サンクトガーレン、今夏収穫のフレッシュホップ仕込みビール第2弾『SPACE HAZY』10月8日より限定発売。ホップ産地の地元ブルワリー「うちゅうブルーイング」とコラボ

合計9回、あらゆる工程でホップ投入。ホップフレーバーが凝縮したネクターのようなビール

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本 伸久)は夏に山梨県北杜市で収穫した“かいこがね”フレッシュホップで仕込んだビール第2弾『~Fresh Hop IPA~  SPACE HAZY ( SanktGallen × UchuBrewing ) 』(以下 SPACE HAZY/スペースヘイジー)を2020年10月8日(木)より数量限定で発売します。
https://www.sanktgallenbrewery.com/FreshHop/
このビールはホップ産地である山梨県北杜市の「うちゅうブルーイング」とのコラボレーションビールです。
 

SPACE HAZYSPACE HAZY

 

 

ホップはビールの主原料で、主に香りと苦味のもとになります。通常、ビールに使うホップは夏に収穫したものを長期保存できるように乾燥処理したものです。1年中安定した品質のホップを使うために乾燥処理は欠かせません。しかし、その工程において香りの成分が揮発することも避けられません。
でもこのビールには、何の処理もしていない摘みたてホップをそのまま使用しています。
 

摘みたての“かいこがね”ホップ摘みたての“かいこがね”ホップ

 

かいこがねホップは農林水産省に品種登録された国産ホップの第1号です。漢字で書くと“甲斐黄金”、生育段階の一時期に葉が黄金色になることから、この名前がついたと言われています。山梨県北杜市生まれのホップで、フローラルな柑橘の香りが特徴です。昭和初期は北杜市内800軒の農家が栽培していましたが、今ではほんの数軒しか栽培していません。

 

黄金色の“かいこがね”ホップ黄金色の“かいこがね”ホップ

 

そんな中で「義父が発見・改良に関わった“かいこがね”の種を絶やしたくない」と、栽培を続けるホップ農家 浅川定良さんの想いに触発され、サンクトガーレンでは毎年夏に収穫のお手伝いをし、それを使用したビールを製造販売しています。

 

2020年のホップ収穫の様子2020年のホップ収穫の様子


3年前、同じように“かいこがね”ホップの収穫手伝いに来ていた地元北杜市の「うちゅうブルーイング」と意気投合し、このコラボビールの醸造に至りました。
レシピは2社で話し合いを重ねながら作成。2019年はサンクトガーレンの工場で一緒に醸造を行いました。今年は新型コロナウイルス感染症予防のため共同醸造はせず、一緒につくったレシピをもとにサンクトガーレン単独で醸造しました。
 

【左】サンクトガーレン 代表取締役 岩本伸久 【中央】ホップ農家 浅川 定良氏 【右】うちゅうブルーイング 代表 楠瀬 正紘氏。2019年撮影【左】サンクトガーレン 代表取締役 岩本伸久 【中央】ホップ農家 浅川 定良氏 【右】うちゅうブルーイング 代表 楠瀬 正紘氏。2019年撮影

 

SPACE HAZYは通常なら麦汁の煮沸時に集中して投入するホップを、麦汁をつくる段階(マッシュホップ)・麦汁の煮沸・煮沸後のたんぱく質を取り除くワールプール・麦汁を発酵タンクに移動する際・一次発酵終了後・熟成段階と、あらゆる工程で投入しています。その回数は通常の約3倍の9回にも及び、総量は約5倍にもなります。

 

「SPACE HAZY」醸造風景。2019年撮影。「SPACE HAZY」醸造風景。2019年撮影。


凝縮されたホップのフルーティーな風味と、無濾過で仕上げたクリーミーさが相まってネクターのような印象のビールです。
フレッシュホップ仕込み第1弾ビール「FRESH HOP IPA(フレッシュホップアイピーエー)」のドライでキリッとした飲み口とは対照的なため、ぜひ飲み比べを楽しんで下さい。
 

FRESH HOP IPAFRESH HOP IPA

  • 商品概要 

商品名:~ Fresh Hop IPA ~  SPACE HAZY ( SanktGallen × UchuBrewing ) 
~ フレッシュホップアイピーエー ~  スペースヘイジー ( サンクトガーレン × うちゅうブルーイング )
通称:SPACE HAZY
アルコール:7%
ボトル内容量:330ml ※他に業務用の樽をご用意しています
希望小売価格:460円(税別)
販売場所:オンラインショップ、サンクトガーレン取扱い各店。公式サイトに随時掲載。

 
  • うちゅうブルーイングについて
 


http://uchubrewing.com/ 

山梨県北杜市で農家からスタートした醸造所。農視察で訪れたアメリカで出会ったクラフトビールに感銘を受け、2016年にビールの主原料「ホップ」の栽培を開始。このホップを使ってビールをつくりたいと、2017年より重機で整地するところからDIYで工場を造りあげ、2018年に醸造を開始。

アメリカ東海岸に端を発するフルーティーでヘイジーな(濁った)ニューイングランドIPAスタイルを得意とし、一過性のブームと思われたそのスタイルを日本に根付かせたブルワリーの1つです。発売するビールは軒並み数分で売り切れ、その争奪戦は“宇宙戦争”と言われます。
 
  • サンクトガーレンについて
 


https://www.sanktgallenbrewery.com/

日本で地ビールが解禁する以前より、アメリカで小規模ビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、一升瓶ビール、バレンタイン限定チョコビール、高アルコールで長期熟成が出来る麦のワインなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

サンクトガーレンはスイスの地名。
そこにあるサンクトガーレン修道院は世界で初めて醸造免許を取得した場所。
その原点を引く継ぐべく「サンクトガーレン」とブランド名に冠しています。

Twitter: https://twitter.com/SanktGallenSHOP
Facebook: https://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
Instagram:https://www.instagram.com/mikisanktgallen/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サンクトガーレン有限会社 >
  3. サンクトガーレン、今夏収穫のフレッシュホップ仕込みビール第2弾『SPACE HAZY』10月8日より限定発売。ホップ産地の地元ブルワリー「うちゅうブルーイング」とコラボ