お客さまの安心を支えるサポート窓口に素早くつなぐビジュアルIVRを、東京海上日動火災保険のWebサイトに導入~事故・故障・災害等の連絡窓口を「見える化」~

オムニチャネル/ ビジュアルIVR「VisualMenu」

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中澤雅己、以下KDDIエボルバ)は、東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:広瀬伸一、以下 東京海上日動)のWebサイトに、各種お手続きに必要なメニューを集約、可視化するビジュアルIVR「VisualMenu®」を導入し、2019年12月18日より提供を開始いたしました。
お客さまの万が一に安心を届けるサポートを「見える化」
このたび、ビジュアルIVR「VisualMenu®」を導入することにより、お客さまが使用する各種メニューを「自動車の事故連絡」、「レッカー手配連絡」、「火災、災害、傷害等の事故連絡」に集約して表示させ、各種サポートの「見える化」を図ります。

また、「電話の混雑状況」を表示させることで、お客さまが、「事故」や「レッカー手配」などについてコールセンターへ保険金請求のご連絡を行う際、ご自身の状況やニーズに合わせて、電話、インターネットのいずれかで連絡するかを分かりやすく選択できるようになります。

「VisualMenu」は、東京海上日動のWebサイトトップページから利用いただけます。
https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

*画像はイメージです。実際の画面と異なる場合がございます。また、VisualMenuの混雑状況一覧は状況に応じて非表示になる場合がございます。

KDDIエボルバは、今後も、従来のコールセンターサービスに加え、CX(カスタマーエクスペリエンス)を高めるオムニチャネルソリューションの提案、提供により、企業とお客さまの次世代リレーションシップを実現してまいります。

KDDIエボルバのビジュアルIVR 「VisualMenu」について
お問合せチャネルを集約したプラットフォームのビジュアルIVR「VisualMenu」は、以下の特長があり、自動音声ガイダンスの待ち時間や、サイト内検索に対する不満の解消とともに、セルフサービスによるスピード解決で利便性の向上を実現します。また、コンタクトセンターの入電分散による効率化に貢献します。

サービス:https://www.k-evolva.com/services/omnichannel/visualmenu/
  • スマートフォン用アプリのインストール不要でお客さま利用が可能
  • 企業とお客さまをつなぐお問合せチャネルにスマートフォンから簡単アクセス
  • コンタクトセンターの通話待ち時間表示、コールバック予約機能実装
  • 表示するメニュー、テンプレートの簡単変更・切替で、常に最適なご案内を表示
  • お客さまの利用状況ログ抽出により、導線設計の検証が可能

 ◎商標

  • 「VisualMenu」は、KDDIエボルバの登録商標です(第6161141号)。
  • その他本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。
◎お問合せ先
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KDDIエボルバ >
  3. お客さまの安心を支えるサポート窓口に素早くつなぐビジュアルIVRを、東京海上日動火災保険のWebサイトに導入~事故・故障・災害等の連絡窓口を「見える化」~