上司と部下のコミュニケーション不足が課題!?社会人の42%が上司とコミュニケーションをとらないと回答!コミュニケーション不足がもたらす課題とは?

ベースメントアップス株式会社が「上司とのコミュニケーションについての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年10月29日 〜2019年11月3日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :115名
■調査対象 :社会人 
ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「上司とのコミュニケーションの頻度」について調査しました。

会社でプロジェクトを進める上で、上司とのコミュニケーションは欠かせません。業務の目標を共有したり、進捗管理をするだけでなく、チーム全体の士気を上げるために重要となります。

しかし、多くの企業で上司と部下の間でのコミュニケーションが課題として挙げられることは少なくありません。コミュニケーションがうまくいかない理由としては、上司は、自身の業務でいっぱいになりマネジメントを怠ってしまっている、部下は上司に対して協力的に接することができないという問題が挙げられます。

一般的には、どの程度コミュニケーションをとることができているのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「上司とコミュニケーションを取る頻度はどのくらいですか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com/articles/549

社会人を対象に、「上司とコミュニケーションを取る頻度はどのくらいですか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

毎日取る: 45%
3日に1回は取る:6%
週に1度は取る:7%
ほとんど取らない:42%

 
  • ほとんど取らない:42%

ほとんど取らないと回答した人は全体の42%でした。多くの人が上司とほとんどコミュニケーションをとることができていないことがわかりました。コミュニケーション不足により、業務を効率的に進めなかったり、業務上の重大なミスに気づくことができないという問題が生じます。
 
  • 毎日取る: 45%

毎日取ると回答した人は全体の45%でした。仕事の進捗状況の報告を徹底している企業ではコミュニケーションをとる指導がされているようです。上司とのコミュニケーションを取ることは、目標に向かって業務を進めるために重要となります。
 
  • 3日に1回は取る:6%

3日に1回は取ると回答した人は全体の6%でした。業務内容にもよりますが、3日に1回のコミュニケーションは必要最低ラインと言えるでしょう。コミュニケーションが重要である業務の場合は、課題感を持つ必要があります。
 
  • 週に1度は取る:7%

週に1度は取ると回答した人は、全体の7%でした。上司一人で多くの部下を抱えている組織では、上司と部下の面談時間を設けていることがあります。ただし、この機会だけではコミュニケーションが十分ではない場合は、自ら積極的にコミュニケーションをとることを意識しなければいけません。

下記記事では、「上司とのコミュニケーション」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/549
 
  • 関連サイト


■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. べースメントアップス株式会社 >
  3. 上司と部下のコミュニケーション不足が課題!?社会人の42%が上司とコミュニケーションをとらないと回答!コミュニケーション不足がもたらす課題とは?