【セミナーレポートを公開】妊活・不妊治療に取り組み始めた各社の思想

多様な価値観/働き方を支えるユーザベースとヤプリの制度とその背景とは

株式会社Hajimari(本社:東京都渋谷区、代表取締役:木村 直人)の運営する「人事倶楽部」は、妊活・不妊治療と仕事の両立を支援する福利厚生サービス「コウノトリBenefit」を運営する株式会社メデタ(本社:東京都中央区、代表取締役:伊藤 慎悟)と共同開催で、企業が取り組む妊活・不妊治療と仕事の両立支援についてのセミナーを開催し、レポートを公開いたしました。

◆セミナー概要
現代社会では、5.5組に1組の夫婦が妊活・不妊治療をしているなかで、その34.7%が仕事との両立ができず退職、転職、雇用形態の変更をしています。
この現状に対し、海外ではFacebook・AppleなどIT企業を中心に、妊活不妊治療への支援がスタンダードになってきているものの、日本国内で取組みをしている企業は少ないのが現実です。

今回は、国内でもいち早く「妊活・不妊治療と仕事の両立支援」を始めた株式会社ユーザベースと株式会社ヤプリの人事トップをお招きし、同二社にも導入されている妊活・不妊治療支援の福利厚生サービス『コウノトリBenefit』を運営するメデタ社も交えてディスカッション形式でセミナーを行いました。

※当日のセミナーアーカイブ動画を無料で配布しております。ご希望の方は、下記URLよりダウンロードいただけます。
https://kounotori-benefit.com/seminar/

◆登壇者紹介
松井 しのぶ|まつい しのぶ
(株式会社ユーザベース 取締役 兼 グループ執行役員 CPO/CAO)

2014年ユーザベースに参画し、人事・総務・法務などをはじめとするコーポレート全般を広く担当。また、IPOやM&Aなどユーザベースにおける各種コーポレートプロジェクトをリード。2018年コーポレート統括執行役員、2019年COO、2020年CPO/CAO、2021年取締役に就任。
 
高橋 寛行|たかはし ひろゆき
(株式会社ヤプリ 人事部長 兼 コーポレートPR室長)

株式会社インテリジェンス(現 パーソルキャリア株式会社)に入社、人材紹介業に従事。2010年より株式会社ミクシィにて人事キャリアをスタート、エンジニア中心の採用に従事。2012年より株式会社コロプラにて人事労務マネージャーとして新卒・中途採用のほか、制度企画・労務等の人事全般を経験。2016年にメルカリに入社し、中途/新卒採用担当を経て、人事制度企画等を担当。2019年から現職。

伊藤 慎悟|いとう しんご
(株式会社メデタ 代表取締役CEO)

大学卒業後、人材ベンチャー企業の創業/拡大に携わるのと並行して、コンサル会社での経営企画業務を推進するなど、人事企画の現場で経験を積む。自分自身が不妊治療の当事者として、働きながらの手術・治療を経験し、この領域の不を解消するため、「人事」と「当事者」の両方の目線でのサービスづくりに取り組む。

◆パネルディスカッション

  • どのような背景があってこの取組みを始めたのか?

- 高橋
ライフイベントによって、「働くこと」を制限してほしくない、会社として可能な限りバックアップしていきたいという思いから、ヤプリでは【Lily制度】を導入しています。妊活・不妊治療支援含めいくつかの福利厚生をパッケージ化することで、従業員の使いやすさも向上し、社内外の認知も取りやすくなりました。

- 松井
ユーザベースでは、『異能は才能』をバリューに掲げています。ライフステージの変化に関わらず社員にパフォーマンスを発揮してほしいという思いから、社会構造上の課題から生じたハードルを乗り越えるための支援 【D&Iコミットメント】を開始しました。
ここには、「コウノトリBenefit」を利用したセミナー実施など、妊活・不妊治療への支援も含まれています。
 

  • 社内の現状はどのように把握したか?

- 松井

センシティブな話題であることもあり、何名かから要望はあったものの、会社にとって本当に必要な制度か判断しにくかったですね。
そこで、匿名参加の条件で「コウノトリBenefit」主催セミナーを開催したところ、70~80名が参加。会社が個人のライフイベントに寄り添ってくれていたのが嬉しいという声が多く寄せられ、制度化を決めました。
 
  • 制度や事前のセミナーについて、「メッセージ」設計はどうしたか?

- 高橋
「ライフイベントで選択肢を制限してほしくない」という会社のスタンスをメッセージとして伝えたいと思っていました。
その中でも、会社が子どもをつくることを推奨する、というメッセージにはならないように気をつけていました。

- 松井
それはうちでも気を遣っているところですね。妊活・不妊治療をする人だけが特別扱いされていると思われないようにも注意しています。
 
  • 導入時の社内外の反応、実際の活用事例は?

- 高橋
制度をパッケージ化したことで社外への認知も広まり、エンジニア向けの技術系メディアに取り上げられたりもしました。

- 松井
社内からの反響は大きく、導入から約4ヶ月で20組以上から相談がきました。パートナーと一緒にセミナーに参加し、早期に妊活の必要性に気づいた方もいらっしゃいます。こういう機会があって本当に良かったという声を多くもらっていますね。

まとめ
セミナーでは、人事担当者や経営者向けに、各企業の実際の取り組みをメインにお話いただきましたが、参加者のみなさんが声を揃えて「最終的にはいち企業の取り組みというだけでなく、社会全体で変わっていきたい」とおっしゃっていたのが印象的でした。

今回のような企業の取り組みは、すべての人がライフイベントに関わらずいきいきと働けるような社会をつくる大きなきっかけになるのではないでしょうか。

会社概要
設立:2015年2月26日
所在地:〒150-0043 渋谷区道玄坂一丁目16番10号 渋谷DTビル6階/9階
代表者名:木村 直人
事業内容:
・ITプロパートナーズ(優秀なIT起業家・フリーランスと成長企業のマッチング支援サービス)
・人事プロパートナーズ(「即戦力人事」と「成長企業」の業務委託マッチングサービス)
・マーケティングプロパートナーズ(マーケティング領域に特化したプロ人材マッチングサービス)
・ファイナンスプロパートナーズ(ハイスキル経理財務人材と成長企業のマッチングサービス)
・intee(スキルアップ型キャリア支援サービス)
・Piece(スタートアップ向けマッチングサイト構築パッケージ)


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Hajimari >
  3. 【セミナーレポートを公開】妊活・不妊治療に取り組み始めた各社の思想