Showcase Gig、モバイルオーダーによる非接触型注文決済・受渡システム「O:der Locker(オーダー・ロッカー)」を発表

新型コロナ対策相談センターも設置、東京都“業態転換支援助成金”にも対応

 

株式会社Showcase Gig(本社:東京都港区、代表取締役:新田 剛史、以下 ショーケース・ギグ)は、株式会社ユーボ(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 丈彦)との共同開発により、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)における飲食業界支援の取組みとして、店頭における完全非接触型注文パッケージ「O:der Locker(オーダー・ロッカー)」の開発に加え、飲食店向け新型コロナウイルス感染症対策情報における情報発信の強化および、相談窓口を新設することをお知らせいたします。

また、ショーケース・ギグではモバイルオーダープラットフォーム「O:der(オーダー)」において、すでに東京都より発表されている「業態転換支援助成金(※)」やその他自治体による支援施策など、今後飲食店が活用できうる支援策については随時確認・発信してまいります。


 ※東京都内で飲食業を営む(個人事業主含む)中小企業者を対象に、新たにテイクアウト、宅配、移動販売を開始する際の初期経費等について対象経費の5分の4以内(最大100万円)を東京都が助成するものです。東京都には「O:der」が対象となることは確認しております。
[参考] DIG-IN:飲食店のための新型コロナウィルス対策まとめ【助成金・テイクアウト】(随時更新)
https://www.showcase-gig.com/dig-in/covid-19-2/

多大な影響を受ける飲食業界をデジタルでサポート
昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大による外出自粛により、国内の飲食業界は大きな影響を受けています。飲食店におけるテイクアウト需要の高まりを受けて、店舗での滞在時間の短縮が可能となるモバイルオーダーサービスへの注目は日々高まっており、ショーケース・ギグでも、提供・開発体制を強化してこの状況に対応しております。
このたび、ショーケース・ギグではこの状況下における飲食店の運営継続を支える取組みとして以下サービスを提供いたします。

■モバイルオーダー連動ピックアップロッカー「O:der Locker(オーダー・ロッカー)」
ショーケース・ギグは、2013年より日本で初めて飲食店向けモバイルオーダーサービスの提供を開始しており、モバイルオーダーおよび店頭ピックアップ(BOPIS(※))分野において国内トップクラスの実績を有しています。

 

今回新たに提供する「O:der Locker」は、ショーケース・ギグのO:derプラットフォームと連携されたモバイルオーダー専用のスマートロッカーです。飲食店の店頭に設置することにより、モバイルオーダーで事前注文決済された商品の受け取りにおいて、完全対人非接触での店舗オペレーションを実現します。また、ロッカー内の照明には殺菌効果のある紫外線(UV)が使用されています。

オーダー・ロッカーオーダー・ロッカー

東京・秋葉原「beeat sushi burrito Tokyo」東京・秋葉原「beeat sushi burrito Tokyo」


本スマートロッカーは、株式会社ユーボ(https://www.u-bo.jp/)が開発・提供しております。ユーボ社は、独自のサービングシステムにより2018年に当時業界でも例を見ないオートメーションレストラン「beeat sushi burrito Tokyo」をオープンしたほか、大手外食チェーンへのピックアップ専用ロッカーの提供実績もあります。

 



※BOPIS:Buy Online Pick-up in Storeの略。

■新型コロナウイルス対策における飲食店向け相談窓口を設置
新型コロナウイルス感染症対策に取り組む飲食店様向けに、ショーケース・ギグのプロダクトに限らず、支援金の申請方法や、テイクアウトやモバイルオーダーに取り組む上でのノウハウなどについての相談など今後の店舗運営支援となる情報提供をさせていただくべく、サポート窓口も新設いたしました。同時に、ショーケース・ギグHPでも、世界各国や国内における飲食店の対策事例、今後の支援金・制度面でのサポート情報も随時発信してまいります。

飲食店向け新型コロナ対策相談センター  covidbuster@showcase-gig.com
お名前、ご連絡先(メール、電話番号)、店舗名(会社名)、お困り事・相談事項を明記の上、上記メールアドレスまでご連絡いただきますようお願いいたします。なお、混雑状況によりお時間を頂戴する場合がございます。予めご了承ください。

その他情報発信について
・新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援策まとめ
https://www.showcase-gig.com/wp-content/uploads/2020/04/showcasegig_covidbuster_20200427.pdf
・ショーケース・ギグHPにおいて飲食店向け新型コロナウイルス感染症対策情報を発信しています。
https://www.showcase-gig.com/dig-in/
※公式フェイスブックをフォローすることで最新情報を受け取れます。
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=103927551034794


今後も、O:derプラットフォームにおける機能アップデートを複数予定しており、デリバリーサービスや他社サービス・プロダクトとの連携などにより、飲食店の課題をより幅広く解決してまいります。
ショーケース・ギグでは自社のサービスご利用の有無に関わらず、飲食店におけるwithコロナ/afterコロナにおける事業継続と、消費者の食生活の安定・安心をサポートすべく、パートナーの皆様と連携し、Showcase Gigチーム一同、全力でこの事態に取り組んでまいります。

■代表メッセージ
日本だけでなく、世界中の飲食店がCOVID-19による脅威にさらされ、過去数十年にわたって継続してきたモデルを失い、また転換することを余儀なくされています。ことに、イートイン/フルサービス型のレストランでは「対人接客」自体が難しくなっており、テイクアウト・デリバリーのみに絞ったサービス提供を行うケースも少なくありません。
そんな中で、世界でも最初期から当社が取り組んできたモバイルオーダーサービスは、レジレスなどの省人化のみならず、非接触の注文・決済行為を可能にすることから注目を集めています。すでに中国などでは、モバイルオーダーサービスを起点に、「アフターコロナ」の中で飲食店が復活を始めています。
私たちは、従来から日本の飲食体験を変え、店舗の持続可能な経営の在り方を描き出すことを目指してきました。今だからこそ、よりここまで磨き上げてきたテクノロジーが生きる。その想いで日本の飲食店を支え続けたいと考えています。

代表取締役CEO  新田 剛史

■モバイルオーダープラットフォーム「O:der」 https://business.oderapp.jp/
ショーケース・ギグでは、飲食店における集客・省人化、キャッシュレス化、CRMなどを支援し、店舗運営の効率化を目指すソフトウェア・パッケージです。スマートフォンや、POSレジ、デジタルサイネージなどのハードウエア端末ともAPIにより柔軟な連携が可能で、これからの店舗に欠かせない、デジタル活用による「次世代の店舗づくり」を支援します。

■Showcase Gigについて https://www.showcase-gig.com/
会社名:株式会社Showcase Gig
所在地:東京都港区北青山1-2-3 青山ビル7F
代表者:代表取締役 新田 剛史
事業内容:モバイルオーダープラットフォームの運営、OMOソリューションの提供

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ショーケースギグ >
  3. Showcase Gig、モバイルオーダーによる非接触型注文決済・受渡システム「O:der Locker(オーダー・ロッカー)」を発表