YEデジタルの倉庫自動化システム、アイオイ・システムと連携

SAS(シャッターアソートシステム)と連携し物流倉庫の作業効率と品質を向上

MMLogiStation(WES)と小口仕分けシステムのSASを連携することで、物流現場の作業効率や作業品質向上を支援します。
https://www.ye-digital.com/
DXによる新たな社会づくりを推進している株式会社YE DIGITAL(※1、以下 YEデジタル)とデジタルピッキングシステム国内最大手の株式会社アイオイ・システム(※2、以下 アイオイ・システム)は、この度、物流倉庫内のオペレーション全体の最適化を支援する倉庫自動化システム「MMLogiStation」と小口仕分けシステムのSAS(シャッターアソートシステム)を連携することで、物流現場の作業効率や作業品質向上に向けたパートナーとして取り組むことに合意いたしました。
 
  • ポイント:今回の連携でできること
MMLogiStationSAS連携するで、仕分けやその前工程の保管設備仕分け後搬送までシームレスに連携でき、物流倉庫全体の作業効率・作業品質向上が可能に!

 

SAS(シャッターアソートシステム) 提供:アイオイ・システムSAS(シャッターアソートシステム) 提供:アイオイ・システム


①アイオイ・システムのSASを「MMLogiStation」のプラグインでスピーディーにお客様の倉庫に導入し、仕分けミスを限りなく“ゼロ”に。

②仕分け前工程のAGV棚搬送システムやパケット型保管設備等のGTP(※3)システムとSASが連携することで、ピッキングと仕分け作業を同時に実現でき作業効率化。

③仕分け後の搬送工程で動く他社製のAGVやAMRを連動することで梱包場への搬送を自動化。仕分け後の
オリコンIDや荷物の情報も「MMLogiStation」が管理しており、梱包工程で活用可能。


YEデジタルは引き続き高効率な自動化設備との連携準備を行っており、倉庫内の自動化・効率化の促進をサポートいたします。
さらに今後、協業パートナーを広く募り、メーカーを問わずに「MMLogiStation」とシームレスに連携可能な自動化設備も含めて倉庫全体の自動化・効率化を推進してまいります。


※1 株式会社YE DIGITAL:本社 北九州市小倉北区 代表取締役社長:玉井裕治
※2 株式会社アイオイ・システム:本社 東京都大田区 代表取締役社長:多田潔
※3 物流センターにおいて荷物をピッキングする作業者の場所や棚入れする場所までロボットが運び、作業者が定位置でピッキングする作業方法。



(参考) 
  • 倉庫自動化システム「MMLogiStation」とは
倉庫⾃動化システム「MMLogiStation」とは、⾃動化設備の導⼊をスピーディーに実現し、かつ、倉庫内のオペレーション全体の最適化を可能にするWES(倉庫実⾏システム)です。

◆システム構成イメージ

 

MMLogiStationシステム構成図MMLogiStationシステム構成図


主要な自動化設備の追加はプラグインで簡単・スピーディ
メーカーを問わず主要な自動化設備の連携用の作業パーツを、「作業オペレーションデザイナー」上で使用できるプラグインとして提供します。※1

倉庫内すべてのオペレーションを管理・制御
作業オペレーションを細かい作業パーツとして提供。「作業オペレーションデザイナー」上でこれらの作業パーツを並べることで、業務手順の確認を行うと同時に、自動化設備や機器を用いた人の作業といったすべてのオペレーションを管理・制御可能なWESシステムを生成します。※2※3 

ダッシュボードで物流KPIを可視化
自動化設備と人の作業を合わせた稼働データを収集し、人時生産性等の倉庫全体の生産性を可視化します。

YEデジタルが運営するITカスタマサービスセンター「Smart Service AQUA」を窓口にワンストップでお客様の運用を支援することで安心して導入することができます。

 


倉庫内の各作業工程における自動化を促進 ~連携自動化設備ラインアップ(予定)

MMLogiStation自動化設備ラインアップ(連携予定)MMLogiStation自動化設備ラインアップ(連携予定)


※1 自動化設備メーカーとの協業により、WCSをラインアップいたします。ご利用には別途年間メンテナンスサービスへの加入が必要となります。
※2 作業フローの制作および変更は当社が実施します。お客様からヒアリングした作業オペレーションに基づいて、当社が作業フローを作成し、WESシステム生成・導入します。 
※3 作業フローは当社独自の物流業務に関する作業モデル(特許取得)に基づいて定義します。

※ 記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

(会社概要)
<商号> 株式会社YE DIGITAL (YE DIGITAL Corporation)
<設立> 
1978年2月1日
<代表者> 代表取締役社長 玉井裕治
<本社所在地>福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号 APエルテージ米町ビル
<事業内容>
・ビジネスソリューション

  ‐ ERPグローバル展開支援
  ‐ 顧客業務システム導入
  ‐ 健康保険システムの構築
  ‐ システムコンサルティング
・  IoTソリューション
  ‐ ソーシャルIoT
  ‐ AI・ビッグデータ分析
・  サービスビジネス
  ‐ 運用支援
  ‐ アフターコンサル
<沿革>
・1978 安川情報システム(株)創立
・2003 東証2部上場
・2019 社名を(株)YE DIGITALに変更
・2020 本社を北九州市小倉北区に移転
<企業ホームページ>
https://www.ye-digital.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. YEデジタル >
  3. YEデジタルの倉庫自動化システム、アイオイ・システムと連携