文部科学省LINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」がコンテンツ追加&「LINE Study」へのリニューアル ソーシャルデータバンクがプラットフォームを提供

SDB
ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤 俊輝)は、LINEみらい財団(LINE株式会社)が協力した文部科学省のLINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」におけるコンテンツの追加および「LINE Study」へのリニューアル化において、プラットフォームの提供を行いました。文部科学省は「子供の学び応援」を設けた目的として、新型コロナ感染症の影響を受け学習機会が減っている児童や生徒への支援を標榜しています。
  • 「LINEみらい財団」とは
一般財団法人LINEみらい財団(所在地:東京都新宿区、代表理事:奥出直人、江口清貴)は、LINE株式会社がCSR活動の一環として取り組んできた一連の教育活動における知見やノウハウをより広域的・永続的な活動とするため、2019年12月に設立されました。情報モラル教育やプログラミング教育の充実に向けた活動などに取り組んでいます。
 
  • 「LINE Study」とは
「LINE Study」はLINEみらい財団が運営する、“いつでも、どこでも、学べる”をコンセプトとした、オンライン学習サービスです。オンライン学習サービスを提供している複数企業・団体のLINE公式アカウントを「LINE Study」として認定し、AI技術などを活用した先進的なオンライン学習コンテンツの開発などに向け取り組んでいます。
 
  • 「文部科学省 子供の学び応援」が「LINE Study」に追加
そしてこの度、文部科学省のLINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」(2020年4月開設)に学習コンテンツが加えられたことで、LINEを使った学習アカウントである「LINE Study」に追加されました。今回追加されたコンテンツは、算数・数学の学習動画約500本と、全国学力・学習状況調査の過去問。これらはすべて無償で利用することができます。

「子供の学び応援」利用画面「子供の学び応援」利用画面

  • 追加コンテンツ
●全国学力・学習調査(令和元年度)の問題、回答、解説
●小中学生・高校生向けの算数・数学の学習動画505本

《動画の対象内訳》
小学生対象72本(京都教育大学 提供)
中学生対象115本(京都教育大学 提供)
高校生対象318本(公益財団法人日本数学検定協会 提供)
 
  • 「文部科学省 子供の学び応援」利用方法について
文部科学省LINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」は以下のQRコードを読み込むか、LINE ID【@855asdfp】を入力することで友だち追加が可能です。なお本サービスは無料で利用することができます。

   ​↓ 

 
  • ソーシャルデータバンク株式会社について
LINE公式アカウントの機能を拡張するクラウド型マーケティングツール「Liny(リニー)」の開発・販売を中心に、ビジネスでのLINE活用のご提案やサポートを行っている企業です。

リリースからわずか3年で導入企業数3500社を突破したLinyの活用や運用ノウハウを提供し、企業の集客や販促施策に貢献し、マーケティング関係の展示会へも出展しています。また、コロナ禍を境に、政府機関6省庁、 33都道府県、その他基礎自治体の導入なども急激に進んでおります。

またLINE株式会社が定めている「Technology Partner」や「LINE公式アカウント認定パートナー」としても認定され、ツールの改善やLINEの活用法について積極的にアドバイスを行っています。

ソーシャルデータバンク株式会社 概要
会社名 :ソーシャルデータバンク株式会社
所在地 : 〒105-0012 東京都港区芝大門2丁目3-63F
代表者 :代表取締役 伊藤 俊輝(いとう としき) 
事業内容:マーケティングツールの開発と運用
URL   : https://line-sm.com/

■【マンガ】3分でわかるLiny!
URL: https://line-sm.com/blog/manga/

■Liny活⽤ブログ
URL : https://line-sm.com/blog/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDB >
  3. 文部科学省LINE公式アカウント「文部科学省 子供の学び応援」がコンテンツ追加&「LINE Study」へのリニューアル ソーシャルデータバンクがプラットフォームを提供