「tripla AIチャットボット」が「Apotool & Box」と連携開始!

〜AIで歯科医院と患者のコミュニケーションを支援し、歯科業界のDXを推進〜

AI開発と旅行業界向けITソリューションを展開するtripla株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役CEO 高橋 和久、代表取締役CTO 鳥生 格、以下「トリプラ」)が開発・提供する多言語AIサービス「tripla AIチャットボット」は、株式会社ストランザ(本社:東京都港区、代表取締役社長:西島彰一、以下「ストランザ」)が提供する歯科医院専用のクラウド型業務支援システム「Apotool & Box for Dentist」(以下、「アポツール」)と、2021年12月14日よりシステム連携を開始したことをお知らせします。
この連携により、歯科医院のHPやアプリ上で、医院と患者さんが気軽に連絡を取り合える環境を実現し、DXによる歯科業界の環境改善に貢献します。

◼︎背景
技術の進歩によりコミュニケーションツールが多様化していることに加え、コロナ禍を経験したことにより、非接触で「素早く」「簡単に」連絡を取れることが重要視されるようになりました。多くの業界で課題となっている「新規顧客の開拓」と「既存顧客のフォロー」は、歯科業界にとっても同様で、生産性をあげることが急務となっている現在、問い合わせの自動化による24時間365日対応のカスタマーサポートであるチャットボットサービスの需要が増してきています。
歯科医院にとっては事前のコミュニケーションによって、すぐに来院での診察や治療の必要があるか、といった患者さんの状態を即時判断できることも大切です。
一方で、初めての来院を検討している患者さんにとっては、気になった医院情報を的確に素早く入手できることが重要で、歯科医院は最適な医療情報の提供や即応性が期待されています。

◼︎概要
「アポツール」は歯科専用に開発された業務管理システムで、「予約管理」「患者管理」「メッセージ送信」「患者コミュニケーション」の機能を備え、全国1500以上の歯科医院で利用されています。
「tripla AI チャットボット」が「アポツール」と連携することで、ストランザが提供する診察券アプリ「私の歯医者さん」上で、今まではメールで行っていたやりとりにチャットが加わり、患者さんと歯科医院がリアルタイムで気軽に連絡をとりあえる環境ができました。これにより、緊急を要するか等、患者さんの状態をチャット上で即時確認することができるようになります。
また、多言語対応(日本語・英語・韓国語・中国繁素体・中国簡素体)の高性能AIが搭載されている「tripla AI チャットボット」を、歯科医院のHPに設置することで、歯科医院に関する基本情報をAIがリアルタイムで回答し、問い合わせをする人の待たされるストレスや面倒な情報検索を軽減します。また、電話対応やメール等による煩雑な業務が改善され、歯科医院で働く人たちの負担の軽減、業務効率化が期待できます。その結果、患者さんに向き合う業務に時間を多く使うことができ、患者満足度の向上や新規患者数の向上に繋がります。


■アポツールとは  https://apotool.jp/
アポツールは、ストランザが独自に開発した、歯科医院専用のクラウド型システムです。単なる予約管理システムとは異なり、口腔内画像/動画の保管・管理や歯周検査機能、経営指標の見える化を可能にし、歯科医院が必要な機能を全て内包しました。「患者データ=資産」と捉え、日々システムに集まる患者さんの情報を全て医院経営に活かす事を日々、提案し続けています。これまでの予約管理システムにない、まったく新しい「患者管理・経営管理システム」です。

診察券アプリ「私の歯医者さん
アポツールを導入している歯科医院が利用できる、患者向けのモバイルアプリケーションです。アプリ上では予約、予約日時のリマインダ、QRコードによる来院受付、家族の予約や治療履歴の管理、術前・術後の注意事項等の医院からのお知らせなどを確認することができます。また、院内で撮影した口腔内画像の写真をアプリで受診することができたり、自身で撮影した写真や動画を歯科医院側のアポツールに送信することができます。一昨年12月のアップデートにより、キャッシュレス決済機能「ささっとPay」を追加搭載しました。

<主な機能>
・QRコードでの来院受付
・アプリから簡単予約・予約変更
・家族の予約や治療履歴を一括管理
・術前・術後の注意事項などをメッセージ送信
・カメラ機能
・画像・動画送信機能
・キャッシュレス決済機能「ささっとPay」


■tripla AI チャットボット 概要  https://tripla.io/ai-chatbot/
tripla AIチャットボットはホテルを中心とする旅行業界で、宿泊施設の公式ホームページ上でお客様からの問い合わせへの対応と同時に宿泊予約の完了が可能となる多言語AIサービスとして、成長を遂げてきました。AI機械学習の知見を生かしたうえで、今では全ての業種に対して機械学習付きのAIを提供しています。更に、tripla提供のWebhookを活用することでデータベース間連携も可能です。

<特徴>
・自社開発のAIエンジン:お客様に最先端のテクノロジーを活用してサービスを提供できます。AI機械学習は多言語で対応。
・FAQ準備不要:triplaが初期設定に加えて日々のFAQメンテナンス及びAI機械学習業務を提供します。非常に簡単にスタートできます。
・オペレーター対応:AIがお客様からの質問に回答できない時に、オペレーターへ即時転送。オペレーターはtripla CMSからチャット回答。
・多言語対応:標準で5言語に対応 (英語、簡体字中国語、繁体字中国語、日本語、韓国語)。言語の追加も可能。
・データ連携:Webhook機能を備え、企業のあらゆるデータと連携が可能。商品在庫の確認・予約受付・個人認証を行った上でのパーソナライズ情報の提供など。


【株式会社 ストランザ 概要】
所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園1-3-8苔香園ビル 6F
設立:2013年5月15日
資本金:95,000,000円
代表者:代表取締役 西島彰一
URL:http://stransa.co.jp/
事業内容:予約システム・受発注システムの開発、制作、販売、賃貸及び保守管理、受発注業務の代行、情報セキュリティサービス、決済情報処理等


【tripla株式会社 概要】
本社所在地: 東京都中央区新川1-22-13 新川I&Lビル6階
設立: 2015年4月15日
資本金: 6億7,750万円(資本準備金含む)
代表取締役CEO: 高橋 和久
代表取締役CTO: 鳥生 格
URL: https://tripla.io/
事業内容: インターネットサービスの企画運営、旅行業


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トリプラ >
  3. 「tripla AIチャットボット」が「Apotool & Box」と連携開始!