MAMORIOが横浜市営地下鉄・市営バスと共同でIoTを活用した「お忘れ物自動通知サービス」を正式導入

〜MAMORIO Spot設置駅・営業所を大幅に拡大し、横浜市営バスの全路線に対応〜

 MAMORIO株式会社(代表取締役:増木大己、以下:MAMORIO社)は、横浜市交通局と共同で実施している、MAMORIO社が提供する紛失防止タグ「MAMORIO」及び専用IoT Gateway「MAMORIO Spot」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を正式導入します。
 両社は2018年2月1日から2018年4月30日まで2箇所に「MAMORIO Spot」を設置する実証実験を実施して参りました。この度、運用上の問題が無いことが確認できたことから設置駅・路線を大幅に拡大した上で正式に導入を行います。
 両社はMAMORIO Spotを設置する箇所を横浜市営地下鉄9駅、横浜市営バス10営業所に拡大することで、より多くのお客様に紛失に対する安心をご提供することを目指します。
 



お忘れ物自動通知サービスについて

 1 サービス概要
 お客さまが「MAMORIO」を購入し、所持品(鍵・財布等)に取り付けるとともに、専用
アプリ「MAMORIO」をスマートフォンにインストールし、登録することで利用できます。
お客さまが「MAMORIO」を取り付けた所持品を紛失した際、そのお忘れ物がMAMORIO Spotが設置された駅に届けられ、「MAMORIO Spot」によって電波が検知されると、「MAMORIO」の位置情報を受信し、位置情報を自動的にお客さまのスマートフォンへ通知します。
また、本サービスは既に首都圏の鉄道各社や商業施設でも導入を行っており、横浜市交通局以外の「MAMORIO Spot」にお忘れ物が届けられた場合でも、その位置情報が通知されます。

紛失時に、お客さま自身で「クラウドトラッキング」機能をONにする必要があります。

 2 運用概要
(1)運用開始日 
 2018年 5月中旬~6月上旬にかけて順次運用開始

(2)場所(MAMORIO Spot設置場所)

■MAMORIOについて
 MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを活用した非常に小さなタグを「大切なモノ」に付けるだけで、スマートフォンと連係して紛失を防ぐ製品です。
 万が一の置き忘れ時には、スマートフォンに置き忘れた場所と時間をお知らせします。MAMORIOを「いつ、どこで」落としたのかがわかることから捜索範囲を大きく減らすことができます。
 また、「クラウドトラッキング機能(特許取得済)」を利用することで、全国のMAMORIOユーザーと協力して自分のものを探すことが出来、発見確率を向上いたします。
 また、公共交通機関や商業施設等にMAMORIO Spotを設置することで、お忘れ物がお忘れ物センターなどに届けられた際に自動的にお知らせするサービスの展開や、プロの手による捜索支援サービスや紛失時の保証が受けられる「あんしんプラン(有償オプション)」の提供など、様々なシーンでの紛失の不安を減らし、「なくすを、なくす。」を実現します。

■MAMORIOについて(MAMS-001シリーズの場合)

(1)通信方法::Bluetooth4.0(Bluetooth Low Energy)
(2)サイズ:縦35.5mm×横19mm×厚さ2.8mm
(3)重さ:2.4g
(4)有効距離:約60m
(5)電池タイプ:リチウム電池
(6)電池寿命:約1年間(ご利用状況によって変化する可能性がございます。)

MAMORIO株式会社について】
会社名 MAMORIO株式会社
代表者 代表取締役 増木 大己
設立 2012年7月
本社所在地 〒101-0021東京都千代田区外神田3-3-5ヨシヰビル5F
事業内容 ポータルサイト「落し物ドットコム」の運営、落し物防止タグ「MAMORIO」の開発
コーポレートサイトURL https://mamorio.jp/

<本件に関するお問合せ>
MAMORIO株式会社 泉水亮介
Tel 03-6479-0714
E-mail pr@mamorio.jp
公式ウェブサイト https://mamorio.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MAMORIO株式会社 >
  3. MAMORIOが横浜市営地下鉄・市営バスと共同でIoTを活用した「お忘れ物自動通知サービス」を正式導入