プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社バイオフィリア
会社概要

フレッシュペットフードNo.1「ココグルメ」からフードロス削減に着目した新商品「ジビエ-鹿肉-&ビーツ」が販売開始

国産ジビエを使った冷凍ペットフードを2月15日(水)からブランドサイトにて販売開始します。

株式会社バイオフィリア/ココグルメ

売上(※1)・会員数(※2)など6つのNo.1(※3)を獲得しているフレッシュペットフード「CoCo Gourmet(以下:ココグルメ)」を製造・販売する株式会社バイオフィリア(所在地:東京都目黒区/代表:岩橋洸太)は、ジビエのペットフード人気の高さとジビエ活用によるフードロス削減の観点から、国産鹿肉を使用した総合栄養食基準のフレッシュペットフード「CoCo Gourmet ジビエ-鹿肉-&ビーツ」を新開発。2023年2月15日(水)からココグルメブランドサイトにて数量限定で発売開始します。

  • ジビエの利用推移と経済効果

 ※ジビエとは食材となる野生鳥獣肉のこと(農林水産省HPより) 

 ジビエ処理数、利用量は2016年度からほぼ毎年増加しており、令和3年度ジビエ利用量は前年比117.5%の2127t、ジビエ加工で得た金額は前年比112.6%の39 億3700万円という経済規模になっています。中でも利用量の増加が顕著なのがペットフードで前年比134.2%、全体の3割を占める656tとなっています。(※令和3年度全国令和3年度野生鳥獣資源利用実態調査より/農林水産省)
  

  • なぜ今ジビエのドッグフードを開発するのか

 令和3年度、農作物の鳥獣被害額は155億円(※4)であり、野生動物の捕獲が進められています。しかし大半を占めるシカ・イノシシのうち、ジビエとして流通しているのはわずか10%です(ハンターによる自家消費を除く)。フードロスの削減や資源の有効活用といったSDGsの観点、また山間部活性化の地域資源として、農林水産省は令和7年度までにジビエ利用量倍増を掲げています。 

 高タンパク低脂質な鹿肉は、ワンちゃんのダイエットに良い、アレルギーが少ない、食いつきが良いといったメリットが多く、犬の飼い主を対象に行ったアンケートで最も人気の食材となりました。
 当社では、美味しく栄養価が優れており飼い主様からの人気が高いにも関わらず新商品の特徴、大半が廃棄されてしまっている社会課題を解決し、命と資源を無駄にしないために、ジビエを使ったワンちゃんのごはんを開発いたしました。
  

  • お客様との共同開発

 新メニューは、総勢263名のココグルメユーザーコミュニティである「ごはん開発部」との共同開発です。レシピ内容の検討や試作品の開発段階からモニター、オンライン・オフライン試食会などへ参加いただき、約半年の試行錯誤を経て完成しました。
  

  • 新商品の特徴

 鹿肉は、社内で品質確認を行った食品レベルの高品質の鹿もも肉を使用。その他の野菜、お肉も全て厳選された国産食材です。体重が気になる子にもオススメの低脂質な鹿肉をメインに、栄養価が高く抗酸化作用のある「ベタシアニン」を含むビーツを使用することで、必要な栄養を摂りつつ健康的な体の維持をサポートします。シニア犬や健康的に体重管理をしたいわんちゃんにおすすめです。さらに、鹿肉本来の美味しさや高い栄養価を最大限に活かせるよう、人向けの食品を作る食品工場で製法にこだわり調理しています。
 
 【メイン食材】
 ■鹿肉
 鹿肉は安全で鮮度の良い鹿もも肉のみを使用。高タンパク低脂質で、脂肪燃焼をサポートするカルニチンやビタミン類・葉酸・亜鉛など免疫力維持に役立つ必須栄養素を豊富に含みます。
 
