旅のサブスク(TM)「HafH」の利用者と、小高パイオニアヴィレッジが東日本大震災を学習する旅企画の第2回を実施

第2回は東日本大震災・原子力災害伝承館や震災遺構の見学に加え、南相馬市の起業家や移住者と交流・ディスカッション

旅のサブスク(TM)「HafH(ハフ)」を運営する株式会社KabuK Style(本社:長崎県長崎市、代表取締役:砂田憲治、以下 KabuK Style)と、小高パイオニアヴィレッジ(運営:一般社団法人パイオニズム / 株式会社小高ワーカーズベース 代表理事:和田 智行)は、「HafH」の利用者である「HafH Community」のメンバーと共同で、「東日本大震災からの復興の現状と課題」の学習機会を提供するプロジェクトを発足し、2023年1月より現地フィールドワークを実施しています。

2023年2月18日〜19日に、2回目の現地フィールドワークを実施しました。

 

 
  • 小高パイオニアヴィレッジについて
小高パイオニアヴィレッジは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故により、2016年7月までの5年4か月もの間、居住を許されなかった地域・福島県南相馬市小高区に、2019年3月にオープンした複合施設です。

併設するコワーキングスペースでは、一度は無人となってしまった町での起業やまちづくりに取り組む地域内外の「パイオニア」たちが、日々ゼロからの創造を楽しんでいます。地域の「パイオニア」たちとの接点が自然と生まれているのが最大の特徴です。

 
  • プロジェクトの概要
<目的>
旅のサブスク(TM)「HafH」を通して、「観光」「娯楽」だけではない、新しい旅を側面を感じてもらうこと

<活動内容>
本プロジェクトは、2023年1月〜3月の3ヶ月間を通して実施されます。期間中、現地でのフィールドワークや参加者同士でのディスカッションを通して、東日本大震災への理解を深めます。

イベントの詳細・参加申込(3月分)は、こちらより承っております。
http://ptix.at/2L59tB
 
  • 2023年2月 フィールドワークの様子
原子力災害を学ぶために、東日本大震災・原子力災害伝承館を見学


東日本大震災の当時の被害の実態を学ぶために、震災遺構「浪江町立請戸小学校」を見学


南相馬市の起業家や移住者のみなさんと交流・ディスカッション


南相馬市の伝統行事である「相馬野馬追」の擬似体験

 
  • 小高パイオニアヴィレッジ・コミュニティマネージャー 野口福太郎さんよりコメント
今回は、この地域の固有の文化に触れてもらう体験が中心となりました。

千年続く相馬野馬追に根付く馬事文化には、多様な関わり方があります。実際に「学ぶ」「触れる」「話す」多様なアプローチをすることで、より皆さんに地域との深い繋がりを提供できたことを、大変嬉しく思います。

次回はぜひ、実際の行事を見に南相馬市にお越しいただきたいです!

 
  • HafH Community 参加者よりコメント
4年前に福島第一原発の視察をさせていただく機会があったのですが、それ以来福島には行けておらず、今回の企画を見ていいタイミングだと思い参加しました。

東日本大震災の被害はテレビなどで見ていましたが、今回行った伝承館や請戸小学校など自分の体験として当時の状況を知るのははじめてで、改めて被害の大きさに胸が痛みました。

交流会では起業やまちづくりをされている方とお話し、様々なチャレンジをする様子にとても刺激を受けました。普段の観光旅行とは違って学びのある旅となりとても有益な時間でした。

HafH Community メンバー・大沢さんHafH Community メンバー・大沢さん

 

 

3.11以降、いつか訪れてみたいと思っていた福島。大切な友人の出身地でもある岩手・宮城の三陸でさえ訪れたのは昨年と、10年も経ってしまいました。今回イベントの話を聞いて、絶好のチャンスだと思い参加しました。

震災の学びが個人的な目的のメインでしたが、三陸とはまた違う原発との近さゆえの苦しみや現実を知り、現場で体感することの意味を再確認しました。知っていることと実際に知ることに、大きな差があることも。

小高では地域のハブとなる場所・人に出会い、地方ならではのエネルギーを感じました。日本の各地域を訪れる中で日々日本の魅力を感じていますが、福島もまた魅力的な地域であり、そのよさがもっと広まればよいなと思います。

HafH Community メンバー・藤江さんHafH Community メンバー・藤江さん

 
  • HafH Communityと活動事例
HafH Community(通称:ハフコミュ)とは、HafH会員によって構成されるオンラインコミュニティです。2021年8月に誕生し、現在は約500名のメンバーで活動中。メンバーは不定期で募集しています。

旅を通した体験や情報の共有、旅+αで交流を楽しむ部活動を中心に、日々様々な企画を生み出しています。2022年8月からは、新たにSDGs部・コラボ部を発足させ、観光やただ自分たちが楽しむための旅ではなく、旅を通して社会や地域に貢献する仕組みを模索しています。

現在、HafH Communityでは、上記のような活動を推進するパートナー(宿泊施設・企業・自治体など)を募集しています。HafH Communityと一緒に活動を推進したい方は、以下までお問い合わせください。

https://kabuk.com/contact/
お問い合わせ内に、HafH Communityとの連携を希望される旨をご記入ください。


【HafH Communityに関する活動一例】
▶︎東京のHafH提携施設・ノーガホテル上野東京と共同で、新しい旅のあり方を発信するプロジェクトを実施
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000074.000039388.html

▶︎金沢のHafH提携施設・LINNAS Kanazawaと共同で「金沢プライドウィーク2022」公式イベントを企画・運営
https://kabuk.com/other/20220730-01

▶︎和歌山のHafH提携施設とHafH Communityが共同で「アートワーケーション」を企画・運営
https://kabuk.com/other/20221023-01


HafH(ハフ)について
「HafH(ハフ:Home away from Home)」は、サービス内で獲得できる《HafHコイン》を使って宿泊する「旅のサブスク(TM)」サービスです。観光や出張目的だけでなく「住む」「働く」「日頃の気分転換」など新しい旅のスタイルを提供しています。
2023年1月末現在、国内外で1,000以上の宿泊施設を定額で利用することができます。
https://www.hafh.com

<会社概要>
社名:株式会社 KabuK Style
代表:代表取締役 砂田憲治
創業:2019年1月8日(設立 2018年2月5日)2019年4月1日 サービス開始
資本金:24億3,700万円(2023年3月時点、資本調達額の総額)
事業内容:旅のサブスク(TM)「HafH(ハフ)」の運営、宿泊及び賃貸運営業、旅行業
URL:https://kabuk.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KabuK Style >
  3. 旅のサブスク(TM)「HafH」の利用者と、小高パイオニアヴィレッジが東日本大震災を学習する旅企画の第2回を実施