Withコロナ時代にオンラインで売れる仕組みをつくるには?『「売り方」のオンラインシフト デジタル起点でリアルでも勝つ!』刊行。印税と売上の一部をコロナ困窮対策事業へ寄付

株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区舟町5、社長:佐々木幹夫)は、書籍『「売り方」のオンラインシフト デジタル起点でリアルでも勝つ!』(玉井 博久/著)を2021年5月17日に発売します。本書は、オフラインからオンラインへ「売り方」をシフトし、売れる仕組みを作るために必要な7つのステップを解説した1冊です。
 
  • 対面からオンラインへ「売り方」をシフトしよう

新型コロナウイルスの世界的な流行により、人々がモノを買う起点が、実店舗からオンラインへと急速に移行しています。移動や外出の制限により対面での接客や販売が難しくなり、今までとは異なるビジネスのやりかたを模索している方も多いのではないでしょうか。

 

『「売り方」のオンラインシフト デジタル起点でリアルでも勝つ!』(翔泳社)『「売り方」のオンラインシフト デジタル起点でリアルでも勝つ!』(翔泳社)

 

 

本書は、コロナ禍で大きく変化した人々の意識や生活様式にあわせ、「ミーニングフル(意味のあるモノ・コト)」「エンゲージメント(お客様との関係性づくり)」「セルフディフェンス(安心・安全)」の3つの要素を押さえつつ、デジタルを起点とした「売り方」へ移行する方法を7つのステップで提案していきます。

 

『「売り方」のオンラインシフト デジタル起点でリアルでも勝つ!』オンラインシフトの7つのステップ『「売り方」のオンラインシフト デジタル起点でリアルでも勝つ!』オンラインシフトの7つのステップ

 
  • オンラインセミナーや著者との1on1ミーティングも開催

本書の刊行を記念して、オンライン対談イベントや著者セミナー、著者との1on1ミーティングなどを開催します。5/19は、インサイトフォース株式会社代表取締役の山口義宏氏とマーケティングとブランディングについての対談を行います。

それ以降も、著者に質問や相談ができるオンライン上の1on1や書籍の内容を解説するセミナー・丸善丸の内本店でのオンラインイベントなど続々開催予定です。詳細は、特設ページをご確認ください。
https://www.shoeisha.co.jp/book/campaign/urikataonline

 
  • 印税と売上の一部をコロナ困窮対策事業へ寄付

本書は、コロナ禍で急なデジタル化に迫られている方々に向けて執筆されました。コロナで影響を受けた日本のビジネスパーソンの方々の回復に少しでも貢献したいという著者の玉井博久氏の意向をうけ、初版の著者印税相当と翔泳社の売り上げの一部をコロナ禍で困っている方々へ寄付させていただきます。(寄付先として、NPO法人 抱樸(ほうぼく)様の「コロナ緊急|家や仕事を失う人をひとりにしないための支援」を予定しています。)
 

 
  • 書籍概要

『「売り方」のオンラインシフト デジタル起点でリアルでも勝つ!』
著者:玉井 博久
発売日:2021年5月17日
定価:1,980円(本体1,800円+税10%)
判型:四六・256ページ
ISBN: 9784798170879
https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798170879

全国の書店、ネット書店などでご購入いただけます
・翔泳社の通販 SEshop: https://www.seshop.com/product/detail/24418
・Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4798170879
 
 
  • 目次(抜粋)
第1章 オンラインシフトした世界の価値観―MESが前提となる時代
・ミーニングフル
・エンゲージメント
・セルフディフェンス

第2章 「売り方」のオンラインシフト
・これからのマーケティングは4Pから7Pへ
・パーパスを見つめなおす
・ポストをする
・ページをデコる
・ピュアに行動する
・パーソナライズする
・パーティシペーションを図る
・パフォーマンスを売る

第3章 「売り方」のオンラインシフトの実践方法とケーススタディ
・「売り方」のオンラインシフトの実践方法
・ケーススタディ1:ヤッホーブルーイング
・ケーススタディ2:スノーピーク
 
 
  • 著者について

玉井博久(たまい・ひろひさ)

著者:玉井博久氏近影著者:玉井博久氏近影


慶應義塾大学卒。広告会社側(リクルート、TUGBOATグループ)のクリエイティブと、広告主側(グリコ)のブランド構築の両方の経験を生かして、デジタルを活用した顧客体験(CX)を手掛けカンヌライオンズなど受賞多数。著書に『宣伝担当者バイブル』(宣伝会議)。2015年より5年連続シリコンバレーに、2018年より3年連続CESに、深圳、イスラエル、また米中のテックジャイアント本社に足を運び最新のデジタルテクノロジーを視察。得られた知見をマーケティング、Eコマース、コンテンツプロデュースに活用。シンガポールにてASEANのECビジネスを2年で10倍以上拡大させる。2012年より日本のポッキーの、2016年より全世界のポッキーの広告を統括。

 
  • イベント概要
 
ニューノーマル時代のマーケティングとブランディングの交差点『「売り方」のオンラインシフト』刊行記念対談


日時:2021年5月19日(水) 20:00~21:30
場所:オンライン(Zoomを利用、ログイン情報は別途ご案内)
スピーカー:
玉井博久:『「売り方」のオンラインシフト』著者
山口義宏:インサイトフォース株式会社 代表取締役

▼お申込みはこちらから
https://www.shoeisha.co.jp/book/campaign/urikataonline
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 翔泳社 >
  3. Withコロナ時代にオンラインで売れる仕組みをつくるには?『「売り方」のオンラインシフト デジタル起点でリアルでも勝つ!』刊行。印税と売上の一部をコロナ困窮対策事業へ寄付