 ■ビーツ
 ビーツは栄養価が高く「食べる輸血」と呼ばれている野菜です。抗酸化作用があるポリフェノールや、体の代謝や健康維持に欠かせないミネラルや多数のビタミンを含みます。
 
 ■キャベツ&Wきのこ
 キャベツと舞茸、えのきたけを使用しています。キャベツには胃の健康維持に役立つビタミンU、Kが含まれており、舞茸とえのきは免疫力や腸内環境の維持に役立つ栄養素が豊富に含まれております。
  

  • 商品概要

 商品名:CoCo Gourmet ジビエ−鹿肉−&ビーツ
 価格:8袋セット4,970円 16袋セット 8,355円(税込・送料込 ) 
 初回限定価格:8袋セット4,151円 16袋セット 6,860円(税込・送料込 )
 販売開始日:2023年2月15日(水)
 
 注文、メニューの詳細は下記HPをご覧ください
 https://coco-gourmet.com/cart/campaign/gibier
 ※ジビエメニューは単品のみでの数量限定発売です。今後は定期販売に向けて取り組んでまいります。
  

  • 手作りドッグフード・ココグルメとは

フレッシュペットフード・ココグルメ公式HP:https://coco-gourmet.com/
 
 ココグルメは会員数10万人超を要するペットフードサブスクサービスであり、売上No.1(※1)、会員数No.1(※2)などの、6つのNo.1(※3)を獲得し多くの愛犬家に支持いただいています。
 ココグルメは、総合栄養食(※5)・獣医師監修のフレッシュペットフードです。従来のドライフードやウェットフードの概念に囚われず、ヒューマングレードの新鮮な国産の肉と野菜のみを使用し、食材本来の美味しさや栄養価がそのまま摂れる低温加熱調理にこだわりました。さらに、調理・配送・保管などお客様にお届けするまで全てのフェーズで食品と同等の基準で管理し、サブスクリプション方式で定期的にお家へお届けしています。
 
 ■ココグルメの特徴

  1. 動物栄養学専門のプロが監修した総合栄養食(※5)

  2. 食材から調理、お届けまですべてヒューマングレード

  3. 食材本来の香りとおいしさをそのまま冷凍パック

  4. 必要な時に必要な分だけをサブスクリプションでご自宅へお届け

  5. 購入検討中の方も愛犬の食事の相談ができる無料獣医師相談サービス


 ※1 主食のフレッシュペットフード業界における2021年度売上高(2022年8月/TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ)
 ※2 主食のフレッシュペットフード業界における会員数(2022年2月/TPCマーケティングリサーチ株式会社調べ)
 ※3 Webアクセス数(Webサイトの月間ユニークユーザー数/期間:2022年6月〜2022年8月 / SimilarWeb)、初めてのフレッシュフードに選びたい商品、愛犬の健康のために与えたいフレッシュフード、愛犬に与えたいフレッシュフードにおいてNo.1獲得/全国の犬の飼い主361名へのインターネット調査/期間:2022年1月12日〜20日 / 外部のアンケートサービス<Fastask>で自社調査
 ※4 令和4年12月2日発表/農林水産省
 ※5 AAFCO基準を採用。一部メニューは総合栄養食基準に準拠(分析試験中)
 
 ■会社概要
 会社名:株式会社バイオフィリア
 所在地:東京都目黒区中目黒3-5-5 NFビル6F
 代表:岩橋洸太 資本金:90,000,000円
 事業内容:フレッシュペットフード「ココグルメ」「ミャオグルメ」の製造及び販売、ペット用フォトアルバムアプリ「ぺっとる」の運営などのペット事業

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
位置情報
東京都目黒区本社・支社
関連リンク
https://coco-gourmet.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社バイオフィリア

16フォロワー

RSS
URL
https://biophilia.co.jp
業種
製造業
本社所在地
東京都目黒区中目黒3丁目5−5 NFビル6階
電話番号
03-5422-3057
代表者名
岩橋洸太
上場
未上場
資本金
9000万円
設立
2017年08月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード