【ヒルトン東京】日本料理「十二颯」おせち

おせち離れ層やお一人様も意識した、開業来初のテイクアウトおせち

 

 

ヒルトン東京開業来初のテイクアウトおせちヒルトン東京開業来初のテイクアウトおせち

【2021年10月26日】  ヒルトン東京(東京都新宿区 総支配人ロジャー・ブランツマ)2階 日本料理「十二颯」では、開業来初となるおせち料理のテイクアウトを行います。「十二颯」料理長 青柳 源太(あおやぎ げんた)が手掛ける一段重のおせちは、おひとり様から1.5名様でお召し上がるのに丁度良い分量となっており、料金は税込み¥8,000。伝統のお正月料理に加え、グラタンやふぐの唐揚げなど、おせちには珍しいお料理も詰められた約20種類をお楽しみいただけます。おせちは11月1日(月)より事前予約にて限定100個販売いたします。

新年の朝にふさわしい縁起の良い食材を用いた特製おせちは、ふっくら焼き上げる「伊達巻」、「紅白蒲鉾」や「数の子」、上品な甘さで炊き上げる「黒豆」や「栗きんとん」に始まり、お酒のおつまみにもぴったりの「鮭柚庵焼」や「合鴨スモーク」などが彩りよく盛り付けられます。一品一品丁寧に作られるおせち料理は、料理長のこだわりが随所に光ります。子持ち鮎を一度焼き、その後約1週間かけてじっくりと煮付けてご用意する「鮎煮浸し」は、赤酒を使用する事で艶のあるべっ甲色に仕上がり、骨まで柔らかくお召し上がりいただけます。ロブスター半身を用いた「海老グラタン」は、ベシャメルソースに醤油糀を合わせた和風仕立てでご賞味いただける他、一年の福を願い、冷めても美味しくいただける「ふぐの唐揚げ」なども合わせてお楽しみいただけます。

木箱でご用意するおせちは濃紺の風呂敷に包まれ、12月31日と1月1日にホテルにてお引き渡しいたします。昨今のお一人様需要や、おせち離れ層を意識した初の試みで、ホテルの味をご自宅でお得にお楽しみいただけます。

『日本料理「十二颯」おせちテイクアウト』概要
レストラン:    日本料理「十二颯」 (ヒルトン東京2F)
予約期間:               11月1日(月)~12月26日(日) 先着100個の販売となります
お引渡し期間:         12月31日(金)11:00am – 5:00pm / 1月1日(元日)9:00am – 1:00pm
お引渡し場所:         日本料理「十二颯」
料金:                     ¥8,000  ※税金を含む
ご予約:                  ウェブサイト  https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/takeout/junisoh-osechi
メニュー:               祝肴盛り合わせ
                              伊達巻、紅白蒲鉾、海老旨煮、鮭柚庵焼、鮭親子漬、昆布巻、梅花れんこん、 鶏八幡巻、合鴨スモーク、田作り、鮎煮浸し、数の子、栗きんとん、はじかみ、柚子羊羹、 鶏松風、海老グラタン、さつま揚げ、ふぐ唐揚げ、黒豆
                               煮しめ
キャンセルポリシー:    事前決済/要予約、ご予約の7日前24時以降のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。

日本料理「十二颯」料理長 青柳 源太              日本料理「十二颯」料理長 青柳 源太


日本料理「十二颯」料理長 青柳 源太                            
板前の父親の影響で和食料理人の道へ進んだ青柳は、1997年に日本料理店でキャリアをスタート。2003年にヒルトン東京入社後、日本料理「武蔵野」で経験を積み、2012年に副料理長に就任。2014年にリブランドを遂げたTSUNOHAZU内、日本料理「十二颯」のオープン時にはメニュー開発、器や食材の選定などにも関わり中心的な役割を果たしました。2015年に日本料理全国大会 東京都知事賞、2016年、2017年には全国日本料理コンクール大会 会長賞他数々の賞を受賞。2017年4月より日本料理「十二颯」の料理長に就任。

ヒルトン東京について
ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963年6月20日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。1984年9月1日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。8階より38階までが客室となり、スイートを含む全830室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジZATTAを擁するダイニングフロアTSUNOHAZU、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む6つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐600名、立食900名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計21室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細はhiltontokyo.jp をご覧ください。

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界119の国と地域に6,600軒以上(100万室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年以上の歴史で30億人を超えるお客様をお迎えしました。「2020年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2020年世界的業界リーダーにも選出されました。2020年には、新たな衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ(https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/)」を策定し、全世界のホテルで導入しました。また、現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトン、LXRホテルズ&リゾーツの5ブランド・18軒のホテルを展開)。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億1800万人以上を有し、ヒルトンの公式予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、宿泊や体験などに交換できるポイントを獲得することができます。また、無料のヒルトン・オナーズ・アプリから客室の選択、デジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルではデジタル・キーは未導入)をご利用いただけます。最新の情報はこちらをご覧ください。http://newsroom.hilton.com, https://www.facebook.com/hiltonnewsroom, https://twitter.com/hiltonnewsroom, https://www.linkedin.com/company/hilton, https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヒルトン東京 >
  3. 【ヒルトン東京】日本料理「十二颯」おせち