PEPがアフターコロナの業務自動化を見据え、AIアシスタントによる工数削減金額を提示するダッシュボードをリリース

2019年度は200人の組織換算で平均696万9,915円の削減実績

株式会社ギブリー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:井手 高志、以下ギブリー)が運営するAIアシスタント作成ツール『PEP』(ペップ)は、業務削減金額を可視化する機能を含め、ダッシュボードを大幅にアップデートいたしました。
あわせてサービス紹介サイトもリニューアルしております。
また2019年度(2019年4月~2020年3月)の利用企業の平均工数削減金額が200名換算で696万9,915円であったことを併せてご報告いたします。


■PEP(ペップ)について
PEPは、繁雑な業務上の問い合わせ応対を自動化し、組織内コミュニケーションの生産性向上を図るAIアシスタント(社内チャットボット)作成ツールです。
これまで社内ヘルプデスクに多大な工数/コストをかけていた間接部門側はもちろんのこと、「問い合わせへの回答を待たないとアクションが起こせない」「心理的に簡単な質問を人に聞きづらくそのままにしていた」といった社員側のコスト/工数/負担の削減にも寄与いたします。
Withコロナ、Afterコロナ時代の、テレワークを中心とした働き方改革をさらに効率化するソリューションとして、国内大手自動車メーカーから大手小売、中小ITベンチャーなど様々な業態、職種で活用されています。
サービス詳細:https://pep.work/

参考:2分でわかるPEP


■アップデートされたダッシュボードの詳細
 

1.AIアシスタントによる業務削減金額を提示
本来、人が対応していたであろう社内問い合わせ応対や、人に聞いていたであろう社内情報検索の工数を、AIアシスタントを活用したことによりどの程度削減されたのかを測定し、各社の平均年収等を換算した上で「工数削減金額」として算出します。
これにより、業務改善を推進する部門が取り組んだ成果を可視化することに寄与いたします。

2.答えられなかったものやユーザーからフィードバックがあったQ&Aを学習提案
AIアシスタント(チャットボット)が回答できなかった内容や、利用しているユーザーがからフィードバックがあったものを判定し、学習提案として管理画面で通知。管理者は提案をタスクとして処理するか否かを選択することができます。

3.タスク化されたQ&AをAIが学習サポート
管理者が学習すべきQ&Aとしてタスク化したものは、AIが最適な回答を自動で紐づけて学習をサポート。回答精度をあげることが格段にシンプルになります。

■2019年度の利用企業の平均工数削減金額は696万9,915円
PEPを利用し、社内AIアシスタントを展開している企業の2019年度の平均工数削減金額は、200名組織で換算すると696万9,915円。
社員数が1,000名以上いる企業の場合、業界や職種に関わらず3,500万円近い人件費削減に寄与しています。

■今回のアップデートの目的
これまでバックオフィスなど管理業務を主体とした部門は、営業職や技術職などに比べて成果が見えづらい職種のため、適正な評価がされづらかったと言えます。そこで社内の業務をどの程度改善したかを可視化することで、管理業務そのものへの評価の在り方を変えることを目的とし、ダッシュボードをアップデートしました。
Withコロナ、Afterコロナ時代において、経営者は事業を継続的に運営していくために、これまで以上に業務自動化を推進していくことが予測されます。PEPでは組織内の会話を分析し、工数削減に至りやすい業務を可視化することが可能です。
状況変化がおきやすい経営的意思決定を行いやするためにも、AIアシスタントによる削減効果を明確にし、多くの現場の生産性向上に寄与いたします。

■PEP利用用途のイメージ

  • 社内情報を代わりに探して提示
  • テレワーク中の業務応対を自動化
  • 総務や情シスへよくある問い合わせの一次応対
  • 様々なクラウドサービスと連携し、業務の窓口を一本化
  • 各種申請フォーマットのありかを即時に返す
等など、アイデア次第で色々なことを[自動化]することができます。

------------------------------------
■株式会社ギブリーについて
ギブリーは「すべての人に成長を」を理念に掲げ、「成長支援事業」を展開しています。主に、HR Tech事業、Conversation Tech事業、Incubation事業の3本を事業の柱としています。
https://givery.co.jp

■会社概要
社 名 :株式会社ギブリー
所在地 :東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8階
代表者 :井手 高志
設 立 :2009年4月28日
資本金 :10,000,000円
事業内容:
・HR Tech事業(track/athletics/CODEPREP)
・Conversation Tech事業(SYNALIO/PEP)
・Incubation事業(お墓探しナビ/治療家ナビ)
------------------------------------
本リリースに関するお問い合わせ
株式会社ギブリー https://givery.co.jp/
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
Tel: 03-5489-7188(サービス担当:梅川/ 広報担当:濱、鶴田) / Mail: press@givery.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ギブリー >
  3. PEPがアフターコロナの業務自動化を見据え、AIアシスタントによる工数削減金額を提示するダッシュボードをリリース