大統領の女性スキャンダルの真相に迫る!「クリントン・アフェアー ~ホワイトハウスの陰謀~」10月8日(金)よりHulu、Rakuten TV、U-NEXT で配信開始

セクハラ問題?政治抗争にはめられた?徹底調査の全て。

CS放送「ヒストリーチャンネル」を運営する、エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社(東京都港区、ゼネラルマネージャー:ジョン・フラナガン、以下「A+Eジャパン」)は、10月8日(金)より、動画配信サービスにて、世界の犯罪や未解決事件を徹底捜査する「Crime+Investigation(以下C+I)」チャンネルで「「クリントン・アフェアー ~ホワイトハウスの陰謀~」の配信を開始いたしました。第42代大統領、ビル・クリントンの不正取引から不倫まで、数々のスキャンダルの背景に徹底的に迫る、全7話シリーズです。Hulu、 RakutenTV、 U-NEXTにてご覧いただけます。

Hulu
https://www.hulu.jp/the-clinton-affair
Rakuten TV
https://tv.rakuten.co.jp/content/394014/#packid=314277
U-NEXT
https://video.unext.jp/title/SID0061405

 

 

1993年から2001年まで2期8年間にわたってアメリカ大統領を務めた、ビル・クリントン。在任中にはアメリカ経済を立て直し、医療保険制度改革を提唱するなど、今田評価の高い大統領のひとり。日本人は、名前を聞くと、今でも「モニカ・ルインスキー事件」を思い出す方が多いでしょう。政治家としての立派な功績にもかかわらず、彼は、この研修生とのスキャンダルだけでなく、米史上で唯一2度の弾劾裁判を巻き起こした疑惑の多い大統領です。
本作品は、全7話のシリーズで、「ホワイトウォーター事件」、「モニカ・ルインスキー事件」「弾劾裁判」「中間選挙」「新たな性暴力の訴え」など、元大統領にまつわる数々の事件、女性とカネの疑惑を徹底的に検証し、当時ホワイトハウスで何が起こっていたのかに迫ります。当時の写真や映像を使用し、元ホワイトハウス報道官ジョー・ロックハート氏や政治ジャーナリスト、評論家などの証言を元に真実を明らかにしようとする見応えのある作品に仕上がっています。

クリントン・アフェアー ~ホワイトハウスの陰謀~
権力、金、陰謀、セックス。第42代アメリカ合衆国大統領、ビル・クリントンは、数々のスキャンダルや疑惑により1998年、米大統領としては実に130年ぶりに弾劾裁判にかけられる。ホワイトウォーター疑惑、モニカ・ルインスキーとの不倫事件等、当時のホワイトハウスの混乱の一部始終を、貴重な資料映像とともに振り返る。
(日本語字幕、全7話/1話約45分)


エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社とは

 

数々の受賞歴を持つコンテンツを提供するグローバルメディア企業A+E Networks®グループ会社で、TV放映開始から20年以上の歴史がある「HISTORY」 犯罪捜査コンテンツ「C+I(シーアイ)」ブランドを運営し、VOD配信、デジタルリニア配信、クリエーティブサービス事業を行っています。公式サイト https://jp.aenetworks.com/

Crime+Investigation (C+I:通称シーアイ)とは

 

「事件」「犯罪」を一風変わった視点で捉えたドキュメンタリー番組のブランドCrime+Investigationは、C+I(シーアイ)として人気のブランド。治安やテロなどの危険に晒されている欧米地域などで特に若い世代、女性を中心に支持されています。日本では、厳選された配信サービスだけで見ることができるスペシャルな番組が充実しています。
公式サイト:https://jp.aenetworks.com/mediabrands/ci/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社 >
  3. 大統領の女性スキャンダルの真相に迫る!「クリントン・アフェアー ~ホワイトハウスの陰謀~」10月8日(金)よりHulu、Rakuten TV、U-NEXT で配信開始