今後も構築して参ります」と発表しています。
  • 横浜スタジアムにて行われる、収容人数上限緩和のための技術実証とは
2020年のプロ野球は、新型コロナ感染拡大防止のため無観客での開幕となりました。その後規制が緩和され、例年の賑わいを取り戻しつつあります。
そんな中、10月30日(金)〜11月1日(日)に横浜スタジアムにて開催される横浜DeNAベイスターズ対阪神タイガース戦において、さらに上限を緩和し、およそ8割の観客を入場させる技術実証を行うことが決まりました。十分な感染症対策を講じた上で、そこから得られるデータを今後の大規模イベントガイドライン策定に役立てるというものです。
今回の技術実証については、「今後の大規模なイベント開催への大きな一歩になる」と世界各国のメディアから注目を浴びています。

  • LINEアカウントにて横浜スタジアムの座席登録・感染者発生時の通知 ソーシャルデータバンクの「LINEコロナお知らせシステム」にて可能に
ソーシャルデータバンクは、この技術実証におけるいくつかの取組みのうち「LINEコロナお知らせシステム」に関するシステム構築支援を行いました。このシステムは新型コロナに感染された方が発生した場合、その感染者が訪れた場所を同じ時間帯に訪れた方にメッセージを送るというもの。今回の例でいえば、万が一横浜スタジアム来場者の中からコロナ感染者が発生した場合、同日に訪れていた方々に必要に応じてメッセージが届くというわけです。

  • 神奈川県の「LINEコロナお知らせシステム」とも連携
神奈川県の「LINEコロナお知らせシステム」と、ハマスタ技術実証アカウントと連携を図り、陽性者出た場合は、濃厚接触者に呼びかけが出来るようにしています。

  • ソーシャルデータバンク株式会社について
LINE公式アカウントの機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」の開発・販売を中心に、ビジネスでのLINE活用のご提案やサポートを行っている企業です。

リリースからわずか2年で導入企業数2500社を突破したLinyの活用や運用ノウハウを提供し、企業の集客や販促施策に貢献し、マーケティング関係の展示会へも出展しています。また、コロナ禍を境に、政府機関6省庁、 33都道府県、その他基礎自治体の導入なども急激に進んでおります。

またLINE株式会社が定めている「Technology Partner」や「LINE公式アカウント認定パートナー」としても認定され、ツールの改善やLINEの活用法について積極的にアドバイスを行っています。

ソーシャルデータバンク株式会社 概要
会社名 :ソーシャルデータバンク株式会社
所在地 : 〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目3-6 3F
代表者 :代表取締役 伊藤 俊輝(いとう としき) 
事業内容:マーケティングツールの開発と運用
URL   : https://line-sm.com/

■【マンガ】3分でわかるLiny!
URL: https://line-sm.com/blog/manga/

■Liny活⽤ブログ
URL : https://line-sm.com/blog/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDB >
  3. 横浜スタジアム「収容人数8割へ上限緩和」の技術実証にLINEを活用 ソーシャルデータバンクがシステム構築支援 今後の大規模イベント実施への試金石として、世界のメディアが注目