博報堂の“生活者データ・ドリブン”マーケティングのパンフレットを公開。

博報堂はこれまで、個々の人々を単なる消費者としてではなく、生活する主体としてまるごと捉え、その欲求や価値観を読み解く「生活者発想」をビジネス展開の核としてきました。デジタル化の進展により入手可能になった「リアルタイム×365日の生活者の情報行動・購買行動のデータ」を活用し、行動デザイン、顧客育成まで踏み込んだ、最適解のエグゼキューションを提供する、博報堂の“生活者データ・ドリブン”マーケティングの特徴をご紹介しています。

博報堂コンサラクションは、イノベーション、デジタル、グローバルなど、多様化、複雑化するマーケティング課題に対して、博報堂独自の生活者発想をベースとした、統合マーケティング・マネジメントソリューションをご紹介しています。

この度、ビッグデータを活用し、企業のマーケティングを統合的に進化させるための、「“生活者データ・ドリブン”マーケティング」の特徴を紹介する資料を公開しました。

 ▼詳細はコチラ▼

http://consulaction.hakuhodo.co.jp/theme/theme01/?utm_source=prtimes&utm_medium=prtimes&utm_content=theme01&utm_campaign=Pth1

*資料ダウンロードには、博報堂Consulactionへの会員登録(無料)が必要です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂 >
  3. 博報堂の“生活者データ・ドリブン”マーケティングのパンフレットを公開。