日本はキャッシュレス化の後進国!?社会人の53%はスマホ決済アプリの登録さえしてないと回答!現金にこだわる理由とは?

ベースメントアップス株式会社が「スマホ決済についての調査」を実施しました。

【調査概要:仕事に関する意識調査】
■調査日   :2019年11月14日 〜2019年11月21日
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :174名
■調査対象 :社会人 
ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「スマホ決済の利用者数」について調査しました。

経済産業省は、「キャッシュレス・ビジョン」という目標をかかげ、日本のスマホ決済率を引き上げようとしています。具体的な施策としては、コンビニなどでスマホで決済した場合は、消費税増税分を還元するなどして、キャッシュレス化を推し進めています。

キャッシュレスにすることによって、偽札が出回らなくなること、販売のオートメーション化が進むと言われています。

しかし、世界的にみると、日本はキャッシュレス後進国と言われています。日本以外の先進国は軒並みキャッシュレス率が40%〜60%なのに対し、日本はそれよりも低いと言われています。その要因として、日本人は現金主義の人がいまだに多いことが挙げられます。

それでは、現在スマホ決済を利用している人はどのくらいいるのでしょうか?

そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「スマホ決済アプリを利用していますか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。

【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com/articles/583
社会人を対象に、「スマホ決済アプリを利用していますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

登録さえしていない:53%
登録しているが利用していない:13%
週に1度は利用している:19%
毎日利用している:15%

 
  • 登録さえしていない:53%

登録さえしていない人は、全体の53%でした。この結果からも、日本はキャッシュレス化が遅れていることがわかります。日本人は世界的みても、現金主義の人が多いです。その理由は、現金の方が安全であると考えているからです。
 
  • 登録しているが利用していない:13%

登録しているが利用していないと回答した人は、全体の13%でした。スマホ決済アプリをダウンロードしてから、一度も使っていない人も少なくありません。その理由は、「個人情報が盗まれないか不安」「使い方が分からない」などが多いです。
 
  • 週に1度は利用している:19%

週に1度は利用していると回答した人は、全体の19%でした。中には、現金の方がスマホ決済よりも利用する優先順位が高い人もいます。そのような人は、現金を持ち合わせていなかった時にスマホ決済を利用します。もしくは、キャンペーンで会計の数%がキャッシュバックする時だけ利用する人もいます。
 
  • 毎日利用している:15%

毎日利用していると回答した人は、全体の15%でした。毎日利用している人は、スマホ決済の利便性を理解しているのではないかと思います。例えば、スマホ決済にすると小銭を出す時間が無くなります。また、国がキャッシュレスを推し進めていることもあり、スマホ決済の方がお得に買物できることが多いです。

下記記事では、「現金払いは損をするのか」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。
https://taisyokuagent.com/articles/583
 
  • 関連サイト


■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo
■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact
https://taisyokuagent.com
https://kagoshimahighball.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. べースメントアップス株式会社 >
  3. 日本はキャッシュレス化の後進国!?社会人の53%はスマホ決済アプリの登録さえしてないと回答!現金にこだわる理由とは?