アカリク、文科省が推進する博⼠課程学⽣へ向けた産学連携の「ジョブ型研究インターンシップ」事務局として運営開始

 技術者・研究者のキャリア支援に特化した事業を15年にわたって続けている株式会社アカリク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田諒、以下 アカリク)は、文部科学省が推進する、博⼠課程学⽣へ向けた産学連携の「ジョブ型研究インターンシップ(先行的・試行的取組)」の事務局(マッチング支援機関)として始動いたしますので、お知らせいたします。

  • 目的
 この度、大学院教育の一環として行われる長期間かつ有給の研究インターンシップの普及により、Society5.0に相応しい雇用の在り方と高等教育が提供する学びのマッチングを図ることを目的とし、45企業、45大学により設立された「ジョブ型研究インターンシップ推進協議会」において、大学・学生・企業それぞれを総合的にサポートする事務局(マッチング支援機関)としてアカリクが参画いたします。

(参考|「ジョブ型研究インターンシップ推進協議会」 https://coopj-intern.com

 日本企業における博士号取得者の採用率は依然低い状態が続いており、博士号取得者ならびに未来の博士号取得者である大学院生の持つポテンシャルを理解する企業は少数派であると言えます。「ジョブ型研究インターンシップ」は、これまで大学院生との接点がなかった企業に対し、大学院生の持つ基礎能力をご体感いただくことを目的としています。また、大学院生においては、これまで自身の研究内容と企業の事業内容の差異を過大評価し、敬遠していた民間企業に対する認識を新たにしていただき、活躍の可能性を実感していただく機会を創出できると期待しています。
 
  • 「ジョブ型研究インターンシップ」におけるアカリクの役割
(1)大学、学生、企業それぞれを総合的にサポートする「事務局」
・運用マニュアルの提供、専用の相談窓口を設置
・大学向け|必要な様式の提供、学生向け説明会の運営 
・学生向け|インターン応募への助言
・企業向け|業務内容・ジョブディスクリプション作成相談 

(2)ジョブ型研究インターンシップ専用のシステムを開発・運営 
・エージェントからの助言
・企業からのスカウト
・レコメンド機能 など、複数手段でのマッチング支援を実現

 
  • 「ジョブ型研究インターンシップ」開始に伴うコメント

<アカリク|代表取締役 山田諒>
 「ジョブ型研究インターンシップ」の事務局を務められますこと、嬉しく思っています。企業様には、大学院生がもつ優れた基礎能力をご体感いただける素晴らしい機会となると確信しております。また、大学院生の皆様にとっても、本インターンシップを経て、企業内で活躍できることをご体験いただくことで、博士課程修了後のキャリアパスの不安を解消し得ると考えています。大学院生の皆様が、ご自身の活躍のフィールドを広げていただく機会となるよう尽力いたします。
 
  • アカリクについて
 アカリクは「知恵の流通の最適化」というコーポレートミッションのもと、大学院生や研究者の方々のキャリア支援を行っています。高度研究機関である大学院・その他研究機関において日々産み出される「知恵」を広く社会・産業界につなぐことで価値を創出し、「知恵の流通」の最適化に貢献していくことを目指しています。研究に関わる事業を多方面で展開することで、日本の研究レベルが上がり、大学院生のキャリア選択肢が増え、さらには研究者を目指す人が増えることで優秀な研究者が増え、世の中の企業活動が活発化し、ユニークなサービスがたくさん産み出されていく…そんな世界のプラットフォームになることを目指しています。

会社名:株式会社アカリク(https://acaric.co.jp/
創業 :2006年11月
代表者:代表取締役 山田諒
所在地:東京都渋谷区渋谷2-1-5 青山第一田中ビル2階
資本金:1億1500万円
事業 :大学院生・ポスドク向け就活情報サイト「アカリク」の運営、研究分野・業種・職種別イベントの企画開催、大学等でのキャリアセミナーの実施、新卒大学院生・若手研究者・大学院出身者の人材紹介、オンラインLaTeXエディター「Cloud LaTeX」の運営など。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アカリク >
  3. アカリク、文科省が推進する博⼠課程学⽣へ向けた産学連携の「ジョブ型研究インターンシップ」事務局として運営開始