レブコム、経済産業省「J-Startup企業」として選定

株式会社RevComm(レブコム、本社:東京都渋谷区、代表取締役:會田武史、以下RevComm)は、経済産業省が推進するスタートアップ企業の育成支援プログラムであるJ-Startupプログラムにおいて「J-Startup企業」として選定されました。


J-Startupプログラムとは、経済産業省が推進する、”世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供する”スタートアップ企業の育成支援プログラムです。トップベンチャーキャピタリスト、アクセラレーター、大企業のイノベーション担当などが日本のスタートアップ企業約10,000社の中から一押し企業を推薦し、外部審査委員会が推薦内容に基づき審査を行い、「J-Startup企業」が選定されます。

J-Startupプログラムでは、企業を支援するコミュニティを構築し、民間支援機関・NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)・JETRO(独立行政法人日本貿易振興機構)・経済産業省による事務局が中心となり、「J-Startup企業」とサポーター、政府機関を結びつけ、タイムリーかつスピーディな支援を実施します。また、JETROグローバルアクセラレーション・ハブ、Startupツアーなどを利用し、「J-Startup企業」の海外展開に向けた支援も実施します。

このたびの選定を機に、RevCommは民間支援機関や政府機関との連携などにより強化されるベンチャーエコシステムを活用しながら、事業のさらなる拡大を図り、日本代表としてグローバル展開を推進していきます。

■会社概要
「コミュニケーションを再発明し、人が人を想う社会を創る」という理念のもと、音声技術とAIにより、コミュニケーション課題を解決する企業です。

音声解析AI電話「MiiTel」は、インサイドセールス市場を中心に、営業やコールセンター業務におけるトークの可視化とセルフコーチング、リモートワーク体制構築にご活用いただいています。また、オンライン商談ツール「MiiTel Live」は、複数人でのオンライン商談の解析や振り返りが可能となり、営業の成約率を飛躍させます。

これまで、Google for Startups Acceleratorの採択をはじめ、B-Dash CampやTechCrunchによる様々な大会で優勝、入賞しているほか、Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング 2021」、週刊東洋経済「すごいベンチャー100」にも選出されています。
・企業名  :株式会社RevComm
・所在地   : 150-0002東京都渋谷区渋谷1-3-9 ヒューリック渋谷一丁目ビル7階
・代表者   : 會田 武史
・事業内容 :AI × 音声のソフトウェア・データベースの開発
・企業サイト:https://www.revcomm.co.jp/
本文中に記載されている会社名、製品名は、当社の登録商標または商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)レブコム/MiiTel >
  3. レブコム、経済産業省「J-Startup企業」として選定