「SLANT(スラント)デザイン」を採用し、より握り易く、本体も約15%スリム化[注1]!運転時間を延長[注2]した、パワフルな吸引力が持続するコードレス スティッククリーナー2機種発売

東芝ライフスタイル株式会社は、パワフルな吸引力が99%以上持続する[注3]コードレス スティッククリーナーの新製品として、従来機種[注4]より本体体積を約15%削減しスリム化・軽量化を実現し操作性を高めたことに加え、連続運転時間を30分に向上した「TORNEO V cordless(トルネオVコードレス)」VC-CL1600、VC-CL600の2機種を12月に発売します。


【新製品の概要】

 共働き世帯の増加を背景に、家事の時短・省手間が求められている中、「気づいたときに、すぐに掃除できる」コードレス スティッククリーナーは近年ではさらに軽く、小さく、取り回しがラクな仕様が好まれています。
 そこで当社は、サイクロン部構造の見直しによる軽量化や、従来機種では延長管の上側に配していたモーターとダストカップ部を、延長管に対し斜め下側に配置した「SLANT(スラント)デザイン」の採用により、ハンドルの握りやすさを維持したまま、本体体積を約15%削減しスリム化を実現しました。また、運転制御の見直しにより、クリーナーヘッド使用時の「標準モード」連続運転時間[注5]を30分に向上させました。
 フィルターレスによる99%以上持続する吸引力や、吸ったゴミを1/3に圧縮[注6]することでホコリの舞い上がりを低減する等のこれまで好評な機能はそのままに、片手で更にラクに使えるコードレスクリーナーを開発しました。
 当社は今後も、生活者の方々が「タイセツ」に思う住まいを快適にするクリーナーの提案に努めてまいります。

【新たな特長】

  1. 持ち上げの軽さや取り回しに配慮し、本体サイズを約15%削減 し、スリム化・軽量化を実現
  2. モーターとダストカップ部を延長管に対し斜めに配置した「SLANTデザイン」採用による握りやすいハンドル設計運転制御の見直しにより、
  3. 連続運転時間30分に延長

 ■ リリース全文、 仕様一覧はこちらをご覧ください ▼
https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/about/press/2019/191017.html
https://prtimes.jp/a/?f=d26416-20191017-5577.pdf
https://www.toshiba-lifestyle.co.jp/living/cleaners/vc-cl/

【一般のお客様からの製品に関するお問い合わせ先】
東芝生活家電ご相談センター : フリーダイヤル 0120-1048-76

注1: 従来機種「VC-CL1500」本体の体積2,934,610mm3に対し、新製品は2,475,840mm3であり、約15%の小型化を実現
注2: 従来機種「VC-CL1500」標準モードでのクリーナーヘッド使用時の連続運転時間25分に対し、新製品は標準モードで30分運転。充電池初期、室温20℃の場合。周囲の温度、使用頻度、床面の材質・使用環境など、お使いの環境・条件などによって異なります
注3:  (一社)日本電機工業会「充電式掃除機の自主基準試験方法」による。長期のご使用の際は、排気清浄フィルターのお手入れが必要です。ゴミの種類や条件によって異なります
注4: 当社来機種VC-CL1500・500(2018年8月発売)との比較
注5: 充電池初期、室温20℃の場合。周囲の温度、使用頻度、床面の材質・使用環境など、お使いの環境・条件などによって異なります
注6: 当社試験ゴミ[繊維ゴミ(綿・紙・毛髪等)1/3質量、砂ゴミ2/3質量]による、圧縮前後の試験ゴミの体積を比較(吸込み前約450cm3、吸込み後約150cm3)。当社試験ゴミによるものであり、ゴミの種類や量などによって異なります

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東芝ライフスタイル >
  3. 「SLANT(スラント)デザイン」を採用し、より握り易く、本体も約15%スリム化[注1]!運転時間を延長[注2]した、パワフルな吸引力が持続するコードレス スティッククリーナー2機種発売