転職のきっかけは?全体の45%が人間関係のトラブルをきっかけに転職を決めたと回答!会社の人間関係に課題を抱えている人が多数いることが判明!

ベースメントアップス株式会社が「転職についての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年11月1日 〜2019年11月5日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :163名
■調査対象 :社会人 
ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「転職のきっかけ」について調査しました。

企業と労働者のミスマッチは労働市場を最適化させるための大きな課題と言えます。この課題が生じる原因の一つとして、労働者自身が「なぜ転職したいと思ったのか」、つまり、「転職しようと思ったきっかけ」を深く考えていないからです。

転職を決断するきっかけには「給料が少ない」「残業時間が長い」「人間関係が辛い」「キャリアアップをしたい」など人それぞれの理由があると思います。

これらのきっかけを深く考えることで、転職活動を成功させるために重要な、以下のことを導き出すことができます。

・本当に転職すべきなのか?
・理想の転職先はどこなのか?
・いつまでに転職すべきなのか?


それでは、転職希望者が考える、転職のきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「転職しようと思ったきっかけは何ですか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com
社会人を対象に、「転職しようと思ったきっかけは何ですか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

人間関係のトラブル:45%
仕事への不満:34%
会社の将来性に不安がある:13%
新しくやりたいことがある:8%

 
  • 人間関係のトラブル:45%

人間関係のトラブルと回答した人は全体の45%でした。社会人と学生で違うのは自分自身でコミュニティを選ぶことができないことです。学生時代は、気があう人とだけ仲良くしていれば良しとされていました。しかし、会社というコミュニティに入ると気が合わない人と一緒に働くことも我慢しなければいけません。そのような環境で働き続けることがストレスとなり転職のきっかけになる人は少なくないです。
 
  • 仕事への不満:34%

仕事への不満と回答した人は全体の34%でした。仕事量に不満を感じたり、仕事へのやりがいを感じることができないことをきっかけに転職を決断する人たちは、人間関係の次に多いことがわかりました。やはり、仕事を続けていく上で「何をやるか」はとても重要であることがわかります。
 
  • 会社の将来性に不安がある:13%

会社の将来性に不安があると回答した人は全体の13%でした。日本人は終身雇用や年功序列という雇用慣行のもとで働いてきたため、企業選びの軸として”会社の安定”を重要視する人が少なくないです。不景気により会社の将来性が怪しいと感じると転職を決意する人も一定数いることがわかりました。
 
  • 新しくやりたいことがある:8%

新しくやりたいことがあるがあると回答した人は全体の8%でした。転職することが当たり前となった今、キャリアアップや新しいビジネスなど自分にやりたいことがあれば、転職のきっかけする人もいることがわかりました。

下記記事では、「転職のきっかけ」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/450
  • 関連サイト


■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. べースメントアップス株式会社 >
  3. 転職のきっかけは?全体の45%が人間関係のトラブルをきっかけに転職を決めたと回答!会社の人間関係に課題を抱えている人が多数いることが判明!