サブスクモデルを行うマーケティング担当者8割以上がCookie規制により、実際にCPAに影響ありCookieレスでユーザーデータを取得・活用できるソリューションに約9割が興味

〜実施中の対策、「コンテンツの編集」や「集客方法の強化」が上位に〜

 株式会社Macbee Planet(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:千葉 知裕、以下Macbee Planet)は、サブスクモデルを行うマーケティング担当者110名に対し、マーケターのcookie規制に対する意識調査を実施いたしましたので、お知らせいたします。

調査サマリー



■調査概要
調査概要:マーケターのcookie規制に対する意識調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー」の企画によるインターネット調査
調査期間:2022年8月19日〜同年8月22日
有効回答:サブスクモデルを行うマーケティング担当者110名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはなりません。

≪利用条件≫
1 情報の出典元として「株式会社Macbee Planet」の名前を明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。
URL:https://macbee-planet.com/

■8割以上がCookie規制により、実際にCPAに影響あり
 「Q1.Cookie規制により、実際にCPAに影響はありましたか。」(n=110)と質問したところ、「かなり影響があった」が39.2%、「やや影響があった」が41.8%という回答となりました。


・かなり影響があった:39.2%
・やや影響があった:41.8%
・特に影響はなかった:10.9%
・わからない:8.2%

■72.7%がCookie規制について具体的な対策を実施
 「Q2.Cookie規制について具体的な対策をしていますか。」(n=110)と質問したところ、「既に実施している」が72.7%、「実施していない」が21.8%という回答となりました。


・既に実施している:72.7%
・実施していない:21.8%
・わからない/答えられない:5.5%

■Cookie規制対策について、自社で対応するマーケ担当者は85%
 「Q3.Cookie規制についての対策をどのような手段で実施していますか。」(n=80)と質問したところ、「自社で対応」が85.0%、「広告プラットフォーム側での対応に期待」が15.0%という回答となりました。


・自社で対応:85.0%
・広告プラットフォーム側での対応に期待:15.0%
・その他:0.0%

■一方、Cookie規制の対策を行えていない理由として、半数が「違う業務の優先度が高く着手できていない」と回答
 Q2で「実施していない」と回答した方に、「Q4.現在Cookie規制の対策を行えていない理由を教えてください。(複数回答)」(n=24)と質問したところ、「違う業務の優先度が高く着手できていない」が50.0%、「知識不足で何をしたらいいのかわからない」が33.3%、「Cookie以外のデータを収集するシステム開発ができる人材がいない」が25.0%という回答となりました。


・違う業務の優先度が高く着手できていない:50.0%
・知識不足で何をしたらいいのかわからない:33.3%
・Cookie以外のデータを収集するシステム開発ができる人材がいない:25.0%
・どのくらい影響がでるのか試算ができず、対策にリソースが割けない:25.0%
・効果的な対策がわからない:20.8%
・その他:4.2%
・わからない/答えられない:4.2%

■2024年後半のChromeCookieのサポート廃止について、72.8%が「CPAに悪影響を与える」と想定
 「Q5.Cookie規制について、Chromeでもトラッキング用のサードパーティCookieのサポートを「2024年後半には段階的な廃止を開始する」と発表しています。この結果、CPAにどのような影響が出ると思いますか。」(n=110)と質問したところ、「非常に悪化する思う」が22.8%、「やや悪化する思う」が50.0%という回答となりました。


・非常に悪化する思う:22.8%
・やや悪化する思う:50.0%
・あまり変化すると思わない:14.5%
・全く変化しない:3.6%
・改善すると思う:1.8%
・わからない/答えられない:7.3%

■既に実施しているCookie規制対策、「CVRの向上のためのコンテンツの編集」(53.8%)が最多
 Q2で「既に実施している」と回答した方に、「Q6.既に実施しているCookie規制対策を教えてください。(複数回答)」(n=80)と質問したところ、「CVRの向上のためのコンテンツの編集」が53.8%、「広告以外の集客方法の強化」が46.2%、「ゼロパーティーデータの収集・分析」が46.2%という回答となりました。


・CVRの向上のためのコンテンツの編集:53.8%
・広告以外の集客方法の強化:46.2%
・ゼロパーティーデータの収集・分析:46.2%
・マーケティングファネルに沿った情報発信:36.2%
・Cookie同意ツールの導入:35.0%
・1st Party Cookieの効率的な利用:21.2%
・リピーター獲得の強化:15.0%
・その他:1.2%
・わからない/答えられない:1.2%

■Cookie規制の影響を受け、今後広告の費用対効果に対して、61.9%が「シビアに計測・分析する」と回答
 「Q7.Cookie規制の影響を受け、今後広告の費用対効果に対する捉え方を教えてください。」(n=110)と質問したところ、「かなりシビアに計測・分析する」が14.6%、「ややシビアに計測・分析する」が47.3%という回答となりました。


