YEデジタルの「モビリティサイネージクラウド」北九州市立医療センターなどで実証開始!

【交通×医療】病院の待合スペースで安心してバスが待てる環境を。

北九州市立医療センターと北九州市立八幡病院の2か所で、 YEデジタルのモビリティサイネージクラウド「MMvision」に西鉄バス北九州の交通情報を表示する実証実験を2022年10月17日(月)より開始します。
地方独立行政法人北九州市立病院機構
西鉄バス北九州株式会社
株式会社YE DIGITAL

株式会社YE DIGITAL(※1、以下 YEデジタル)は、地方独立行政法人北九州市立病院機構(※2、以下 北九州市立病院機構)が運営する北九州市立医療センターと北九州市立八幡病院の2か所で、モビリティサイネージクラウド「MMvision」に西鉄バス北九州株式会社(※3、以下 西鉄バス北九州)より提供頂いた交通情報を表示する実証実験を2022年10月17日(月)より開始します。

本実証実験では、 病院の待合スペースにサイネージを設置し、最寄りバス停の時刻表や運行情報を表示。さらに、そこに病院からの情報も表示します。
 
  • 今回の実証実験のポイント

MMVision 画面イメージMMVision 画面イメージ


来院者のバス待ち環境向上と公共交通機関利用促進

病院内に居ながら運行情報がリアルタイムで分かよい環境で安心してバスが待てる。
⇒暑さや寒さ、雨風の中、長い時間、屋外でバスを待たなくてよくなる。
⇒高齢者などスマートフォンを持たない方も、最新のバスの運行情報が分かる。
バスの利便性の良さを体感することで、高齢者の免許返納を後押し。

病院情報をリアルタイムに表示し来院者へ情報提供・注意喚起

・病院からの情報に触れる機会を多く。
⇒デジタルの特性を生かし豊富な情報を順番に表示し、全ての方に分かりやすくお伝え。

※実証実験の詳細は以下をご参照ください。

病院と交通機関は皆さまにとって重要なライフラインです。病院の待合スペースで安心してバスが待てる環境で、さらに病院からの豊富な情報に触れながら、バスの利便性の良さを体感頂けるよう、本実証実験を進めてまいります。

※1 株式会社YE DIGITAL:本社 北九州市小倉北区 代表取締役社長:玉井裕治
※2 地方独立行政法人北九州市立病院機構:本部 北九州市小倉北区 理事長:中西洋一
※3 西鉄バス北九州株式会社:本社 北九州小倉北区 代表取締役社長:安田堅太郎


(別紙)
  • 北九州市立医療センターなどで実施するモビリティサイネージクラウド「MMvision実証実験概要

■期間
 2022年10月17日~約半年間

 


今回の実証実験の設置場所
  • 北九州市立医療センター (北九州市小倉北区馬借2丁目1-1)…病院内の待合スペース
  • 北九州市立八幡病院(北九州市八幡東区尾倉2丁目6-2) …病院内の待合スペース

設置されるMMVision イメージ設置されるMMVision イメージ


使用するサービス:モビリティサイネージクラウド「MMvision
サイネージ本体:屋外・屋内対応32インチデジタルサイネージ(キャスター付き)

モビリティサイネージクラウド「MMvision」とは、交通情報(最寄り駅やバス停の時刻表や運行情報)の配信に加え、広告やお知らせ等を配信するデジタルサイネージ配信プラットフォームです。

交通情報を交通結節点や商業施設、オフィスビル等に表示することで、施設ご利用者様への公共交通利用促進に繋がります。またIoT技術により情報配信先であるデジタルサイネージの稼働状況監視や、システム更新等は遠隔操作で出来ることから、サイネージのメンテナンスにかかる負担の軽減も可能となります。

公共交通機関利用促進・豊富な情報提供に向けた検証

高齢化が進む中、地域住民の移動環境のサポートも重要視されています。
生活動線上、エッセンシャルサービスと公共交通は繋がっており、「ヒト」「サービス」と移動の一体的な運用をすることで、地域住民の快適な暮らしをサポートすることが必要です。
本実証実験では、“交通情報” と “医療現場” を繋ぎ、病院を利用される方(特に高齢者)への利便性の向上、移動サポート、バス待ち環境の向上に寄与できるか検証を行います。

3者は、このような向上の取り組みが、高齢者の免許返納の後押しにもつながればと考えております。

●設置する「MMvision」にアンケートフォームへつながるQRコードを表示し、来院者の方に利便性について回答をいただきます。


※ QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※ 記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


(会社概要)
<商号> 株式会社YE DIGITAL (YE DIGITAL Corporation)
<設立> 
1978年2月1日
<代表者> 代表取締役社長 玉井裕治
<本社所在地>福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号 
<事業内容>
・ビジネスソリューション

  ‐ ERPグローバル展開支援
  ‐ 顧客業務システム導入
  ‐ 健康保険システムの構築
  ‐ システムコンサルティング
・  IoTソリューション
  ‐ ソーシャルIoT
  ‐ AI・ビッグデータ分析
・  サービスビジネス
  ‐ 運用支援
  ‐ アフターコンサル
<沿革>
・1978 安川情報システム(株)創立
・2003 東証2部上場
・2019 社名を(株)YE DIGITALに変更
・2020 本社を北九州市小倉北区に移転
<企業ホームページ>
https://www.ye-digital.com/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. YEデジタル >
  3. YEデジタルの「モビリティサイネージクラウド」北九州市立医療センターなどで実証開始!