エスパル仙台の一部店舗にて「TABETE」導入 東北のSCで初めてのTABETE活用

仙台ターミナルビル株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:松崎 哲士郎)が運営するエスパル仙台の飲食・食物販、一部店舗にて、2021年3月1日(月)より東北のSCとして初めてフードロスシェアリングアプリ「TABETE」(アプリ提供元:株式会社コークッキング)が導入されます。

 

  • 導入概要
(1)導入日 2021年3月1日(月)
(2)アプリ名 「TABETE」
(3)登録店舗(業種:飲食・食物販店舗)※順次登録店舗を拡大してまいります


(4)お客さまのサービス利用方法


 
(5)店舗運営スキーム

 
  • エスパル仙台について
JR東日本 仙台駅に隣接する商業施設で、レストラン・カフェ、ファッション、生活雑貨など、300店舗以上の多彩なショップが揃っています。

本館B1Fには100店以上のレストラン、惣菜店、おみやげ店等が並び、仙台駅最大級の「食」の集積エリアとなっています。

東館2Fには普段遣いの商品からお土産まで取り揃えた食物販ゾーンがあり、店内飲食や持ち帰り等、生活スタイルに合わせて「食」を楽しむことができます。


*2021年2月24日(水)時点の情報です。今後、変更する場合もございますので、あらかじめご了承ください。
*施設の営業時間等は、エスパルHPにてご確認ください。(https://www.s-pal.jp/

 
  • TABETEについて
フードシェアリングサービス「TABETE(タべテ)」は、まだ美味しく食べられるのに「捨てざるを得ない危機」にある飲食店の食べ物を、ユーザーが「1品」から「美味しく」「お得」に購入することによって「レスキュー」出来る仕組み(プラットフォーム)です。

現在、20〜40代の働く女性を中心とした約35万人のユーザー・飲食店や惣菜店を中心とした約1500店舗にご登録いただき、累計で80,000食以上の食品ロス削減に成功しました。

飲食店や小売店で廃棄の危機にある食事を1品から出品可能で、出品したメニューは即時にTABETEアプリに掲載されて35万人以上のユーザーが閲覧できるようになります。

購入が確定すると通知が届き、その後引取時間になると購入者が店頭に訪れます。購入者が提示するアプリの画面を確認して商品を渡せば「レスキュー」完了です。なお、ユーザーはアプリ上でクレジットカード決済を済ませてから引き取りに行く仕組みのため、店頭での金銭のやり取りは発生しません。

▼TABETE導入後インタビュー
TABETE公式noteのページにて公開中

▼TABETE概要資料・導入事例資料
店舗様・企業様向け専用ページよりダウンロードできます

《会社概要》
社名:株式会社コークッキング
本社所在地:東京都港区南麻布3-3-1 麻布セントラルポイントビル3階
代表者氏名:川越一磨
事業内容:フードロス削減のためのプラットフォーム「TABETE」運営事業、イベント・ワークショップ事業、パターン・ランゲージ制作事業
URL:https://cocooking.co.jp
メールアドレス:contact@cocooking.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)コークッキング/TABETE >
  3. エスパル仙台の一部店舗にて「TABETE」導入 東北のSCで初めてのTABETE活用