AIチャットボット「Bebot」、羽田空港にてアクセシビリティ対応の多言語案内サービスの実証実験を開始

「アクセシビリティ対応型」AIチャットボットで、外国人旅行者・高齢者・視覚障がい者への応対サービスを拡充。SDGsが提唱する『誰一人取り残さない』社会の実現を目指します。

株式会社ビースポーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:綱川明美)と、東京国際空港ターミナル株式会社(TIAT)は、羽田空港 第三ターミナルをご利用されるお客様に、AI(人工知能)チャットボット「Bebot」による、24時間365日自動応答サービスの実証実験を2023年01月17日より開始いたします。

3,000万人以上が利用したチャット履歴をもとに開発している自然言語処理エンジンを搭載し、高い回答精度を誇る「Bebot」が、空港内の施設案内やフライト情報を含む、旅行者が必要とする情報提供を、わかりやすく自然な会話で応対いたします。尚、本サービスは外国人旅行者・高齢者・視覚障がい者へ配慮した仕様となっております。

■ 背景:アクセシビリティ対応への需要
羽田空港は、「必要な情報が探せない」「窓口が混んでいる」「小さな文字がよみにくい」「日本語が読めない」など、場所柄、様々なアクセシビリティニーズを有するお客様が利用されます。そこで、国籍や年齢を問わず、それぞれの立場に寄り添うことのできる「Bebot」をご提供させていただくこととなりました。特に配慮した点は以下です。

1)チャット内でのスクリーンリーダーによる読み上げが可能 
2)利用者のフォントサイズの設定に合わせた、目に優しいフォント表示
3)各言語のネイティブライターによるわかりやすい情報提供

■ AIチャットボット「Bebot」のサービス

正確さと迅速さが求められる自治体など公共機関や交通機関を中心に、国内外の様々な組織で導入いただいております。行政機関においては、オンライン市役所、手続きの案内、危機管理、災害対応、観光案内や住民の声の収集など幅広い範囲で活用されています。膨大なチャットデータをもとに今現在も改善が続けられ、他社チャットボットと比べ、口語体や長い文章での自由入力がされた場合でも的確な回答を返すことが可能です。

パソコン、スマートフォン、タブレット端末等、各デバイスに応じた最適な状態で表示。多言語の対応にも強いのが特徴で、羽田空港では日本語の他に英語、中国語、韓国語での情報提供を行っています。

実施期間:2023年01月17日〜2023年3月31日(予定)
提供時間:24時間365日(運用・補修は利便性向上のため常時、実施予定)
対応言語:日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語
アクセス方法:
1. QRコードを記載した掲示物を空港内外に設置
2. 空港内の無料Wi-Fiに接続完了後、自動でチャットが起動(リダイレクト)

■ 今後の展開

ご利用のお客様の利便性向上と共に空港職員皆様の負担軽減を図り、各ご依頼内容に関する返答や現時点では即答できない質問についても応対可能となるよう、継続的にバージョンアップを図っていきます。

■「Bebot」導入実績

国内: 日本政府観光局(JNTO)、成田国際空港、東京駅、東京メトロ、富山県、三重県、山梨県、札幌市、仙台市、三菱地所プロパティマネジメント、ホテルニューオータニなど
海外: ウィーン国際空港、タンパ国際空港、スターアライアンスなど

■会社概要
会社名: 株式会社ビースポーク
代表者: 代表取締役 綱川明美
所在地: 東京都渋谷区渋谷2−21−1 渋谷ヒカリエ8F
設立:  2015年10月
事業内容: DXソリューション「Bebot」の開発・運用
URL:   https://www.be-spoke.io/jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ビースポーク >
  3. AIチャットボット「Bebot」、羽田空港にてアクセシビリティ対応の多言語案内サービスの実証実験を開始