Hmcomm、エレコム株式会社サポートセンターへ音声認識AIソリューションVContactを導入開始

~AI活用によるコールセンターの業務効率化を目指す~

音から価値の提供を目指す、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:石村 和彦、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司 http://www.hmcom.co.jp 、以下 Hmcomm)は、エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田 順治 https://www.elecom.co.jp/、以下エレコム)へ、当社のAI音声認識コンタクトセンターシステム「VContact」のPoCを開始したことを発表致します。

 


エレコムでは、自社製品の問い合わせ・サポートの電話窓口を設けていますが、オペレーターが対応完了後に対応履歴作成及び対応履歴検索に時間を要していることに課題を感じておりました。
そこで、音声自動テキスト化による対応履歴作成システムの導入により業務効率化を検討していました。今回Hmcommはこれらの課題を解決すべく、AIを搭載したVContactによって音声認識・自動要約をすることによってオペレーターによる対応履歴の入力を補助し、タイピングが苦手な方々の支援をいたします。また、今後はコロナウイルスによるコールセンターの在宅勤務での活用も目指します。


■「VContact」
Hmcomm AI音声認識・自然言語処理システム“VContact”(コールセンター向けプロダクト)は、顧客の音声をリアルタイムに認識しながら、オペレーターとカスタマーの話者をそれぞれテキスト化してモニターに表示しながらFAQ自動表示、会話終了後に自動要約やFAQの自動作成を行います。これにより、オペレーター業務の飛躍的な生産性向上を図ることができます。また、ユーザー自身で音声認識率を向上させることが可能な自動学習機能を提供しており、運用コストを抑えることも可能となります。
※製品サイト: https://hmcom.co.jp/vcontact/

【Hmcomm株式会社について】
●会社名 : Hmcomm株式会社
●URL  : http://www.hmcom.co.jp
●設立日 : 2012年7月24日
●所在地 : 本社     東京都港区芝大門2-11-1 富士ビル2階
       熊本AIラボ 熊本県熊本市中央区水道町7-16 富士水道町ビル2階
●事業内容: 産総研発のベンチャー企業として産総研独自の音声処理技術を基盤とした要素技術の研究/開発、
       ソリューション/サービスの提供を行っております。
       音声処理プラットフォーム「The Voice」と異音検知プラットフォーム「FAST-D」を基盤とし
      「音から価値を創出し革新的サービスを提供することにより社会に貢献する」を理念としています。

●関連取得特許
特許4604178「音声認識装置及び方法ならびにプログラム」
特許4997601「音声データ検索用WEBサイトシステム」
特許5366169「音声認識システム及び音声認識システム用プログラム」

【国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)について】
日本最大級の公的研究機関として日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化するための「橋渡し」機能に注力する研究所。全国10か所の研究拠点で約2,000名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略等に基づき、イノベーション・ナショナルシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。

【本件に関するお問い合わせ先】
Hmcomm株式会社 営業統括部
TEL:03-6550-9830 FAX:03-6550-9831
E-mail:Sales_Management@hmcom.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. Hmcomm株式会社 >
  3. Hmcomm、エレコム株式会社サポートセンターへ音声認識AIソリューションVContactを導入開始