「Webサイト運用業務診断サービス」提供開始

~安定した品質と効率的な運用で、コロナ禍のサイト効果の最大化を支援~

​デジタル時代の企業のマーケティング活動を支援するネットイヤーグループ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石黒不二代、以下:ネットイヤーグループ)は、目まぐるしく変化するデジタル環境での適切なWebマネジメントを実現する「Webサイト運用業務診断サービス」の提供を開始します。
新型コロナウィルス感染拡大によってデジタル化が加速的に進み、Webサイトを取り巻く環境は急激かつ急速に変化しています。業務が拡大・多様化するなか、Webサイトを運用する担当部門にとって、サイトの品質向上や効率的な運用を行うためには、Webマネジメント業務の改善が喫緊の課題となっています。
本サービスでは、これまで数多くのWebサイトの戦略立案から構築、制作、運用を行ってきた当社のノウハウを活かし、簡易的なサイト運用調査から調査レポートを作成し、調査結果に基づいた効率的かつ品質改善を促進するサイト運用とWebマネジメント業務をご提案します。また、ご要望に応じてリニューアル、マーケティングを目的としたシステム開発を提供するなど、新しい体験価値の創造を目指します。

ネットイヤーグループは、DXそしてデジタルマーケティングの推進を通じて企業のビジネス成長およびより良い社会創りに今後とも貢献して参ります。

■本サービスの提供価値
診断は現状の運用マニュアル、ドキュメントの確認およびヒアリングが中心となります。調査後、調査レポート、課題一覧をご提示し改善すべきポイントをクリアにしていきます。

安定した品質
公開障害、公開遅延、ケアレスミスなどを軽減させ、安定した品質のウェブサイトへ

運用業務フロー適正化
診断で浮き彫りとなった課題は、運用業務フローの適正化によって改善される範囲が多くあります。お客さまの状態、業務に合った運用ルール、業務フローを策定します。

運用業務フローの定着化&PDCA支援
新ルールや運用業務フロー定着化のための支援、また実際に新フローを実行した上でのPDCAを実行し、さらなる最適化を行います。

適正な体制のご提示
必要なスキルをもったリソースが足りない。または、対応ボリュームに対してリソースが足りず非効率となっていたケースも多々あります。そのため対応内容、ボリュームに応じた体制、リソースの提案も行います。

スキルトランスファー
リソースはあるが、スキルが足りない。社内で対応できるようにしたい場合、スキルトランスファーをご提案します。

【ネットイヤーグループ株式会社(東証マザーズ:証券コード 3622)】
「ビジネスの未来をデジタルで創る。ビジネスの未来をユーザーと創る。~ユーザーエクスペリエン スからすべてが始まる。~」をグループミッションとして、デジタル時代のマーケティングに関する コンサルティング、デジタルコンテンツの企画制作、システム開発、マーケティングツールの企画販売などを通じ、企業経営の進化とエンドユーザーとのエンゲージメント強化のご支援をしています。 企業サイト https://www.netyear.net/

【本件に関するお問合せ先】
ネットイヤーグループ株式会社
広報:長岡、佐野
TEL:03-6369-0500
MAIL:pr@netyear.net
  1. プレスリリース >
  2. ネットイヤーグループ株式会社 >
  3. 「Webサイト運用業務診断サービス」提供開始