・かなりシビアに計測・分析する:14.6%
・ややシビアに計測・分析する:47.3%
・変わらない:23.6%
・ややアバウトに計測・分析する:8.2%
・かなりアバウトに計測・分析する:2.7%
・わからない/答えられない:3.6%

■サブスクモデルを行うマーケ担当者の約9割が、自社サービスのLTVの高い顧客を理解
 「Q8.現状、自社サービスのLTVの高い顧客を理解していますか。」(n=110)と質問したところ、「非常に理解している」が38.2%、「やや理解している」が50.9%という回答となりました。


・非常に理解している:38.2%
・やや理解している:50.9%
・理解していない:7.3%
・わからない/答えられない:3.6%

■LTVの高い顧客理解をする上での阻害要因、約半数が「ユーザーインサイトなどのデータ収集」や「ユーザー単位でのデータ管理」ができていないと回答
 「Q9.LTVの高い顧客理解をする上での阻害要因を教えてください。(複数回答)」(n=110)と質問したところ、「ユーザーインサイトなどのデータ収集ができていない」が51.8%、「ユーザー単位でのデータ管理ができていない」が48.2%、「一元管理できるデータプラットフォームを導入していない」が30.9%という回答となりました。


・ユーザーインサイトなどのデータ収集ができていない:51.8%
・ユーザー単位でのデータ管理ができていない:48.2%
・一元管理できるデータプラットフォームを導入していない:30.9%
・集客と購買データの突合ができていない:29.1%
・データ解析ができる人がいない:16.4%
・その他:0.0%
・特にない:4.5%
・わからない/答えられない:0.9%

■「Cookieに依存せず、ユーザーデータを取得・活用できるソリューション」に約9割が興味
 「Q10.Cookieに依存せず、ユーザーデータを取得・活用できるソリューションがあれば興味がありますか。」(n=110)と質問したところ、「非常に興味がある」が36.4%、「やや興味がある」が49.1%という回答となりました。


・非常に興味がある:36.4%
・やや興味がある:49.1%
・あまり興味はない:10.0%
・全く興味はない:0.0%
・わからない/答えられない:4.5%

まとめ
 今回、サブスクモデルを行うマーケティング担当者110名に対し、マーケターのcookie規制に対する意識調査を実施いたしました。

 Cookie規制により、実際にCPAに影響を感じていることから、7割以上がCookie規制について具体的な対策を実施していることが分かりました。また、その多くは自社で対応していることも明らかに。

 なお、Cookie規制について、Chromeでもトラッキング用のサードパーティCookieのサポートを「2024年後半には段階的な廃止を開始する」と発表していますが、この結果に7割以上のマーケ担当者が「CPAに悪影響を与える」と想定していることが分かりました。さらには、Cookie規制の影響を受け、今後広告の費用対効果に対して、61.9%が「シビアに計測・分析する」と回答しました。

 サブスクモデルを行うマーケ担当者にとって、LTVの高い顧客理解をする上での阻害要因を伺うと、約半数が「ユーザーインサイトなどのデータ収集」や「ユーザー単位でのデータ管理」ができていないことを挙げており、「Cookieに依存せず、ユーザーデータを取得・活用できるソリューション」に対しては、約9割が興味を示しました。

 Cookie規制により、サードパーティークッキーの利用ができなくなり、リターゲティング広告の質の低下や間接コンバージョンの計測ができなくなることから、マーケティング担当者としては今後の施策として、LTVの高い顧客理解を進めていく必要性を実感しているようです。そのためにはデータの収集や管理がカギとなり、Cookieの依存から抜け出す必要があります。既にCookie規制に対して動き出すマーケティング担当者は多いですが、まだまだサードパーティークッキー活用の効果を超える施策が見いだしにくいと考えられていることから、Cookieを活用しないソリューションに対しては益々注目が集まりそうです。


株式会社Macbee Planetについて
 当社は、主にインターネットを活用した販売促進、集客、知名度向上を目指す企業に対して、LTV(Life Time Value 顧客生涯価値)を予測し、ROI(投資利益率)の最適化を実現することで、 マーケティングの課題解決を行なっています。

「既成概念にとらわれない発想 × マーケティング」で ビジネスの価値を磨き、企業の成長に貢献することで人々と情報を結び、ワクワクした消費と社会を生み出します。

■会社概要
代表取締役社長:千葉 知裕
設立:2015年8月25日
URL:https://macbee-planet.com/
所在地:渋谷区渋谷3-11-11
事業内容:データを活用したマーケティング分析サービス

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Macbee Planet >
  3. サブスクモデルを行うマーケティング担当者8割以上がCookie規制により、実際にCPAに影響ありCookieレスでユーザーデータを取得・活用できるソリューションに約9割が興味